自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 7
2014年05月30日 (金) | 編集 |
教えていただいたとおりに取り付け始める!

IMG_1775

さて、まず削らず馬力で締め上げる

ダメ! 絶対ムリ! 

止まらない!

締め上げたら間違いなくカメラの配線を切断・断線させる!

クリアランスがとれない!

そこでご教授いただいたとおりに、外からは全く見えないところをちょっとだけ、半円状に配線材がギリギリ通る程度に削る

IMG_1776

IMG_1778

IMG_1779

IMG_1780

IMG_1781


カット&トライできつめに、うまくいけそうな程度だけ ちょっと削る!


錆止めに、面倒なので100均のマニキュアを塗っておく(笑)


乾いたら、ナンバー灯の透明なプラスティックのボディをギリギリきつめに通る程度のクリアランスになるように削る


→ 広いと水が浸入しちゃいます


きつめきつめに仕上げてるので微妙に“浮きがある”が、なじんできたら再度締め上げて“バッチリのクリアランス”に締め上げるとして、進める!


スポンサーサイト
W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 6
2014年05月26日 (月) | 編集 |
話を戻して・・・

トランク・フードの内張をハズす!

トランク・フードの内張

IMG_0672

IMG_0673

1.三角版をハズします(これは、誰でも簡単にハズせます!)

IMG_0671

こういうように、ツメで止まってるだけなのでバキッとハズしていきましょう!

IMG_0674

IMG_0675

2.内張

 どこにクリップが付いてて、どっちのベクトルに引っ張るとはずれるのか?気持ちがわからずに悩むのはいつものこと!(苦笑)

 一番根元の2個は経年劣化・固着しててハズすとき、折れました(苦笑)


上の写真を参照にハズすときはクリップの位置をチェックして、ハズしましょう!


IMG_0676

ナンバー灯などの配線は、左側のトランク・フードのヒンジ(アーム)の中を通して、左後部座席の左肩あたりのところから車内へ引き込んでいます

この流れを押さえましょう!


IMG_1972


このアームの中を通すとき、車内へ引き込むときに「針金」が大活躍します!



W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 5
2014年05月22日 (木) | 編集 |
IMG_0665

まず、バックカメラの取り付けを行う前には、

1.バックカメラの配線を車内に這わせるので、いったん4ピンの端子をバラして通しやすくする

IMG_0670

→ 写真を撮って、元に戻すときに間違えないようにしましょう!(笑)

2.トランクフードの内張をハズす

そして!重要工具(笑)

配線はトランクから車内へ、そしてフロント・ダッシュボードのセンターコンソールまで引くことになる

こういった各々を通すときに「針金」が大活躍、重要な役割を果たしてくれるので、「針金」は必須

→ ダイソーとかのモノで充分です!
IMG_1972

脱線するけど・・・

車の応急修理にも大活躍“ツール”なので、これを機会に車に装備しましょう!

IMG_1973

それとガムテープもね!

W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 4
2014年05月18日 (日) | 編集 |
IMG_1773

写真と共に解説するが、ナンバー灯のところから引き込むのは一緒だが・・・

1.バックカメラの配線材を通して、まず馬力で締め上げてうまくピッタリはまるか?(うまくいけばこれがベストとのこと!)

 → イケるならこれでいく!

IMG_1778


IMG_1776


IMG_1775


IMG_1774

2.ダメなら、外から全く見えない部分(写真参照)をちょっとだけ削る

 → これなら確実にイケるハズだ!

非常に納得がいく方法だ!

おおがかかりだったり、ぶちゃいくじゃない、非常にスマートだ!

ようし、このやり方で進めるぞ!

まったくさりげなく、削った跡も見えず、うまく取り付けられるっ!


W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 3
2014年05月14日 (水) | 編集 |
「なぜ、プロの取り付けがスゴイのがわかるか?」というと、実はW210 社外品のパイオニア カロッツェリアのカーナビがついてる

これにバックカメラが着いてるのだ!

改めて見ると、やはり取り付け業者の取り付け方はプロだ!(あたりまえってか・・・爆)

うまい!

