自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Little Lucy “V12 the Ultimate” 21 番外編用のパーツ
2013年01月31日 (木) | 編集 |
IMG_0928

この2機めの組み立てと同時に、番外編も同時に創ってた

Fender Champ(フェンダー・チャンプ)用のトランスは、イージーにギャレットから購入しようとしたら、在庫1個・・・

あらら~、ダメじゃん!

仕方なしに、久しぶりにアメリカのギターアンプのサイトをチェック!

Champ用のOPTを探す!

Champ用のOPTはこのV12には好適だが大きすぎてHAMMOND1590Bに載らない!

なので、これを番外編としてHAMMOND1590BBという奥行きのあるケースに載せる

以下のリンクをクリックすると別窓で開きます!

Triode,USA

最初気づかなかったが、“HOLIZONTAL 2 3/8 MC (TF103ULH)”のプルダウン・メニューをクリック!

えっ、


“VERTICAL 2 IN. MC(TF103ULV)”


なんで、縦型のChamp用のトランスがあるんだ?

ノン・オリジナルの縦型、わざわざ、型を起こすほど需要があるとは思えないが・・・

いずれにせよ、通常の形状のChamp用トランス(Horizontal)は2個買わないとならないので、縦型のVerticalも4個同時に購入!

1週間かからずに到着!

IMG_0935

あけてビックリ! ホントに縦型!

リバーブドライバーと大きさの比較

IMG_0924

トランスの取り付け穴の距離が2インチ(約51mm)なので、微妙にはみ出るが、HAMMOND1590Bにも載せる気になれば載せられそうだ!

IMG_0925

このVerticalはうれしい!

でも、120ドルの買い物に、60ドルの送料・・・(苦笑)



スポンサーサイト
Little Lucy “V12 the Ultimate” 20 創り方 8 設定変更いたします!
2013年01月29日 (火) | 編集 |
12/30から連続24H、ヒーターエージング

12/31~1/7まで、連続200Hを超える エージング!

それも、ず~っとエージングCDをガンガンに鳴らしこんだのに・・・

連続200Hもエージングすれば通常大丈夫なんだけど・・・


ここ数日でビックリするくらい重心が下がってきた

IMG_0921

カソード抵抗を150Ω→200Ω or 220Ωに設定変更させてください・・・

小口径のスピーカーなら100ufでも充分ですが、大きなスピーカーをお使いの方は、47ufの方がイイかも・・・

Little Lucy the lotusのときは、ここまでエージングに時間かからなかったが・・・(苦笑)





Little Lucy “V12 the Ultimate” 19 創り方 7 穴の大きさ
2013年01月27日 (日) | 編集 |
6021W用の穴の大きさについて質問をいただきました

私は、11Φ

12Φでも もちろん良いですが、間隔がさらに狭くなるため、微妙にズレると目立ってしまうと思った


→ 私の場合、右側が微妙にズレてるのがおわかりになると思います(苦笑)

→ これが12Φだったら、ギリギリになってたかも・・・(失笑)

IMG_0692

ポンチを打った後

IMG_0757

基板を組み込むとこんな感じ!

IMG_0755

基板を切り詰めているものの、かなりタイト!

※ ピンクで囲ったトリマーは “あえて間違えて逆に付けて、トリマーのケースアースが逆転してもきちんと動作するか?” を確認するためにやってます

→ この向きは逆です、付けるときは間違えないでね!(笑)

脱線しますが、この向きでもきちんと動作します(良くないが・・・)






Little Lucy “V12 the Ultimate” 18 創り方 6 穴開けの後
2013年01月25日 (金) | 編集 |
IMG_0699

IMG_0700

IMG_0717

IMG_0718

IMG_0719

IMG_0721

IMG_0702


IMG_0729

Little Lucy “V12 the Ultimate” 17 創り方 5 ケースのデザイン・穴開けの注意点
2013年01月22日 (火) | 編集 |
IMG_0689

ケーシングを考えてパーツを選んだり・・・

私は、フロントパネルのスイッチ,ボリュームより、バックパネルに付くACアダプタージャック,RCA端子,スピーカー端子の大きさが気になって、1mm位フロントパネルよりにしてみた

IMG_0690

そして、自分で基板をデザインしてボリュームの切り込みまで入れたのに、“これに逆らって”トランスの取り付けネジのラインにボリュームを付ける、をやってみた

縦の線が、トランスを止めるネジの位置を示してる

IMG_0691

バックパネルは、すべて8Φの穴でそろってた

気をつけて欲しいところがあるっ!

