自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iMac 5K Retina を 買ってみた 6
2015年04月27日 (月) | 編集 |
ついにiMac 5K Retina到着!

想像どおり、想定どおり

中国から・・・

IMG_2255

でかっ!

IMG_2256


IMG_2259

IMG_2261

IMG_2262

IMG_2263

IMG_2265

さ、これから起動前に、メモリ換装・増量するぞっ!(爆)
スポンサーサイト
iMac 5K Retina を 買ってみた 5
2015年04月23日 (木) | 編集 |
IMG_2243

こんな箱に入ってましたっ!

IMG_2244

アルミ製で、iMacに色調をそろえてます!

IMG_2245

スタンドの中に、HDDが内蔵できるっ!


IMG_2246

USBも3.0対応

一番右は、電源供給専用のUSB

→ iPhoneも充電可能です!

IMG_2247

SD,Micro SD,コンパクト・フラッシュなど接続できるっ!


IMG_2248

「おっしゃれで高機能なディスプレイスタンド」

を選び抜いて購入!


だが、高かった!(苦笑)

IMG_2300

Windows 8.1 64bit

IMG_2252

Parallels Desktop 10 for Mac

BLUETOOTH関係の単3電池の充電器は、手持ちがあるが、CTOの際 Apple純正を買ってみた(こういうときじゃないと、Appleの純正なんて買わないもんなぁ・・・笑)

単3の充電池は秋月

iMac 5K Retina を 買ってみた 4
2015年04月19日 (日) | 編集 |
IMG_2253

IMG_2254

いきなりメモリで困った!

現在もネットでは錯綜してる気配があるが、iMac 5K Retina の メモリの電圧は「PC3L(低電圧版)」

正確な情報を手に入れるまでに、時間がかかった・・・


なんせ、メモリの購入当時はまだiMacは到着してないっ!(苦笑)


通常電圧のPC3(1.5V)とPC3Lの(1.35V)とで混乱してるようだ!


おまけに、iMacのメモリは、なんとモバイルの“Windowsノート用”


あらら~、

Appleってこういうことやってるのねっ!(苦笑)


やっとこさ、正確な情報を入手し、メモリを物色


ありました、とりあえずこれが一番上質なメモリと思う


“黒秋刀魚”こと SanMaxの黒基板のメモリ


当然、「ウインドウズのノート用」

ショップでも、「iMacでの動作保証はしておりません!」と言われたが・・・


「SanMaxで “相性問題” は起きない!」と推断!


8GB×2 を 2セット

購入したっ!


IMG_2249


BLUETOOTHのテンキーは、2種類くらいしかないので、こだわらず安かった方を購入

なんせ、まだまだ出費が続くもんで・・・(苦笑)







iMac 5K Retina を 買ってみた 3
2015年04月15日 (水) | 編集 |
Designed by Apple in California/Assembled in China ですから、中国で組み立てられる

到着までに時間がかかる

それまでに追加購入すべきモノ

1.まず、良質なメモリ

「最大搭載 32GB」

最初からついてる8GBのメモリは捨てる(取っておきますけど・・・笑)

2.“マックの作法として

ケーブルを使わない!

オシャレ” (爆) が必要!!!


Bluetooth接続の純正キーボードに

「テンキーがない」ので


「Bluetoothのテンキー」


3.すべてBluetooth駆動のキーボード,テンキー,マウス(今回最初はより高機能なマジック・トラック・パッドにしないで様子をみる)と ”電池バッチリ使う仕様”(苦笑) なので 充電器&充電池

4.オッシャレなディスプレイ・スタンド

5.Windowsも動く状況がないと

不都合が出るだろうから・・


 Windows 8.1 64bit

 Parallels Desktop 10 for Mac


は不可欠

あ~、出費が増えるっ!(苦笑)
iMac 5K Retina を 買ってみた 2
2015年04月11日 (土) | 編集 |
Mac(iMac)を買うとなると・・・

“吊るし”のスペックじゃ「能力不足」

と考える

CTO(Custom To Order)必須

Appleのサイトでチェック・・・

CTOの見積金額をチェック!

ぎゃ~、高いっ!

