自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーザー車検のコツ!
2012年10月27日 (土) | 編集 |
AIMG_0513aa.JPG

AIMG_0514.JPG

AIMG_0515.JPG

AIMG_0516.JPG

AIMG_0519.JPG


写真は、関東運輸局東京運輸支局 練馬自動車検査登録事務所

AIMG_0516.JPG

この5番,6番がユーザー車検を受ける場所です!

ここで、ユーザー車検についてコツをお伝えします!

自分で運転してテストされる項目は4種目!

これに落ちるような整備の車は、間違いなく事故起こします、ってくらいの基本的な整備しか要求しません

個人的な感覚としては、酒気帯び運転の検問、といった感じで、“痛くもない腹を探られる”といった感覚です

検査項目

1.駐車ブレーキ(パーキング・ブレーキ)がちゃんと効くか?

2.フットブレーキがちゃんと効くか?


3.ローラーの上で40km/hでパッシング(メーターの誤差の検査)(注1)

4.ヘッドライトの“一般的には”ハイビームの光軸検査 (注2)

5.排ガス検査

そのほか、検査官の目視によるチェック、ウインド・ウオッシャーを出す、ウインカーの点滅など“超あたりまえのチェック”はありますが・・・

(注1),(注2) だけは、“コツ”が必要!

たいしたことじゃありません(笑)

“犠牲フライ”が必要ってこと

何をするか?というと・・・

車検場の回りには、“テスター屋”さんが、たくさんあります


そこで

1.検査場と同じことを“練習”させてもらうこと

2.光軸を調整してもらうこと


→ 光軸は、どの車も100%狂ってる(検査で落ちる)と考えて間違いない

→ テスター屋さんは、光軸調整せずにすむ車はない、と言ってます(爆)

この2つが重要なポイントであり、“コツ”です


テスター屋さんの費用は、おおむね1,500円(光軸調整のみ)~4,000円(練習 込み・笑)


私は、依頼したことないですが、駐車ブレーキ,フットブレーキの調整もテスター屋さんはしてくれるところもある、とのこと

→ 私の行ったテスター屋さんは、やりますよ!(別料金)と言ってた

ま、通常2つのブレーキが甘ければ、とっくに死んでますから大丈夫でしょう!(爆)


“練習”の最大ポイントは、40km/hでパッシング!


実際の検査場では、「検査用のスピード表示板は検査官の方を向いててこちら側からは見えません」が、「テスター屋さんの表示板はこっちを向いてます」

つまり、テスター上で表示板を観ながら、きっちりスピードを40km/hに合わせ、自分の車のメーターの40km/hと どのくらい誤差があるか?を ゆ~っくり、確実にチェックすることができます


ここで、実速とメーターとの誤差を、じ~っくり自分のメーターで凝視して焼き付けて、本番の検査場で実行すれば良いのだ!

もうひとつ“コツ”を・・・

AT車で40km/hは微妙なスピード、D(ドライブ)に入れておくと下手すりゃシフトアップかましてくれたりします(苦笑)

→ いっきに加速して40km/hを超えてしまい、あせったりします!


→ 2ndなどでゆ~っくり確実に加速して40km/hでパッシング、しましょう!


そして、検査場では見たことがなければ、他の人の検査の状況を見学させてもらって(見学可能)

検査の流れを、じっくり納得いくまで確認してから検査を受けるようにすれば、安心して取り組めます!

駐車ブレーキと、フットブレーキはさすが流れ作業の検査なので、「駐車ブレーキ踏む」などとメッセージが表示出されたら、「速攻一気にめいっぱい踏み込む」、すると、踏み込みが完了するよりも早いくらいのペースで、「フットブレーキ踏む」などといったタイミングでメッセージが出ます!(苦笑

どちらも思ったよりペースが速いので、「速攻,一気にめいっぱい踏み込む」と思っておいた方が良いでしょう

あせってとっちらかると(苦笑・第一回目はやっちまいました!)、「もう一回やりましょう!」などと「アナウンスされて恥ずかしかったりします」(苦笑)

おそらく、この4項目の検査時間はせいぜい3分もないくらいの短さって感じです

初めて経験すると、緊張しますが、やってみれば「あれっ、これで終わり?」ってくらい、あっけないレベルってことを実感していただけると思います!






