自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210 クーラントの交換
2012年01月29日 (日) | 編集 |
久しぶりに、ブログらしいことを・・・

あまりの寒さで写真を取り忘れました!(苦笑)

実は、11月頃、金谷さんのところでエンジン内部の洗浄、インジェクターの洗浄、ATF全交換を行った

脱線するが・・・

一番やりたかったのは、ATFの全交換

というのも、以前ディーラーでATFを交換したら、オイルパンをハズして抜いただけで、たったの4~5リッターしか抜けなかった

ディーラーのメカマンも「ちょっとしか抜けませんね~」って苦笑いしてた

それでも、けっこうな金額を作業代で支払った

ATFの総量は約9リッター、なのでたった半分しか交換できなかったわけだ

それでも、交換したことは実感できた

・・・納車時もATFの交換は条件として行った・・・

ん~、この車一度もATF全交換してないじゃん!

W210になって、メルセデスのオートマは耐久性がバッチリ伸び、10万キロは無交換でも大丈夫らしいし、たった半分程度の交換でもフィーリングは向上した

ならば、一度全交換すればATに関しては、当分心配いらない

→ とはいっても、2万キロ or 2年で交換はメンテとして必要不可欠なことと思いますが・・・

話を戻して・・・

そのときに、クーラントを抜いてフラッシュして、水を入れといた

あとでもう一度自分で抜いて、完全にキレイにしてから、交換しよう!と考えたからだ

W210のクーラントの交換を大まじめにやると大変!

一般的なラジエターのドレンボルト(赤いプラスチックのヤツ)だけでは、半分程度しか抜けない


これの他に、V型エンジンの左右のバンクに一個ずつドレンがある

“拷問級”にハズしづらい

ディーラーでも「ラジエターのドレンにホースつないで、サブタンクからクーラントをポンプで圧送して交換する、という技」で対処するらしい(未確認)

というくらい、Vバンクの左右のドレンはハズしづらい

金谷さんのところで裏技を教えていただき、全交換して水だけにして帰ってきた


とはいえ、完璧にフラッシュしきれないので家に帰ってからもう一度フラッシュしようと考えた


だが、めんどくさくて “放置” してた

そしてら、東京も気温が0℃という寒さになってしまった

ヤバい! 水なんで凍っちまう!


車庫保管なのでそう簡単には、0℃以下にはならないが・・・


凍る危険性はバッチリ!(苦笑)


来週(今週)は気温がさらに下がる、との予報!

はぁ~、この寒空の中クーラント交換をするハメに・・・

さらに、最悪なことが・・・


W124はラジエターのドレンがフロントバンパーのところにあるので、すんなり交換できるが、W210アンダーカバー、それもごていねいに2枚もハズさないと、ラジエターのドレンが出てこない

ジャッキアップしなきゃ不可能!(く~)


たかが、クーラント交換でジャッキアップ・・・

ジャッキは低床タイプを選んだが、W124 AMG 3.4-4Vは、そのジャッキですらダイレクトにジャッキアップできない、スロープが必要

→ スロープに乗せようとすると“ラッセルしちゃって”乗せるの大変!(かったるい)


なので、W210でも不可能と、ビビってた

おそれながらジャッキを仕込むと、「助かった~、ギリギリ入る!」

→ ノーマルのW210じゃキツイと思う

→ 4マチック(4WD)なので、2WDと比べてフロントが2cm高い

→ 見た目“ぶちゃいく”なので、車検時にリアも同程度持ち上げて“ドギー・スタイル”に調整してあるのだ!(笑)

→ メカマンに、車高下げたい人がフツ~なのに、上げるなんて・・・

→ といわれましたが、フロントが上がってて2WDと比べると見た目“マヌケ”なんですね~

→ ディーラーで、何回も調整しながら、“ヒップアップ”になるまでリアを持ち上げたら、結果的“すんげ~上がった”

→ 実際、2WDと比べるとリアは5cm以上上がったんじゃないかな

→ リアが上がって、(重心移動しても)フロントはほとんど下がりませんでした


こういった状況なのでギリギリでジャッキアップできた


おかげで、クーラントの交換もすんなりできましたが、こんな寒い日にクーラントの交換するなんて・・・


はぁ、なんて“陽気な”1日なんだろう!(苦笑)


スポンサーサイト
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 14 ケーシング完了!
2012年01月22日 (日) | 編集 |
IMG_3389

タカチのHENはブラックを選んだ

さあ、久しぶりの金属加工(孔開け)


ご存じのように、金工は0.5mm狂うと“修正舵”が大変!(爆)

きっちり、正確にマーキング!