IMG_0908


ピンクで囲ったとこっ!

この4角のネジが止まるところを避けてパーツを取り付けないとねっ!


IMG_0909

アンダーパネルには、このように“のりしろ”があるのでこれも避けないとねっ!








Little Lucy “V12 the Ultimate” 17 創り方 4 トランス・ケースをゲットしよう!
2013年01月20日 (日) | 編集 |
IMG_0907

グッド・ニュース!

桜屋さんで USAのFender Reverb Driverが入荷します! @2,500円

URL → 桜屋のアドレス(ここをクリック 別窓で開きます!)

店主の山田さんに℡してもOK!とのこと 03-3255-6428

実は、今回入手が難しく一緒に配布できず、心残りでした!

そして、HAMMOND1590Bのケースの塗装をどうするか? かな~り考えてた・・・

トランスルーセント(クリアカラー,シースルー)で“何かおしゃれなモノ(ラメを入れるとか・・・)”にするには、自力で塗装するしかないか・・・

そこで、たまたまアキバに別のパーツを買いに行ったときに見た桜屋さんのHAMMOND1590Bの塗装ケース

「一点物特注ケース」の当時試作品があった


URL → 一点物特注ケース(ここをクリック 別窓で開きます!)

イケる! 

トランスルーセントで磨きによる模様がステキ! カラーもかわいく、塗膜も厚く仕上げも良い!

うん、これっきゃない!


IMG_0693

IMG_0692

そこで、いくつか色をオーダーした

IMG_0898

IMG_0899

IMG_0900

IMG_0901

「最高の仕上がり」は、ピンクからオレンジへのグラデーションバージョン

IMG_0902

IMG_0903

“ハワイのサンセット”って感じが素晴らしい!


これらすべて、オーダー可能です!

→ 一応、念のため断っておきますが、こういう記事を書いたからと言って桜屋さんからは一銭ももらってないことを宣言しておきます!(爆)

その他、“番外編用に”ブルーのバージョンもオーダーした!

品番もHAMMOND1590BBとなり、奥行きが若干長いバージョン!

IMG_0905

IMG_0906

あまりショップの宣伝をすることは好きじゃないがオススメできる!

問い合わせてみては、いかがだろうか?

これ以外にも「パープルからブルーのグラデーション」の“ミッドナイト・バージョン”もあって、これもステキな仕上がりの逸品だ!(写真省略)


そろそろ、ケーシングを考えてパーツの配置を考え始めないと組み込みが大変になるぞ~!(笑)

なお、これらの“特注仕様”は桜屋さんですべて受け付けてくれます!

気軽に問い合わせてみよう!




Little Lucy “V12 the Ultimate” 16 創り方 3 各パーツの向き
2013年01月17日 (木) | 編集 |
前述した、FETと8ピンソケット&MAX 1771 EPA+ハンダづけする前にクリアランスを確認してから付けましょう!

FETをソケット側にくっつけすぎると、今度はMAX 1771 EPA+がはまらない!“トホホ状態”にならないように!

IMG_0887


端子台はこの向きが使いやすいでしょう!(使わなくても創れますが・・・)

IMG_0882

IMG_0883

トランジスタはこの向きに付けます!

IMG_0889

トリマーの向きはこうです!

IMG_0890

スイッチング電源で動作させるとき(推奨)


IMG_0884

スイッチング電源+リップルフィルター回路を通して動作させるとき

→ 音質がマイルドになるためあまりオススメしませんが・・・

IMG_0885

MIYAMAのスイッチ

IMG_0886

これくらいで大丈夫かな?

あと参考になるのが、前回のLittle Lucy ”the lotus”の記事!


左側のカテゴリー欄にあるのでご覧ください!


全部で44個あります!









Little Lucy “V12 the Ultimate” 15 創り方 2 基板の解説
2013年01月15日 (火) | 編集 |
3連休なので、第1弾のハンダづけを先行アップしましたが、基板の解説をいたします!

おそらく、48個のピンのハンダづけだけでもキツかったと思います!