スポンサーサイト
iPhone5を受け取りに行った日、実は・・・
2012年10月20日 (土) | 編集 |
たまには、ブログ風に・・・

iPhone 5を取りに行った10月1日(月)は、別のことがメインだった

そのため有休をとった

実はこの日の午前中、陸運局の検査場で2度目のユーザー車検の検査日

こんなことでもなきゃ、思いっきり平日の昼間にiPhone5を取りに行くことなんてできない!(笑)


ま、事前にユーザー車検の項目は、チェック・整備したので、なんとか「一発OK!」

しっかり2年間有効期限を更新できました!

こんなことが午前中にあったので、心穏やかにiPhone5を取りに行くことができた!

「ユーザー車検」自体は簡単!

おそらく、数回やればディーラーに依頼することをバカバカしいと感じるでしょう!

ディーラーに依頼すると車検のための診断だけで、だいたい5諭吉かかります


その後、消耗部品,交換必要部品などの費用が加算され、車検代行料,自賠責等の費用がのってきます


ユーザー車検なら、この金額を必要な整備に回すことができますね!

いつも行ってる方や、業者の方は“慣れてて何ともないこと”レベル

ただ個人的には、“(酒気帯びの)検問”といった感じで、“痛くもない腹を探られる”感覚が好きになれませんが・・・(苦笑)


理性的に考えると、


慣れればこっちの方が


はるかに合理的!







W124 AMG 300CE 3.4-4V リヤスピーカーの調整
2012年10月16日 (火) | 編集 |
そろそろ車検も近づいたある日、そろそろ準備しないと・・・
IMG_2733.JPG

リヤスピーカーは13cm
IMG_2732.JPG

フック(クリップ)3個で留める独特の形状

なので、汎用のスピーカーは装着不可能


たまたま、500Eのオプションのスピーカーが見つかった
IMG_2726.JPG

おっ、こりゃイイ ウーハーのマグネットが巨大


現在ついてるスピーカーとの比較
IMG_2738.JPG

IMG_2737.JPG

だけど例によって、ドイツの超高性能超軽量「紙のコーン」

→ この組み合わせで、重低音が出せるわけない!(爆)

→ 超高能率で中域を再生する、いわば“ミッドレンジ・コーンドライバー”(爆)


→ だが、トランクをスピーカーボックスとして背負い込めるのでカーオーディオとしては、強烈に有利! かなり低音も出せるハズ!
IMG_2736.JPG

ツイーターが2個ついてるのは、イヤ~な感じだが・・・(苦笑)

→ 2個のうち1個はナナメを向いてる

→ ただでさえめちゃくちゃになるカーオーディオ再生の位相を、余計ひどくしてくれます(苦笑)


この際、ツイーターをぎ取っても良いけど、そのままにしてた


でも、やっぱり片チャンネル、ツイーター2個はやりすぎ

ナナメ向いてる1個、これがやっぱ いけないっ!


車にインストールして聴いてみると・・・

対角のツイーター(左ハンドルなので、右後ろにスピーカー)は運転席めがけて高音を狙い撃ちっ!

これキツイ!


なので、速攻でツイーター2個、計4個 全部 ダンプすることを考えた

そんなこと考えてたので、カバーをつけず使ってた(放置してた?)


13cmなので、ツイーターなしでも充分に高域は伸びる


さらに、巨大なマグネットに軽い紙のコーン、能率が高く、ウーハーになんてなるわけがない

→ “時代の要求”で、こういうスピーカーを作らざるを得なかったんでしょうなぁ・・・


もぎ取ってもキレイに仕上がらない


パッシブネットワークが残る、そのまま鳴らした方が始末が良い


そこで、ダンプする方法を考えた
AIMG_0446.JPG

検討の結果、黒い革のハギレを買ってきた

AIMG_0447.JPG
いろいろ考えたが、今回は安易にブチルで留める
AIMG_0444.JPG
なかなか手が届かないので作業はしんどい!(苦笑)
AIMG_0448.JPG

AIMG_0449.JPG

AIMG_0451.JPG

こんな感じで、ダンプしたっ!

AIMG_0436.JPG

AIMG_0453.JPG

AIMG_0454.JPG

AIMG_0455.JPG

そして、スピーカーカバーをはめる

インプレ

ツイーターに“高音を狙い撃ち”されなくなったのもうれしいが、やはり13cmのスピーカー かなり高域が出てる!13cm1発の方が帯域バランス優れる

それに、巨大なマグネットによる中域の充実!

思ったとおりだ すばらしい!


やって良かった!





W124 AMG 300CE 3.4-4V 地道に接点を磨く
2012年10月13日 (土) | 編集 |
いろいろなモノを交換するときにやってること

それは、接点を磨き、赤ケイグを塗ること!

この接点をご覧ください

AIMG_0471.JPG

ネジをハズしてみると・・・

AIMG_0472.JPG

これじゃ、気の毒!