W210のワゴンでも社外のカロッツェリアのサイバーナビを非常に美しい取り付け、仕上がり!

やはり、つけるならこういうようにスマートに着けたい!

「うまい取り付け方があるだろう?」と考えてみるも、素人じゃ解決策が見つからない!(苦笑)

これで、かなり時間が経過した

先日、取り付け業者の方に話を伺う機会があって、チャンスとばかりに訊いてみた


やっぱ業者はすばらしい!

うまい取り付け方を教えていただくことができた!(やったね!)


よっしゃ、忘れないうちにやるぞ!



W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 2
2014年05月10日 (土) | 編集 |
さて、2014現在、大きく分けてバックカメラは2種類に分かれる

1.演算機能がついて上空から見たように映してくれるタイプ

2.いわゆるフツ~のタイプ

当然、演算機能の付いたタイプは、ポータブルのオンダッシュナビが買えるくらい高価!

本末転倒でしょう!(苦笑)

それに、W124はオーディオ用に1DINしかスペースがないので、社外の豪華なカーナビ(2DIN)は通常取り付け不可能!

基本的に、オンダッシュのポータブルタイプしか選択肢はない!

脱線するが・・・

ドイツ本国仕様でタクシー用のコンソールパネルに2DIN仕様のコンソールが存在するが、これを付けると灰皿のスペースはなくなる=シガライターソケットが付かなくなるので、これはこれでACC(アクセサリー電源が取りにくくなる)

話を戻して・・・


こういった理由で、パイオニアのポータブルのオンダッシュナビを使うしかない!

このオンダッシュナビに匹敵する演算機能付きのバックカメラは、ちょっと本末転倒だなぁ・・・と思って、通常のタイプを買った
nd_bc6
同じパイオニア・カロッツェリアのND-BC6を購入!

そして、取り付け方をネットで検索

数例見つかったが、「・・・」な取り付け方

個人的にイヤ!

着けるなら、プロのように着けなきゃっ!

ここで、うまい取り付け方がわからず時間がかなり経過した


W124 AMG 300CE 3.4-4V バックカメラ装着 1
2014年05月06日 (火) | 編集 |
nd_bc6

これは、構想から取り付けまでかな~り時間がかかってる。(苦笑)

構想中の時間が永かった!(苦笑)

バックカメラはまったく着ける気はなかったが、必要性を実感する事態が多発・・・


いつもW210のステーションワゴンに乗ってる

= セダンと比べて16cm以上、全長が長い

車幅もかなりある

そして、購入時にヤナセの方に「ドアを開けて後ろを見たり、後ろを振り向いてバックはしないようにしましょう!」

ジェントルでスマートに!

と言われた(苦笑)


う~ん、これまでパジェロでドア開けてバックしてたんですね~

そんな私、長い後部と広い車幅、後ろを振り向かずにルームミラーとドアミラーだけでバックできるよう、自分を躾けた

かなり大変だった!(苦笑)

だが、W124はワゴンじゃない、バックするとき見たいところが見える!


それに、W124はW210と比べて短い上に、クーペはセダン比べてさらに全長が8cm以上短い!


W210と比べるとW124は見切りが良いうえに、W210のワゴンと比べてトータル30cm以上全長が短い


見切りの良さと、この30cm以上の短さ、がイケナイ!

しっかり頭にインプットされ、テキトーにバックして あわや・・・を何回もしでかした(苦笑)

こりゃマズイ! いつか絶対やっちゃうぞっ!

後ろを振り向いたり、ドアを開けて見たりしちゃいけない(苦笑)


こういった理由でクーペでもバックカメラを着けないとヤバイ!(爆)




オーディオ 画期的な変化が、試行錯誤なう!
2014年05月01日 (木) | 編集 |
みなさんから、「車ばかりいじってないで、オーディオを展開しろっ!」

という声が聞こえてきそうですが・・・

やってます!

自分的に画期的な変化があり、現在試行錯誤中・・・

まとまり次第バッチリ展開させていただきます!

こうご期待!


いつも見てくださいまして、ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。