自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
マニュアル改訂・ケース穴開け用PDF
2017年05月31日 (水) | 編集 |
マニュアル改訂←クリックしてください!
スポンサーサイト
LIttle Lucy MINT CANDY 組み立て&TIPS 2
2017年05月31日 (水) | 編集 |
当初に1608サイズでCADしてましたが、

このサイズ嫌いなので、

計画変更して、すべて2012サイズで再CADしました


はんだ付けしやすくなったと思います!

チップ抵抗は、

すべて1個予備を添付しておきました!


まず、下の写真の抵抗に注目してください!

IMG_3226

68Kと33K

→ これは、「アルカリ電池用の抵抗値」

ダイソーなどの

ニッケル水素充電池の場合は、

定数を変更した方が良い!


チップ抵抗を追加添付してあります!

68k→62k

33k→47k

に変更します!


IMG_3207

チップ抵抗の片側だけ

はんだ付けしていきます!


68k(または、62K)からつけていきました!

→ 私は、ニッケル水素充電池仕様

なので、62Kです!


IMG_3208

がんばって、すべて片側だけつけます!

IMG_3209

コンデンサーの2,200pfだけ、

入手の都合で1608サイズになってしまいました・・・


パッドは、2012にも1608にも

対応するように設計してあります!


ちょっとはんだ付けしづらいかも・・・

IMG_3210

片側だけ全部つけました!

ここまで来れば、終わったも同然です!


IMG_3211

もうチップ抵抗を押さえる必要はない!

残りの片側を

一気につけてしましましょう!


結構疲れますね・・・(苦笑)

裏側のはんだ付け終了です!


LIttle Lucy MINT CANDY info
2017年05月30日 (火) | 編集 |
第一弾で送った方に、トランジスタ2SC2712を3個、足りませんでした・・・

別送いたします!

申し訳ありません!
LIttle Lucy MINT CANDY 組み立て&TIPS 1
2017年05月29日 (月) | 編集 |
まずはじめに、朝、会社で振込確認できた方へ

送付第一弾、完了しました!


それでは、裏話も随所に入れながら

組み立て方を何回かに分けて展開しますね!


今回は、バッテリー・モニターまわりに

「チップ抵抗」・「チップLED(こいつは強敵!)」

・「チップトランジスタ」

をバッチリ使ってます!

となると、「フラックス」は使いましょう!

IMG_3201

こういう風に、塗ってからはんだ付けすると

キレイにつきやすいです!


IMG_3202

どう組み立てても構いませんが、

フラットな部品から組み立てるのがセオリー

IMG_3203

となると、裏面のチップから張っていくのがベスト!

MG_3204

チップトランジスタ、合計6個を最初にはんだ付けします!

IMG_3205

どっち側からがやりやすいか?

それぞれだと思いますので、ここからですね!


チップ抵抗については、

解説がありますので、

まだつけないでくださいね!
LIttle Lucy MINT CANDY
2017年05月29日 (月) | 編集 |
配布セット 袋詰め 完了

IMG_3225

銀行振り込みを確認して発送いたします!

ふ~、キツイ! 

明日以降、組み立て方について展開いたします!

ポタアン アルトイズ MINT CANDY 予約受付終了!
2017年05月26日 (金) | 編集 |
21:00をもちまして、

Little Lucy MINT CANDY

予約受付終了とします!


これから返信します!
ポタアン アルトイズ MINT CANDY締め切りについて
2017年05月24日 (水) | 編集 |
IMG_3200

多くの方からのご連絡をいただき、
大変ありがとうございます!

問い合わせに
いくつかお答えさせて抱きます!


“直熱管プリアンプ”
として考えておられる方が、
多いですね!


→“直熱管プリアンプ”に向けて、
“据え置き用の改造記事”は、
バッチリ展開します!


さて、

申し込み期限
(ずっと行いますか?と聞かれましたので・・・)


遅くとも5月26日(金)、
または、当初配布予定数に達した場合は、
26日以前に終了します!