AIMG_0473.JPG

磨きます!

AIMG_0474.JPG
端子もくすんで、見るからに接触抵抗高そう!

磨きます!


毎回思うけど、こういったことをした後はブラシーボ全開だがエンジンのフィーリングが良くなったと感じる

接点、端子の数は気の遠くなる量だけど、少しずつ導通を良くして、良い状態を保っていきたいと思う







W124 AMG 300CE 3.4-4V W124系パワーウインドースイッチのメンテ
2012年10月09日 (火) | 編集 |
AIMG_0383.JPG

ときどきパワーウインドーが上がらなくなることがある

AIMG_0383.JPG

あまり使わないリア側に特に多い現象

何回か、カチカチと動かすとだいたい動いてくれる


「どうせ接触不良しかありえない」ので、あまり気にしてなかったが・・・

想像どおり、想定どおり? 下がったまま動かなくなった!!

= あらら、これじゃお出かけ(外で駐車)できません!!(苦笑)

仕方ないので、メンテすることに・・・

シフトコンソールに付いてる パワーウインドースイッチ部分の取り外し方

1.まず、ギアが「N」 ニュートラルの位置じゃないとコンソールのウッドが角度的にハズれない(ポイント)

 = なので、イグニション・キーは必要です

2.「N」の位置なので後ろ側から、いともあっさり持ち上がり、後ろにスライドさせて持ち上がることができます

3.一番理解に苦しむのが、パワーウインドースイッチ部分の取り外し方

 → なぜかコンソールのウッド部分の上側に、ミラーの電動レバー部だけが引っかかって止まる作り

   (パワーウインドー・スイッチはそのまま下に抜ける作り!)

 → ミラーの電動レバー部を気にせずムリに下側に押し込んでハズす(ここが精神的にイヤなところだと思います)

 → なんとか押し込むと、キレイに下側にユニットが抜けます


 = 何とも理解に苦しむ構造ですが仕方ありません


4.前後4つのパワーウインドースイッチは『持ち上がるようにすると抜けます』


AIMG_0396.JPG

5.各4つのスイッチは4個のツメで止まってるだけで、外側のプラスチックが柔らかいので持ち上げるようにすると、かなりあっさりハズスことができます

6.スイッチ部分は難しくないですが”芸の細かい構造です」

AIMG_0378.JPG

 → スリーブにスプリングが入ってて、クリック感を演出させるために一番上にベアリングがはまってる

   (ベアリングは“お皿の上に乗ってるだけ”なので落とさないように、充分注意しましょう!)
AIMG_0378.JPG

AIMG_0379.JPG

AIMG_0380.JPG

 → ベアリングを落っことすと探すのがかったるいので、“箱の中で作業する(落ちてもなくさない)”など工夫しましょう

AIMG_0392.JPG

AIMG_0393.JPG

 → スリーブにスプリングが微妙に“固着”してる場合があるので、スプリングを落とさないよう注意しましょう(難しくありません)

AIMG_0387.JPG

 接点を見ると「こんな状態で導通があるのか?」ってくらい酸化・腐食でひどい状態!
AIMG_0388.JPG

 そこを、2000番程度の紙やすりで軽く2秒もこすれば、キレイに輝いてしまします(あらら簡単です)
AIMG_0389.JPG

 誰でもこの腐食具合を見れば「キレイにしてあげましょう!」って気になりますね~
AIMG_0374.JPG

  とどめに、赤ケイグを塗って作業終了です

AIMG_0390.JPG

 スプリング、ベアリング、スリーブ部分に適当にオイルをスプレーで吹いて、フリクション・ロスを軽減し組み付けて、元に戻します

 何事もなく動作して、クリック感もすごく改善され快適に動くようになります

 おそらく、作業時間は1つ2~3分もあれば充分なくらい簡単作業です

 効果抜群なのと、ハズして屋内でできるのでラク! やる価値バッチリ!

 メンテとは言えないイージーさなのでやってみましょう!

 操作感が抜群に向上して新品同様のフィーリングといってもよいでしょう! ”お得感”抜群です! それに、今後長期に渡ってトラブル・フリーです!

 リコメンド! 

付け加えると、LEDを交換して、自分の好きな色にするのも簡単ですよ


→ とくに気にしてないんで、これはやりませんでしたが 流行のBLUEにするカスタマイズも簡単です!




iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 5 最終編
2012年10月05日 (金) | 編集 |
さて、ここからがみなさんにとって最大の関心となろう!

このiriver H100(IHP-120,140)にしか無い機能!