ここで、ひと休みしましょう!


写真はダブルクリックすると、別窓で大きな写真になります!

IMG_0881

おそらく現物を手にされた方はあまりのこまかさにビックリしたと思います!(これが、Little Busterで苦しんだ"“成果”です)

それでは、説明します!

IMG_0881(何かのアース)


この2つピンクで囲んだホールは通常配線では、使いません

→ これら3つのホールは「アースライン(グランド)」です

→ 何かアースに落としたいときのために、“空いているスペース”付けておきました


IMG_0881(シルクのガイドライン)

これらのピンクで囲んだシルクはすべて、ガイドラインです

→ HAMMOND1590Bなどシャーシに穴開けするときに役立つように入れておきました

IMG_0881(フリースペース)

ここは、まったく配線ありません、ご自由にお使いください!「Free Space」です!

エクストラに回路を増設したい人、LEDをさらに追加したい人などを想定してホールだけ付けておきました!

さあ、何人がここを使ってチャレンジするかな?(笑)

IMG_0881(調整用の穴)

このピンクで囲った部分は、フィルムコン,ケミコンの“大きさに合わせてハンダづけできるよう”ホールの数を増やしています!

IMG_0881(位置決め)

このピンクで囲った部分 「これがスイッチング電源部」です

いきなり、ハンダづけを始めないで

各パーツを載せてチェックしてください!

矢印のように、

左上の方に寄せて

きっちりハンダづけしましょう!


FETをあまり深く入れてしまうとMAX1771 EPA+が挿さらなくなります

→ これもチェックしておきましょう!

「テキトーにつけていくと、一番下のトリマーが『この写真で言うと』、下側にひん曲がって付けざるを得ない!!」“トホホ状態”になりかねません

→ そうなると、ケーシングのときにスピーカー端子などにあたって組み込めないことも出てきます!

HAMMOND1590Bに組み込むことを考えパーツをハンダづけすることが大事ですね!

次回、組み立て時の注意事項をお伝えします!


もうちょっと、待っててくださいね!




Little Lucy “V12 the Ultimate” 15 創り方 1
2013年01月13日 (日) | 編集 |
一番下に加筆しました!

ご覧くださいね!

この基板、創り方で気をつけて欲しいことがあります!

→ たいしたことじゃないんですけど・・・(笑)

この真空管のソケットになるピンとチップ抵抗

IMG_0859

これを1番最初にハンダづけします!

シルクと逆の面になります

IMG_0861

まずピン


このようにハンダづけします!


→ この指先をご覧ください!

IMG_0863

下の写真をご覧ください!

当然こっちの面からハンダづけします!


→ 焦点がピンに合ってるので「目打ち」がピンぼけですが・・・


IMG_0865

間違えないように気をつけてくださいね!

☆ ピンを

できるかぎり垂直にハンダづけできるように、

“ギリギリで穴をすり抜ける”大きさ に設計してます!


写真のように、

テーブルとかの平面に押しつけながら

垂直にハンダづけしましょう!


IMG_0866

また、フラックスを使って、

ピンとピンが“ブリッジしないように”

ハンダづけしましょう!


終えるとこのようになります!


IMG_0736

キレイに付けたつもりが・・・けっこう曲がって付いちゃったのもあるなぁ・・・(苦笑)


IMG_0741

IMG_0742

このようにピンとチップ抵抗をつけてくださいね!


まず最初、

これだけやってしまいましょう!



加筆部分

3連休なので、創りたい方もおられると思って、この記事を先にアップしましたが、ちょっとだけ先に基板の解説をしたいと思います!

ここから先は、急がずに「パーツ集め」をして待っててくださいね!







Little Lucy “V12 the Ultimate” 14 第1弾送付&到着 MAX 1771 EPA+
2013年01月09日 (水) | 編集 |
本日入金を確認できた方の分は、たった今、本局に送り出しに行ってきました!!

速く振り込んでくださった方には、速くお届けしたいので・・・


IMG_0857

IMG_0858

今回追加発注分は、コストが高くつくがDigi-Keyから取りました!

即時出荷可能な在庫分を買い占めちゃった!(苦笑)

それにしても、速く着いて良かった!




Little Lucy “V12 the Ultimate” 13 全員に返信メール!
2013年01月08日 (火) | 編集 |
全員に返信メールを送りました!