こんな高いコンピュータ、

買ったことないぞ!(苦笑)


CTOの内容

1.CPUのアップグレード

2.GPUのアップグレード

3.SSD512GB

 → 1TのSSDにしたかったが、あまりにも高価でバカバカしいので却下

※ Apple Time Capsule 3T も同時購入

 → やはり、“純正の無線LANルーター&バックアップを兼ねた外付けHDD” はセットでしょう


でも、最低これくらいのコストをかけないと、Macはサクサク動かないだろうなぁ・・・と勝手に推断(爆)

「ぎえ~」 と思いながら、

CTOした(爆)


iMac 5K Retina を 買ってみた 1
2015年04月07日 (火) | 編集 |
実は、購入時に「ハイレゾ DSD PCオーディオ」の流れを切りたくなかったので、アップを控えていた

DSD関係も一段落したのでここで、ご紹介

さて・・・

iPHONEも 「良いモノとは間違っても思わないが、マジョリティーに迎合して」5から使い始め、5,5s,6と3台使ってる

3台使っても。Apple,iPhone,IOSのクセは好きになれない(苦笑)

AppleのMcintosh(Mac)は インテル・マック以前のイメージが強く(爆) どうしても好きになれない

また、“Appleに抱え込まれ、すべての情報をAppleに垂れ流して、課金させられ、丸抱えで管理していただく” というスタイルは個人的に、許しがたいものがある

だが、AppleはWindowsに負け、市場シェアはここのところ巻き返しているが、数値で知ってる限りでは、96:4(94:6だったけ?)という、“絶対にひっくり返らない”ところまで勝負がついてる

古くは、Macが6割なんていう時代もあったんだけどね・・・

この当時から、Macのクセがキライで「一生使わないだろうなぁ・・・」と思ってた


そして、年月は流れ、AppleはRiscと縁を切りインテルと組み、インテル・マックとして体制が変わった


基本的に“メモリ量依存”、“変なクセ”に変わりはないハズだが、インテルのCPUになったおかげで、Windowsとパーツが、“基本的に”共通のフォーマットになったことで、“クソ高い”パーツを買わずにすむようになったわけだ

シェアで勝負がついて、1つだけすばらしいことがある


96:4(94:6) どちらでも良いが、ここまで差がついてしまったことで、Macはインターネットでのウイルスが極端に少ない(ない とすら言われる)

「Macにウイルス対策なんて不要!」

と言う人もいる


ま、そうだね、

残りの4%だか、6%の人相手に

ウイルス作っても “面白くないよね!”


う~ん、ならば逆手にとって・・・

「インターネットするならMacの方が安全」

ともいえる


かれこれiPhoneも3台使ってるし、iMacは5K、Retinaと今回はかなり進化

インテルのマップからすると、Haswell Refresh なので、“買いじゃない” やはり、“skylakeまで引っ張るのが正解”だろう

だが、この “待ち” を やってるといつまで経ってもPCは買えないんだよね!(苦笑)


そう考え、ここで iMac 5K Retinaを買ってみようと思った

また、「iPhone (6)の “母艦” としての機能」っていうのも、「どの程度できる?」という興味もある

だが、 おっしゃれな “Macでハイレゾ” なんていう興味はない!(爆)
LED電球・・・
2015年04月03日 (金) | 編集 |
IMG_2421

リビングの蛍光灯が切れた

LED電球に換えようと思ったが・・・


最近読んだ記事

青色LEDの波長はハエの発生を抑制する(青色LEDをあてると卵が孵らない)

つまり、有害ってこと

実際は、青色の波長を微妙に調整すれば 「かなり軽減できる」と書かれていた

軽減できる → ゼロではない

そうだよな~、なんせ、パソコン用に「ブルーライトカットのレンズ」すらある現在

白色LEDは青色LEDに着色料を塗って“白い色の付いた光”を出してるに過ぎない代物

「何も部屋の照明で、わざわざ青色のLEDから光をもらう必要もないか・・・」

そう考えて、電球じゃなくて、蛍光灯電球をわざわざ買ってきた

LEDより消費電力はあるけどね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。