私の音質評価
(書いてもらいたいとのリクエストに、書かせていただきます)


帯域バランスに優れること、
“音飛び”がすぐれること、
中低域の充実、
というコンセプトは達成しました
(自己評価なので、引き算してくださいね・・・笑)


添付部品
音出しできるまで
全パーツ(ネジ・タマ・OPアンプにいたるまで)

ポタアン アルトイズ MINT CANDY 予約受付
2017年05月21日 (日) | 編集 |
再加筆しました

多くの方から、「いつ受付するのか?」

と問い合わせをいただきました!


ありがとうございます!

「待たせすぎ!」とも言われました・・・(苦笑)

受付を開始します!


やったー

グッドニュース!

・全添付パーツ入手のメドがつきました!

・タマからノブまで一式組めるパーツを添付するぞ!

次回、全添付は…

IMG_3199

添付部品の初回のみの「窓付き缶」・「窓なし缶」

そして、LT1308B,インダクタ

配布条件(よくお読みください!)

・自分で組み立てる数のみ、お申し込みください!
・本基板は実験基板です。技術サポート等は一切行いません。
・基板の動作の完全性(安全性、動作性を含む)は一切保証されません。
・本資料を参考に組み立て(部品調達を含む)が可能な方を対象としています。
・「未組み立て」での転売は禁止とします。組み立て後はかまいません。
・本基板使用にともなう事故等に関して、一切責任は負いません。すべて自己責任です。
・本基板の著作権は放棄していません。 同一アートワークでの販売はお断りします。

申し込まれる方は、ご了解いただけたものと判断いたします!


1セット12,000円+送料レターパックプラス510円

おそらく、2セットは入ると思います!

申し込み方法

1.このブログの左上「プロフィール」の下の「Mail」をクリックして、あなたのメールブラウザーを立ち上げてください

2.以下の項目をコピペして送信してください

  件名 LIttle Lucy MINT CANDY 配布希望

  以下、本文

  1.本名、および、ふりがな
  2.ツイッター名,フェイスブック名(これら使っているなら)
  3.配布希望数
  4.郵便番号
  5.住所
  6.電話番号
  7.何かリクエスト・意見などあれば・・・ 

ポタアン アルトイズ MINT CANDY マニュアル
2017年05月20日 (土) | 編集 |

ポタアン アルトイズ MINT CANDY マニュアル
を創った!


MINT CANDY マニュアル← クリック!

ダウンロードして見てください!
ポタアン アルトイズ MINT CANDY 緊急告知
2017年05月19日 (金) | 編集 |
16079
16080

初回配布限定スペシャルカラー 紫 70um

配布予定価格 パーツ込みで 12,000円+送料

スペシャル添付で、窓なし、窓付き缶

すべて初回のみ! 

次回からは、仕様が変わります!

予約受付日5月21日(日)予定

ポタアン アルトイズ やばいぞ!
2017年05月18日 (木) | 編集 |
配布の問い合わせを、いただいています!

ありがとうございます!

実は、この日曜日に配布告知をする予定だ!

予定してた、PRP 今になってバック・オーダー、
おまけに、3~4週間だと・・・


IMG_3198

急遽、予定変更!

デールの調達に切り替える

IMG_3197

日曜に配布告知できるか?


ポタアン アルトイズ 配布について
2017年05月17日 (水) | 編集 |
現在、配布時に添付するPRPの抵抗の到着待ち!

遅れて困ってる!

これがないことには、告知できない

IMG_3198

ポタアン アルトイズ パーツ選択1
2017年05月15日 (月) | 編集 |
「アルトイズ」という小さなケースでも、
音質に関わるところは大きくなっても信頼できるパーツを使う!

ボリュームは、アルプス1択

IMG_3195

抵抗は、もちろん金属皮膜抵抗しかない!

スペース的に苦しいが、1/4Wを使うぞ!

ムリするのだ!

ここチップ抵抗を使うことは考えられない・・・

音質的に信頼できるのは、デールかPRPの2択!

解像度は、同程度でどちらも帯域バランスに優れるが、「力強い音質が魅力のデール」

IMG_3197

まったく同じくだが、「フラットでクセのないPRP」
どちらが良いか?はみなさんの好みによる
IMG_3198

ここに、カーボン抵抗を使ってはいけない

カーボン抵抗は、周波数特性が劣るので

倍音が濁る

使うことは、お勧めできない!


