自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 1
2011年11月29日 (火) | 編集 |
みなさん、音量調整はどうやって行ってますか?

手っ取り早く、ボリュームを使ってませんか?

実はこれが問題!

webで発表し、基板化してるモノは、P.P.P ,P.P.P PLUS , Little Lucy ”the lotus” とボリュームを付ける作例を提示しましたが・・・

ちなみに、これまで創ったアンプにボリュームを付けけてない!(一連のシリーズを提示した後に創ったアンプには、ボリューム付けましたが・・・)


師匠スジにボリューム付きのアンプなんて持って行ったら、間違いなく聴いてもらえない・・・

「適切なゲインに調整できないの?」 ってところから かな~り、指導を喰らう・・・

伺ったことがある

「ゲインを合わせるとき、どうするんですか?」

「アッテネーターしかないだろう!  ボリュームはダメだ! 信頼できる抵抗で作り使うしかない」


たしかに、アッテネーターはメカ的にもスゴイ!


あの切り替えのクリック感・・・ステキ!

ガッチリしたボディに抵抗がバッチリ付いてる

T Pad, L Pad などキッチリと定インピーダンスでゲイン調整できる

それに、自分の音質的に信頼してる抵抗でアッテネーター組んだら、いくら高くても数千円のボリュームじゃ、すべての面でクオリティーが劣るのも明白!

別の側面から観て、自分の信頼する抵抗、コンデンサー、選んで買ったステキな真空管、そして、出力トランス、こうして、作り上げた“渾身の力作”にボリューム付けたら・・・

どうしても付けたいならアッテネーター・・・

なるほど・・・このロジックは完璧だ!(苦笑)

自分の目指す音をコンプリートするなら、自分の信頼できる抵抗でアッテネーターを組まざるを得ない





スポンサーサイト
久しぶりのオーディオネタ!
2011年11月26日 (土) | 編集 |
お待たせっ!

久しぶりですね、このジャンル!

Little Lucy ”the lotus” 以来ってことになるか・・・ずいぶん、時間が過ぎましたね・・・

オーディオ・パーツを買ったので、展開します!

ディープ,ウンチクバッチリのジャンル!

でも、欲しいと思えず手を出さなかったカテゴリー

つい勢いで・・・(苦笑)


試してます、聴いてみました!

さて、みなさん!いままでのブログから 推測つきますか?



W124 AMG 300CE 3.4-4V やっと、カーナビつけました
2011年11月22日 (火) | 編集 |
IMG_2497

加速が良いので、レー探を付ける方が先になりましたが・・・

シガライターソケットも電気が来るようになったので・・・(苦笑)

やっと、カーナビ付けました(爆)


PIONEER CARROZZERIA AVIC-TC07Ⅱ

本格的なカーナビも一応検討しましたが、廃車状態からスタートのこの車、長持ちするか? 残念ながら、現時点では信頼できない(苦笑)

「なので、カーナビにお金つっこむなら、先にやることあるだろっ!」


ってことで、メモリーナビでお手軽に済ませることにしました!


IMG_2498

べたべたタッチパネルを触る前に、保護シートを貼る!

IMG_2499

ここはケチらず、通信契約して渋滞情報・地図アップデートができるようにします!


IMG_2511

通信用のパーツ! 小さいですね~!


IMG_2513

開封!

IMG_2514

このポケットにUSBメモリーのような通信ユニットを装着!


IMG_2519

この状態で、メモリーナビのバックパネルに装着します!

IMG_2516

W124 AMG 300CE 3.4-4V おい~、シガライターの電源死んでるぞ~
2011年11月19日 (土) | 編集 |
IMG_2539

せっかくレーダー探知機(レー探)買ったってのに・・・

スイッチ・オン!

「・・・ 動かない・・・不良品か?」

家に戻り、ACアダプターつないでみたら動いた

ってことは、シガライターに電源が来てないってこと???

仕方なく、バラしてみるハメに・・・

レー探知の取り付け、一瞬で終わるはずが・・・


おい~、何でこうなるの?(怒)

怒ってても仕方ないので、シガライター部分を取り外してみた
IMG_2503

「なんじゃこりゃ! 配線ぶった切ってるぞ~!」

何で、こんなわけのわからないことを・・・ って、言っても始まらない
IMG_2504

オーディオ以外で、半田ごてを持つハメに・・・
IMG_2506

せっかくなので配線をつなぐとともに、1つワザを・・・

IMG_2570

「10μFのセラコン」をつないで“ノイズ取り”

IMG_2572

W124は、各センサーを電圧で出力する、これを アナログ演算回路で読み取らせて、制御する

→ 当たり前だが、ノイズは電圧となって現れるため、各センサーの電圧に重畳されるため、アナログ演算回路の読み取りに悪影響

→ つまり、ノイズは正常動作の敵!

脱線するが、ここで、伝えておこう!

程度と数を正確に言えないが、コンデンサーをパラってたくさんつなぎ過ぎると、これはこれで悪さする!


→ 何でもやりすぎはダメってことかな?(苦笑)

ただ、ノイズを出すところに、コンデンサーを追加投入することは効果的だ!

付けやすいからと言って、意味もなくたくさん付けないで、必要なところに(コンデンサーを)上手に追加しよう!
W124 AMG 300CE 3.4-4V レーダー探知機(レー探)装着
2011年11月15日 (火) | 編集 |
IMG_2540

さすが、AMGフケは良い!