それは、なんと携帯オーディオなのに、(光)デジタル・アウト&インを搭載してること

そして、携帯オーディオなので、最初から“めもりー・ばっふぁ”標準搭載

さらに、携帯オーディオは“バッテリー駆動”


QA550と比較するといかがですか?

そして、発売後かなり経ってるので、“ステキな改造”をしてる人が出てきた!

光デジタル・アウトを通常のデジタル・アウト(SPDIF)に改造

I2S出力をつける

クロック交換


NZ2520SF_p.jpg

クロック交換なら、Capriceでポピュラーになった NZ2520SD(日本電波工業)なんて、付きそうだ!

まだまだ、iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形はつづいてるぞっ!



iPhone 5 を 買ってみた
2012年10月01日 (月) | 編集 |
AIMG_0487.JPG

本来なら、今日は『「iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く」 で QA550 も 真っ青な性能』をアップして、“最終編”とする予定だったが、たまたま予約してたiPhone 5を受け取りに行けたので、“時節ネタ”ということもあり予定変更してお伝えする

AIMG_0486.JPG


先に言っておこう、私はiPhone 5 を欲しい、と思わない!


間違いなく、好きじゃない!(爆)

AIMG_0489.JPG

だけど、今回Appleの製品を買っておこう!と思った!

このブログを読んでくださってる人なら周知のことだが、“Macの衰退ぶり”はご存じだろう


つい先日、コンピュータのシェアでは、ウインドウズ96%,Mac4%と言う記事を読んだ

2,000年頃は、まだMacのユーザーは多かった

でも、Appleの商法がエゴく、強烈過ぎることは、当時でも有名で「他のメーカーが黙っちゃいまい、改めない限り、廃れるよなぁ・・・」

などと思ってるうちに、ウインドウズのシェアが伸び、Macを使う機会が無いまま、シェア4%という有様となり現在に至る

AppleはiPhoneでも、“似たような商法”で展開してるようだ

まったく方針を変えないApple・・・

歴史は繰り返す・・・「きわめて近い将来Android勢にやられて、廃れる」のは明らか

AIMG_0494.JPG

そこで、一度くらい廃れる前にAppleを使っておこうっ!(爆)

ここで使わないと、Mac同様まったく機会はない・・・

脱線するが・・・

実際、現時点でのシェアはAndroid 65%,iPhone 35%とのことであり、これはウインドウズ Vs Mac のように、iPhoneの衰退が始まってる証左といえる

→ Apple 1社 だけで市場占有率35%は驚異的数字だが・・・


話を戻して・・・

といったことで、仮にどんな性能であろうと、不都合があろうと買ってみようと思ってたわけだ!(爆

本来なら、iPhone 4S ではなく iPhone 5が出ると言われた去年の9月から「一度は使ってみとこう!」思っていたし、スティーブ・ジョブズ氏が死亡したこともあって「ここで買わないと買う機会がないなぁ・・・」と感じてた

AIMG_0497.JPG

AIMG_0498.JPG


なので、発売日の次の日土曜の午後にわざわざ予約してまで買ってみた

買うのは当然、Macのイメージカラーの白、せっかくなので最高の64GBモデルをチョイス!

→ この際、当日に行ってみようと思ってたが、仕事が忙しく行けなかった!(苦笑)

そして、受け渡し予定日は本来なら先週の月曜日9月23日(日)だった

だが、入荷数が少なく私の順番は回ってこなかった(苦笑)


そして、ここからが失笑話

昨日、9月30日(日)は台風が本州を直撃・縦断した日

それも夕方17:00過ぎに、電話が・・・


すでに雨は土砂降り、JRの運行停止、都内各社私鉄の間引き運転が始まってるってのに・・・


「iPhone 5が入荷しましたので、お受け取りになれます! これからいらっしゃいますか?」と陽気に言ってくれた(アホか?)

「えっ、あなた今の天気ご存じ?」 って ホントに訊いちゃったよっ!


さらに、ぶったまげた応答

「えっ、いらっしゃらないんですか?」と怪訝そうなリアクション(こいつ、ホントにバカだ!)

「この天候じゃムリでしょ! 明日にします!」ってことで、今日受け取って来ました
AIMG_0490.JPG

いちおう、カバーと保護フィルムを同時に買った

AIMG_0499.JPG

AIMG_0500.JPG

そして、帰りに生まれて初めてMac系の雑誌“Mac People”を買い、ついでに「週間ダイヤモンド」を買って帰ってきた

それにしても、この“おもちゃ”すっげ~高かった!(苦笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。