フェーダーのスリットを切るのが一番かったるかった!(苦笑)

IMG_3390

フェーダーの目盛り板の穴が久しぶりに見た小さい穴で、測ると2.7mm程度

2.6mmのネジは、さすがに手持ちにない!(苦笑)

買ってこないとならないなぁ・・・

IMG_3388


セレクターは3回路の切り替えとした(4回路もつながないだろう・・・)


IMG_3343


こんな感じで配線!

IMG_3344

完成だ!

なんとか、きっちり隙間なく目盛板を取り付け、組み立てることができた!

やったね!


ボリューム,アッテネーター,フェーダー 13
2012年01月18日 (水) | 編集 |
IMG_3341

インピーダンスを測った

10K

大きさをチェックすると、おっ、おなじみのタカチのHENに入りそう!

タカチのHENはDACなどのケーシングでよく使う

これを使えば、統一できるっ!

セレクター これは、ALPS(アルプス)を使う

ボリュームを使ってみて、アルプスのボリュームは音質的に良い、と感じてるので、セレクターに使ってる材質も悪くないだろうと思った

銘板がついてるので、目盛りを振らなくて良いのが助かるっ!(笑い)





ボリューム,アッテネーター,フェーダー 12 新展開!!
2012年01月14日 (土) | 編集 |
ま、こういった工作とは言えないようなことしか、忙しくてできない日々が続いてるが・・・(苦笑)

そんなこんなで過ごしてると・・・

こんなモノが出てきた

「P&G 1120」 というフェーダー


IMG_3340

「P&G」は、化粧品とかの Procter & Gamble(プロクター・アンド・ギャンブル)ではない(爆)

「Penny and Giles」(ペニー・アンド・ガイルズ) という メーカー名

IMG_3341

P&Gのフェーダーは、あの伝説の“NEVE” が好んで使ったフェーダー

そして、この1120という型番のフェーダー、音質的に優れてるらしく下の写真のようにケーシングされてビックリするほど高かったので覚えてた

1120W 1

1120W 2

当時定価はなんと、168,000円!!

現在、中古で高い値段で取引されてるシロモノ

たしかに、ケースの高級感・コストはそれなりですばらしいが・・・

これと同じモノなら、音質も悪くなかろう?

いっちょ、フェーダー・ボックス創って、これと同様にセレクターもつけとけば便利だなぁ・・・

しばし熟考・・・

よし、買ってみよう!
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 11  Siemens 291 VSTD  3 active fader(アクティブ・フェーダー)
2012年01月08日 (日) | 編集 |
IMG_3384

インプレ

エージングで48時間程度鳴らしました

う~ん、やっぱドイツだわっ!(笑)

これまた、うまい帯域バランス

ノイマンと音質はそれなり異なるが・・・

聴くと、“ドイツモノ”っていうカテゴリーの音質だねっ!(笑)


でも、こっちの方がさらにクセがない感じ

どちらも解像度は高い、比べるとこっちの方が“さらっとしてる”

そして、若干音質がストレートな感じ

こっちの方が好みかもしれないなぁ・・・
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 10 Siemens 291 VSTD  2 active fader(アクティブ・フェーダー)
2012年01月05日 (木) | 編集 |
IMG_3381

と、いうことで“無風”で落札!

で、Siemens 291 VSTD active fader 到着


ネットで入手したピン・アサインを元に、現在の配線を確認


W291VSTD 1

W291VSTD 2

前オーナーを責めたり、バカにする気持ちがないことを先に断っておいて・・・

やっぱり、アースの配線が抜けてることが判明


これで、ちゃんと配線すれば、おそらくハムはひかないと推測できる


IMG_3382

そこで、今までの配線をすべて取りハズす!

キレイになった

よしっ! 配線だ!

事前に用意しておいた「Tuchel 23 pin T 2701」コネクターに配線する

IMG_3383


アンバラで配線し直すときに、ちゃんとアース回りも配線した


IMG_3384

電源 ON! さあ、勝負だ! ちゃんと音が出るか?

やった~! 推測どおり!

ハムなく、フツ~に音が出るっ!ノイズもない! 問題ない!


ラッキー!





新年のごあいさつ・・・そして・・・
2012年01月01日 (日) | 編集 |
謹んで新年のご挨拶を申しあげます!

さて、今年1つは基板をデザインします!

もちろん、オーディオ用です!(笑)

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。