自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIttle Lucy MINT CANDY 組み立て&TIPS 7
2017年06月08日 (木) | 編集 |
IMG_3279


遅くなりましたが、

今日は音出し第一弾まで展開します!


即、ケーシング、といきたいが、やはり「聴きたい!」

ということで、音出ししましょう!


IMG_3278


簡単です!

まず一発目は、「3結」/「3極管」で音出しがおススメ!

「トリマーを回し、電圧を可変させるだけ!」


現在余ってる部品 ネジ2個(基板固定用)、ワッシャー8個、ソケットピン10個分

 → ワッシャー8個は4個ずつにして、ネジで基板をとめるときの “スペーサー”として使います!


IMG_3268

 じゃあ、ソケットピン10個分は?

 配布数間違いじゃないんです!(爆)


 実は、これ5個ずつに切って、「タマのソケットにしよう!」ってことなんです

IMG_3269

IMG_3266

まず。1番ピンは「赤いペイント」でマーキングされてます!

IMG_3270

下の写真をごらんください!

IMG_3271

本とは、裏面に「ピン接続」のシルクが来てしましましたが、当初は「表面」

シルクで解説を書き込んでいくうちに、「裏面」に移動せざるを得ませんでした!


タマの配線はこのようになります!

では、タマを ”ソケット化” していきます!

IMG_3273

下の写真のように、ある程度余裕を持って

、リード線をカーブさせてはんだづけ

(こうすれば、1回なら途中で切れてもはんだづけできるっ!)
IMG_3274

IMG_3275

IMG_3276.jpg

 現状でも、タマを抜き挿しできますが、

あたりまえだけど何回もやれば

金属疲労で折れてしまいます

(なんせ、このリード線はんだづけ前提のパーツですから、

タフに作られてません・・・)

お気に入りのタマを見つけても

足が根元から折れたら、“打つ手なし、

再使用不可能”になっちゃいます

IMG_3277

そこで、1列5ピンにはんだづけした状態で、

抜き挿しします

これなら、1列5ピンがダメになっても

ソケットピンをリプレイスすれば

再使用可能です!

多少心が痛みますが、

この際ソケットピンにはんだづけしちゃいましょう!

IMG_3276.jpg

これで、抜き挿しするときに

ソケットピンをつかんで取り外しできるので、

安心してはずすことができるようになります!


みなさん、音質はいかがですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。