添付ファイルがなかったり、

もし届いていなければ、

ご連絡ください!




Little Lucy “V12 the Ultimate” 12 基板配布受け付け終了
2013年01月08日 (火) | 編集 |
それでは、Little Lucy “V12 the Ultimate” 12 基板配布受け付け終了させていただきます!

想定以上のお申し込みをいただき、ありがとうございます!


MAX1771 EPA+を追加発注しました!(ある程度はすでに確保してあったのですが・・・)

これから全員に返信することは深夜でツライので、明日返信させていただきます!


これから創り方を展開します!




Little Lucy “V12 the Ultimate” 11 新年のご挨拶&基板配布受け付け開始
2013年01月01日 (火) | 編集 |
新年あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い申しあげます!

続けていきたいと思いますが・・・

みなさん、ご声援よろしくお願い申しあげます!

それでは、お知らせしたとおり

「“Little Lucy V12

the Ultimate”

実験基板の配布受付」


いたします!

例によって、海外からの問い合わせが多い!(笑)

IMG_0731


IMG_0732


まずはじめに、「実験基板」とする理由

・どんな人でも100%完成すると保証できないから

・これによって生じる いかなるケガ・事故に責任持てないから


配布条件

・未組み立ての基板の転売を禁止します(完成後はOKです!)

・自力で完成させる

・ノー・クレーム,ノー・リターン,ノー・サポート


申し込みいただいた時点で「了解した」とさせていただきます!

→ 疑問点などはメールで送ってください、みなさんにお伝えする方が良いことならば、ブログで発表します!(あまりに初歩的なことには応えません)

これから、創り方はブログで展開しますが・・・



配布受付期間:この記事アップから2013/01/07 23:59:59まで

配布価格:12,000円+500円(レターパック500)=12,500円

→ 2セット以上申し込まれる方は、500円のレターパック代1つでOKです!

配布内容(さらに追加しました)

1.基板 1枚(箔厚 140umm),金フラッシュ

2.0.05Ωのチップコン 抵抗 1個

3.MAX1771 EPA 1個

4.8ピンDIP ソケット 1個

5.真空管のソケットピンになるモノ(ソケットピン) 50個(必要数は48個 2個は予備)

6 5mmのプラスチック・スペーサー 4個(HAMMOND1590Bにつけるときに便利)


7.2.2ufのフィルムコン 2個(スイッチング電源昇圧回路に使用する)

以下、追加部品

8.FET IRFS644G 1個(スイッチング電源に使用する)

9.ダイオード DINL20 1個(スイッチング電源に使用する)

10.2SD1409A 1個(リップルフィルター回路に使用する)

11.47uhのインダクター 1個(スイッチング昇圧回路に使用する)


→ 100uhの予定だったが、47uhの方がより低圧に調整しやすいので仕様変更します!

12.ピンヘッダー 5個(スイッチング電源,リップルフィルター回路の切り替えに使用する)

13.ジャンパーピン 2個(スイッチング電源,リップルフィルター回路の切り替えに使用する)

14.ピンソケット 1L6P(LEDブリーダー用)

15.5Kトリマー(バーンズ製 スイッチング電源に使用する)

16.0.1ufのセラコン (ACアダプターの入力部分につけてノイズを取る)

17.端子台2P 2個(別に使わなくても作れますが・・・)

18.基板パターンの裏焼きのpdf (HAMMOND1590B等のシャーシの穴開けに便利!)

19.部品表

20.25mmDCファン 1個



申込先:メールでお願いいたします!

→ このブログの左上部分の「mail」をクリックするとあなたのメールブラウザーが立ち上がります

・私のメールがGmailなためyahoo mailは迷惑メールに振り分けられることが多いので、yahoo mailは不可とします!

・その他の信頼できないフリアドは不可とします!


以下をコピーペーストで使用してくださいね!



件名:“Little Lucy V12 the Ultimate”実験基板配布申し込み

配布希望数: 個

氏名:本名でお願いします!

ハンドルネーム:ハンドルネームのみの方は不可とします!

郵便番号:

住所:

電話番号:

リクエスト:何かあればどうぞ遠慮なくお書きください!


すでにメールをいただいた方も

お手数ですが、

もう1度お願いいたします!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。