自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
「P.P.P 試聴会用スペシャル」 エージング中!
2006年01月11日 (水) | 編集 |
WE 396A 動作中


 前にお伝えしましたが、「試聴会用スペシャルP.P.P」を組み上げました。

 現在、エージングを兼ねて鳴らしこんでいます。

 試聴会にいらした方には、“スペシャル”の内容を先行でご紹介いたします。

 具体的には、「3rd Stage 改造編」の内容を盛り込んでいます。

 実聴してみて、「改造するかどうか?」を確認することもできます。

 また、来ていただく以上何かおもてなしをしようと思い、私は“秘蔵のWE 396A”をおろしました。

 写真を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、「プリントが横向きの最初期の396A同一ロット6本組 デートコード 013(1950年13週)」のものです。

 これはさすがにもったいなくて、使わずにしまいこんでいました。(笑)

 では、「何を使っていたか?」というと、初段の2つしかWE 396Aは使っていませんでした! それもこれとは違うヌキダマを使っていたのです!(爆)

 せっかくみなさんに来ていただくので、現在組み上げた「試聴会用スペシャルP.P.P」をエージングしています。

 インプレ

 こんなに小さくても、ウエスタン・トーンがしてビックリ! 帯域バランスは、101/205系のものではなく、300B系にそっくりである。これにはかなり驚いた。こんな小さなタマが300Bとバランスが似ていて、似た音で鳴るなんて・・・なんか300Bとブランドテストをしてみたい、そんな気さえしている。それくらい似ている。

 現状では、「エージングが完了していないのでどのように変化していくか?」はわからないが・・・

 WE 396Aについて

 396Aのデビューは、1946年である。1984年に生産を終了した。

 最初期から、50年代頃までは、下の写真のように普通のMT管と同様の向きに黄色いプリントがされているが、60年代頃からポピュラーな90°向きを変えた方向にプリントされるようになった。

 ウエスタンの古いモノについての音質

 300Bを例にあげると、

1.最初期のものは、“刻印”といわれるベースに文字が掘られたようになっているモノ
2.40年代のモノ
3.50年代のモノ

 にレア度も高く(そりゃそうだ!)人気がある。

 たしかに、レア度が高いから人気もあるのは事実だが、ホントは「古いウエスタンのタマはしっとりした音質」であることがたまらないからなのだ!当然、時代が新しくなるにつれてしっとり感は減少し、HiFiな傾向になっていく。

 300Bほど多くを聴いていないが、396Aについても同じことが言えると感じた。

 この初期の396Aはしっとりした音質をしている。(それが好みかどうか?ひとそれぞれだけど・・・)

 エージングもさすがに慎重に行った。

 ヒーターエージングだけで、連続48時間(2日間)かけた。(笑)

 1950年製ということは、約60年くらい前のモノである。60年の眠りから覚めて、いきなり働け!じゃ、ちょっとかわいそうすぎるもんね!(笑)

 加筆修正しました。

 WE 396A 40年代

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とうとうWE396Aを
ご無沙汰しています。
とうとう1947年のWE396Aをオークションで2本買ってしましました。
水平プリントで元箱付き新品というもので思わず落札してしまいました。
昨年末からやたらと通販で部品を買っているので奥さんの前では目立たないよう?にしています。
2006/02/20(Mon) 20:55 | URL  | tayushi #pSm8X4cU[ 編集]
おお、横向き印字でしかも同一ロットというのがすごいですね!
2006/01/11(Wed) 23:59 | URL  | Waldstimme(WS) #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック