自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 4
2012年09月27日 (木) | 編集 |
では、交換作業

さすがに慣れてきた(苦笑)

AIMG_0355.JPG

AIMG_0355.JPG

AIMG_0359.JPG

AIMG_0360.JPG

ついでに、i Pod 第1,第2世代用の大容量バッテリーに交換する

→ i Pod用のバッテリーなのでiriver用にするには、プラス,マイナスをひっくり返して接続します、ご注意ください!!(重要)

AIMG_0363.JPG

さすがに“相性”をおそれて“お引っ越し”はこの状態で行う

Rockboxのファームで立ち上がらない可能性があるので、iriverのオリジナルファームで起動する

起動さえしてくれれば、“お引っ越し”は可能!

わかってますって、SSDはNTFSでフォーマットされてる、iriverはFAT32のフォーマットじゃないと読めない

起動しても、SSDを認識できないはず・・・

AIMG_0366.JPG

よっしゃ、起動した! 上の写真をご覧いただくと "CHECK HDD CONNECTION"と表示されてます!


やっぱり、NTFSは認識できない、うん、想定の範囲内!


USBとしての認識と、HDDのフォーマットは別物のハズ

AIMG_0371.JPG

PCにUSBで接続

PC側で認識した

さあ、PCでフォーマットするぞっ!


ここで、ボケをかました!(苦笑) インストールしてある 「SD FORMATTER」を起動して一瞬蒼白になるっ!


あたりまえかもしれないけど、SD FORMATTERってSD,Micro SDといったSDしか認識してくれないのねっ!

SSDをフォーマットできません!(苦笑)

そこで、Rockboxで推奨されてる “SwissKnife V3”をネットから拾ってきてインストール

→ SwissKnife V3 はフリーソフトです

AIMG_0362.JPG

何事もなく、FAT32でフォーマットできました!

このまま、PCから書き戻して、“お引っ越し”完了!


SSDからRockboxのファームでちゃんと起動します!

やったね! ここで、同じ過ちを2度繰り返さないっ!(苦笑)

AIMG_0456.JPG

速攻で、もう1個オーダーして、めでたく2台とも「128GBのSSD化」 完了!








スポンサーサイト
iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 3
2012年09月22日 (土) | 編集 |
このSSDは急いで入手した!

なぜって?

だって、1.8インチHDD用のSSDの需要は、今となっては少ない

→ すぐディスコンでしょう!(笑)

KingSpec 1.8インチ IDECF 50pin MLC SM2236 SSD 128GB.jpg

KingSpec 1.8インチ IDE/CF 50pin MLC SM2236 SSD 128GB


なんと対応機種に IRIVER:H340, H320, IHP-140

対応機種にIHP-140が明記されてるSSDなんて見たことありません!!(驚)

金額的にも安いと言える、つまり、32GBのコンパクトフラッシュの4倍より安い、というビックリ価格!!

ためらわず、速攻で購入!!(爆)

それでも、“相性”を恐れて “犠牲フライ” 1個だけオーダーしました!


うまくいくかなぁ・・・ドキドキ!!

動いて欲しいなぁ・・・


さあ、どっちだ?




iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 2
2012年09月18日 (火) | 編集 |
以前、成功してたのでなんのためらいもなく作業

1.1.8インチHDDの内容を、PCに吸い出し・退避

2.PCからコンパクトフラッシュに書き戻す

3.次はiHP-140をバラす

4.ネジをハズす(T5のトルクスネジ)
AIMG_0460.JPG

AIMG_0461.JPG

5.1.8インチHDDをハズす

6.1.8インチHDD→コンパクトフラッシュ変換アダプタにコンパクトフラッシュを装着
AIMG_0458.JPG

AIMG_0459.JPG


7.iHP-140に装着


非常に作業はスムーズ ここまでは、順調、何の問題もなかった

念のためネジを止める前に起動させてみた

ところが・・・

" -ATA80 error・・・" が表示され起動不能、ぎえ~!!


このエラーメッセージが出たら、現時点でもRockboxでは回避不能なエラー となってる

PCでよく言う“相性” としか言いようがない


「なんで、同じメーカー、同じ型番、同じ容量のコンパクトフラッシュ使ってるのに、“相性”が出るんだ!」

で 数ヶ月放置してた


別件でネットを検索してたら、「iHP-140のSSD化 成功!」の記事が見つかった

iRiver iHP-140 with 128GB SSD のアドレス

実際、「SSD化成功」は、1.8インチSSDが発売された当初にはあった

だが、SSD初期の時期で非常に高価だったので見送った経緯がある

最近発売された、かな~り廉価なSSD、SSDに詳しい人なら「・・・」と思うだろうが、「PC用途じゃないので、廉価&ダイレクト・チェンジOK!」は、すばらしすぎる!!


オリジナル40GBのHDDから、一気に128GBのSSDに容量アップ,スピンドルレス化、これだけでも最強の進化!!

充分にやる価値あるでしょ!!





iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 1
2012年09月14日 (金) | 編集 |
お待たせっ! 久しぶりにオーディオ・ネタを展開します!

しかも、挑戦・挑発的にっ?(笑)

QA550が かなり熱を帯びてるが・・・

では、展開!