添付については、入手性がちょっと難しいPRPを提供する予定!!!

現在、到着待ちだ!


デールを入手されて聞き比べてみるのも楽しいと思う!

試作は、デールで行っているが、

PRPが到着したら、同一条件2台組んで

聴き比べしたい!!


これが、今1番の楽しみだ
ポタアン アルトイズ  回路のコンセプト
2017年05月13日 (土) | 編集 |
IMG_3193

IMG_3194

回路のコンセプト

直熱管はフィラメント、傍熱管のヒーターではないので、

「直熱管は、フィラメントの電源を分ける」

こんなことは、私のブログを読んでくださってる方には、

“いちいち書くなよ!そんなあたりまえなこと!”級


スペースがあろうがなかろうが、

独立給電できなければならない


となると、B電源(高圧といっても24V程度)も独立給電

3電源は絶対条件!

これをアルトイズに内蔵するっ!
ポタアン アルトイズ コンセプトは? と質問をいくつかいただきました!
2017年05月11日 (木) | 編集 |
IMG_3187

「創ったコンセプト」を数人からいただきました!

ありがとうございます!

コンセプトがわからなければ買うかどう決められない!

では、お応えさせていただきます

1番は、真空管最後期の超高性能な電池管、を生かしたアンプを創りたかった

電池管は「直熱管」という “魅力的な構造”

ソノリティーに優れた音楽表現

これを、「夢のバッテリードライブで駆動する」

性能的に、なかなかSN比がとれず

真空管の愛好家でも成功しない

“直熱管プリアンプ


として成功するかもしれない!


を実現できる可能性が高いこと!

これが、最大のモチベーションです!

それでいて、うまくいけば

アルトイズ(ALTOIDS)とい

うキッチュなミント缶のケースに収めることができて、

ポータブル・ヘッドホン・アンプとしても使える

アンビバレントなものを

生み出せるかもしれない!


可能性に満ちたものだから・・・


これは、これはやるっきゃないでしょう!
ポタアン イヤホンは何にしましょうか? アルトイズ
2017年05月09日 (火) | 編集 |
音質に多大な影響を与える電池は、

「ダイソー」を基準としました!


IMG_3192

次は、イヤホンだね!

私は、XiaomiのPISTON 2が評判が良かったとき、買えなかった・・・苦笑

そこで、、新しく出たPISTON 4を意味もなく買って使ってる

→ さすがにこれは“標準的”とは言えないね・・・

みなさん、廉価なモノで1番一般的なイヤホンは、何ですか?

よろしければ、教えてください!


ポタアン 仕様? 共通フォーマット? アルトイズ
2017年05月07日 (日) | 編集 |
「音決め」をしていくときに

抵抗・コンデンサー以外にも

音質に大きな影響を与えるパーツ


「電池」

できる限り、

みなさんが入手容易なモノから

選ばないと、、、


IMG_3185

ダイソー 1本100円

IMG_3186

「充電器」も100円だ!

IMG_3184

これで、音質をジャッジする!
ポタアン 仕様決定 アルトイズ
2017年05月05日 (金) | 編集 |
じんそんを始め、

試作者による検討の結果

使用パーツを変更したっ!


IMG_3190

前の写真と比べて違いがわかりますか?

IMG_3191

このトリマーから変更しました!

理由は、

このトリマーのマイナスねじが

“アンテナ”になるから・・・


通常のトリマーなので高級感には欠けるけど、

この変更で、ノイズの原因はなくなった!


試作者みなさんに感謝申しあげるとともに、

完成度が一段とあがったことがうれしい!
ポタアン 最終試作基板ケーシングシタ アルトイズ
2017年05月03日 (水) | 編集 |
ケーシングしました!

サイズぴったり!
左右シンメトリカル・デザイン


IMG_3189

IMG_3187

ケース自体金属がものすごく柔らかい

→ そりゃ、キャンディーの箱なのでコスト優先!


だから、誰でも簡単に穴開けしやすい

= 柔らかすぎて、逆にやりにくい、とも言える


IMG_3188

別角度から・・・

みなさんは、どっちかな?