自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAC9018S 5 ±15VをLED電源に置き換える
2012年02月25日 (土) | 編集 |
エージングはバッチリやった!

まず、±15VをLED電源に置き換えよう!

私は、経験上3端子レギュレーターの音は好きになれないので・・・

IMG_3412

LEDの電圧確認のため、全部赤(約2V)


さあ、どれくらいの電圧が出て来るか?

13.3V

ちょっと低いな!

IMG_3414

2個青に換えた

15.34V

うん、これでいいだろう!

2カ所換えると正確な判断ができないので、DAC部は同一の構成とする

IMG _3405

さあ、どう変化するか?


劇的に変化した!

実は、想像どおりの変化

あの印象的な中高域のコントラスト感

これは、3端子レギュレーター(LM317,LM337)によるクセ と推測してた


そのとおり 正解だ!

まろやかになり、音色がそろった!

私はこっちだな!

音は趣味の世界


あれだけ印象的だと、3端子の音にハマる人も出てくるだろうなぁ・・・


みなさん、今回の3端子の音は聴いてみる価値ありますよ!
スポンサーサイト
DAC9018S 4 第一弾のインプレ
2012年02月14日 (火) | 編集 |
IMG 3400

 まず、このような構成で音出し!

 ぶったまげた! 今までに聴いたことのない中高域の美しい伸び!

 “カリフォルニアの青い空” 白と青のコントラストがキレイだなぁ!!

 高分解能で全域に渡ってハイコントラストで美しい!

 この音を聴いて魅了される人は多いな!って感じる

 音が出て、ホッとした!

 もう集中力限界です!(苦笑)

 「エージングを早いとこすませて、LED電源に置き換えよう!」

 そんなことを考えながら寝ました!(笑)

 
DAC9018S 3 最初の電源はこれで動作確認だ!
2012年02月12日 (日) | 編集 |
IMG_3410

知ってたけど、「ES9018は64-LQFP」というパッケージでなんと、ピッチは0.5mm

SSOPの0.65mmピッチでさえ、きつかったし、つらい!

それを超える0.5mmピッチ

「たった、0.15mmの差だけど、この差はプレッシャー」

「音が出るかどうか?組み上げ時点で自信が持てない!」のに、さらに電圧,抵抗値の調整が必要なLED電源なんて本末転倒(?)かまってなんていられない!(苦笑)

「とにかく、動作確認が最優先!!」(苦笑)

IMG 3400

そこで、DAC1242のときに組んでおいた「LM317,LM337で±15V,5Vが出力できる電源基板」 これでいく!


抵抗値で電圧がロックされてるので、PTをつなげば「即、OK!」


これも、持ってて良かった!素早い動作確認には好適!


DAC9018S 2 最初のIV部はこれだ! 
2012年02月10日 (金) | 編集 |
IMG _3405

今回IV部は、拡張性を考えて藤原さんの「simple IV基板」を新規に組んだ

これなら、通常のオペアンプ以外に、じんそんさんのディスクリOP,すずぽんさんのF0032,LH0032に変換ソケットをつけたモノ といろいろ試せる!

→ これはうれしい!

抵抗はHOLCO&PRP

なんで、この人まだHOLCO持ってるの? って思ったでしょう

実は、パーツ・コネクションにオーダーするたびに、“使いそうな値”を余計に買い込んでました、そのストックですべて足りたので追加オーダーしたりせずに、手持ちで組むことができた(ラッキー!)

さらに、最初はIV部でオフセットの調整とか、わずらわしい思いをしたくないのでオペアンプでいく!

→ この基板、1枚あると便利だな!

そこで、大好きなAD847を探したら、6個はストックがない

手持ちのオペアンプで数持ってるのを探したら、AD844が4個あった(OPA627BPは6個ありましたが・・・)

OPA627BPの音質は好きになれないのでパス

AD844,AD847 この2種は、ハイスピードでスペックが高く、音質も良いので“お気に入り”

IMG_3408


そこで、IVをAD844、合成をAD847の“ハイ・スピード・ブラザーズ”で組み合わせた

この2つのオペアンプは、リコメンド!

この状態で、最初の音出し!
DAC9018S 組みました! 1
2012年02月08日 (水) | 編集 |
IMG 3402

DAC9018S 組みました!

一発音出し、OK!

音が出て、これほどホッとしたのは久しぶりっ!(苦笑)

さて、みなさん 私は、どんなコンビネーションで音出しをしたと思いますか?
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 15 P&G 1120のインプレ
2012年02月04日 (土) | 編集 |
IMG_3387

いやあ、ビックリした!

このP&G 1120って、ステキな音質

イコライザーとして考えると、なかなかおいしい

カーボン抵抗でも中域が厚く、高域もきれいに伸びてかさつかない、力感のある音作りで定位も良い

音像がしっかりするのがスゴイ!

「パッシブ・プリ」といわれる理由も納得するっ!

「こういう抵抗があったら使いたい!」、と久しぶりに感じたっ!

IMG_3341

さすが、というよりあたりまえかもしれないが、“非常に高価な、たった1本カーボン抵抗”ゆえ、聴いて音質チェックをして音決めをしてるのかもしれない、と感じた


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。