最後まで読んで、QA550の“改造”、“電池駆動”、“本体以上に高価なクロック投入”といった“逸脱”・“魔改造”に萌えてる方にはいかが映るだろうか?(笑)

アイリバー,Appleのi-Pod系のプレーヤーのファームウエアを強烈にチューン・アップさせるアメリカで Rockbox(URLを以下に提示します)という知る人ぞ知るサイトがある

Rockboxのアドレス

2chなどでは、「岩箱」などと呼称されるサイト

「アイリバー(iRiver) IHP-120(140)シリーズ(H100シリーズ)」とも呼ばれる、携帯オーディオプレーヤーがある


AIMG_0365.JPG

これを私たちに教えてくれたオリジネーターは、 やまださん

Rockboxの有志、日本の有志の方々の作成されたプログラムのおかげで、強烈にチューン・アップされたファームウエアあまりにすばらしいので、未だ愛用!!

私は、通勤・移動時に使ってるが、実はこのiHP-120(140)シリーズ(H100シリーズ)しか携帯オーディオでは持ってない機能もある(ちょっと、ひっぱって後で展開する)

だが、このプレーヤー、1.8インチのHDDを使ってるので、衝撃・落下といった“事故”が心配で、以前「CF化」したことをお伝えした(よろしければ、「過去のこのカテゴリーの記事」をご覧ください)

さて、ここから・・・

PCのメモリーを買いに行ったとき、以前「CF化」に使ったのと同じコンパクトフラッシュが当時より半額以下になってた
AIMG_0458.JPG

私は、2台iHP-140(H140)を持ってる

そのうち1台だけ「CF化」したので、「このコンパクトフラッシュが半額以下なら、もう1台もやっとこう!」

と思って、所期の目的メモリー、とともに買ってきた

「1.8インチHDD→コンパクトフラッシュの変換ソケット」(上野毛、というネーミング)も、買ってある

AIMG_0458.JPG

これで、HDDという“スピンドル”から解放され、“物理的事故”による故障率は劇的に減少する

文字どおり“メモリー・オーディオ”化 できるっ




お待たせっ!
2012年09月13日 (木) | 編集 |
お待たせっ!

明日から、カウンター・パンチのオーディオ・ネタを展開します!

みなさん、どう思うかな?



W124 AMG 300CE 3.4-4V エアコン,R12 さあどうするっ? 4
2012年09月10日 (月) | 編集 |
いろいろ検討の結果

今回は、業者に依頼することにした(苦笑)


だって、「真空引き」の工賃込みでそんなに高くない!(笑)

用意する手間ヒマ・コスト考えたら、この方がはるかにクレバーで速い!


ただし、今後の補充回数を考えてマニホールド&ゲージは買っておこう!

調べたところ、補充作業は すんごい簡単なんだもん!


A51SLU+eJiML.jpg

と結論


そこで、業者に依頼した
AIMG_0346.JPG

AIMG_0349.JPG


インプレ

ま、R12も抜けてたんだろう、交換前よりバッチリ効きます、強烈に冷えます!(やったね!)

やって良かった!

ただし、「M104 Keジェトロ エンジン」 エアコンを入れると、1分も経たないうちに強烈に水温上昇、水温計の針は少なくとも1mm以上 動きます!

ちょっと渋滞気味になると、“針の動きがわかるくらいのペース” で水温が上がります!

あせってエアコン切っても、そう簡単に水温は下がってくれません!

高速道路の巡航時以外、エアコン使い続けるのは精神衛生上おっかない! と付け加えます!(苦笑)


W124 AMG 300CE 3.4-4V エアコン,R12 さあどうするっ? 3
2012年09月06日 (木) | 編集 |
R12より低フリクションで高効率な「COLD12」

そのままCOLD12をぶち込んでも、とりあえず大丈夫、となってるが・・・

R12とCOLD12との混合はできるかぎり避けた方が良い、とのこと

リサイクル料のかかり、効率を下げるR12をわざわざ残して、混合する必要性はまったくない

ここでケチっても“おバカ” “変な憂い”を残すなら、全交換すべきでしょう!(笑)

あわせて、自分で「COLD12」を全交換、そして、全充填を考えた


完全交換には、「真空引き」が必要不可欠!


必要なモノ


1.マニホールド&ゲージ

A51SLU+eJiML.jpg

2.真空ポンプ(「真空引き」用として)

A41jWNvWce5L.jpg

3.COLD12 を 4本

Apro02.jpg

4.COLD12用 オイル 1本


Apro04.jpg

1.マニホールド&ゲージは仕方ないにしても、2.真空ポンプが高くつく


最低でも2諭吉は必要なようだ


別に、この際買ってもかまわない!と考えたが、「真空引き」の機会はめったになく、使用頻度は極端に少ない

今後使う機会がない機器、と言わざるをえない

1.マニホールド&ゲージは、R12,R134a両方に使用可能、補充時には必要不可欠な工具


それほど高価な工具じゃないし、将来の使用回数を考えるとこれは買ってもイイ


当然、W210 4MATIC WAGONのR134aにも使えるし・・・





W124 AMG 300CE 3.4-4V エアコン,R12 さあどうするっ? 2
2012年09月02日 (日) | 編集 |
素直な選択肢

1.高くつくR12を買って充填する

2.問題のあるレトロフィットでR134a化する

3.この際、R134a化させるためコンプレッサーなど部品を全部買って、さらに全配管総交換する(すっげ~高くつく)


どれも問題があって、イヤだ!



さらに検索・・・ネットで調べると、“代替フロン”があるようだ

フロンガスではなく、HC(ハイドロ・カーボン)という

これは、分子も大きく、R134aより低い圧力で動作する

配管も無交換で大丈夫!とのこと

オイルもそのままR12用で問題なく使用できる、とのこと


「COLD12」が一番ポピュラーらしい


Apro02.jpg

ネットでさらに調べると、それなりに欠点もあるようだが、コスト的にメリットが多く、将来的にどう考えてもクレバー

Apro04.jpg

“一択”だなっ! これっきゃないでしょ!