2ndの伸びが良い!

これはやばい!! 絶対捕まる!(爆)

レーダー探知機導入しかないっ!

IMG_2539

セルスターのワンボディ・タイプ

Assura シリーズの AR-950AT

IMG_2540


なかなかステキ!


GPSによる位置取得スピードも速く、メモリーされてるデータででトンネル内もOK!さまざまに情報が詰め込まれてて能力も高い!

レーダー探知機の技術の進歩を感じます!(笑)

と、本来はストレートに展開するハズだったが・・・

実は、あきれたトラブルが・・・

W124 AMG 300CE 3.4-4V 必殺!北米仕様のアームレスト ゲット
2011年11月11日 (金) | 編集 |
IMG_2471

収納スペースが少ないW124

その中でも、もっとも有効なパーツが「W124 北米仕様のアームレスト」

フツ~のアームレストは、「ただの肘おき」


IMG_2467

なぜか、北米仕様のアームレストだけ、カパっと開いて収納ボックスが付いてる“すばらしい仕様”

IMG_2472

なんで、これを日本向けに付けなかったのか? 不思議すぎるが・・・

「北米仕様のアームレスト」を知ってる人も少ない

80~90年代インターネットは存在せず情報も少ない、なので、“知る人ぞ知るパーツ”&“わざわざ当時取り寄せたごく少数の人のみしか持ってない!レアパーツ”

当時高価なこともあって、苦労して入手したこだわりのアームレスト、なかなか手放すわけがない!

現在、新品入手不可能!

2,011現在、中古の流通量はきわめて少ない!

知ってたので、最初からず~っとねらってました!

IMG_2463

北米仕様に多かった、室内カラー“ベージュ”、“紺”のものは数件ありましたが、「ブラック」となると厳しかった


IMG_2462


それも、なんとか見つかりました!

やった~

IMG_2464

取り付けはイージー&ラク

ネジをハズして交換!

よろこんで使ってましたが・・・

2,011年11月現在、レカロのCSEを装着したことにより、現在ハズすハメに・・・

なんとかCSEを改造して付けたいと思ってますが、現在、打つ手なし

なので今回珍しく、ブログでこんなことをします

もし、希少な北米仕様のアームレスト欲しい方がいらしたら、メールで希望金額をお知らせください!


極端な値段でなければお譲りしようと思います!

W124 AMG 300CE 3.4-4V AMGのペダルを装着!
2011年11月08日 (火) | 編集 |
IMG_2523

AMGのペダルをつけるぞ!

少し、こっちの方向へ手を出せる余裕が出てきた!

私が付けるのは、ペダルのゴムが「丸型」のモノ

IMG_2526

W124用に、純正のAMGのペダルを装着するには、アクセルペダルを微妙に削らないとならない!

AMGの最近は、ペダルのゴムが「楕円形」になってる


IMG_2527

W124以降のモデル(W210など)は、フライ・バイ・ワイヤー(アクセルが電子コントロール)になってるので、最新のAMGペダル(楕円形ゴム)を取り付けるとなると、もうちょっと“加工が必要になる”


IMG_2529
それに、デザイン・チェンジした「楕円形」は、マーケット・プライスが、かな~り高い
IMG_2524
3倍くらい違うかな・・・
IMG_2525

別に、新デザインにこだわりなんてないので、「丸型」でOK!(爆)
IMG_2531
ついでに、(微妙に削って)加工してくれてるモノをチョイス!(苦笑)

→ やってやれないことはないけど、削って調整するプロセスを想像したら、多少高くてもクレバーと判断!

→ だって、ドア開けて地べたに座り込んで、アクセルペダルのところに顔を突っ込み、懐中電灯片手に、削って、はまるかチェック、のカット・アンド・トライはちょっと・・・(苦笑)

さて、装着

オリジナルのゴムをカパっとハズしてはめるだけ・・・

オリジナルなんて経年劣化で、いともあっさりハズレます!

何のマニュアルも必要ありません

特に、パーキング・ブレーキなんぞは“一瞬” 超ラク!

IMG_2532
ですが・・・
IMG_2533

ブレーキ・ペダルが強烈にキツイ!

さすが、“命綱” ガッツリ作られてます!

ゴムめちゃくちゃ堅いです!簡単にはまってくれません!

「そりゃそうだ、これがズレて事故起こしたら、訴訟沙汰!絶対ズレないぜっ!」と心から納得するほど堅いです!(爆)

とはいえ、男なら何とかなるでしょう!(女の子じゃ、ちょいとキツイ!)

でもって、ビフォー&アフター

ビフォー
IMG_2535
アフター
IMG_2536

シンプルなデザインだけど、ステキでしょ!

W124 AMG 300CE 3.4-4V ウォールナット・コンソールをゲット!
2011年11月04日 (金) | 編集 |
IMG_2842

AMG メルセデス W124 300CE 3.4-4V 機関系 “ひとやすみ”

豪華装備第2弾!

ウォールナット・コンソールをゲット!

いわれるように、W124収納スペースが小さい

そして、最初からこの部分は、“すっからかん”だった あらら~

IMG_2843

これはおさびしい!

オクでゲット!

いまではこれらのパーツが安い! ステキ! 格安で手に入るのが魅力だな!(爆)

W124、中古パーツは値段的に“底”の気がする・・・

これ以上古くなると、タマ数の減少=中古パーツも流通しない=新品パーツを発注せざるをない って感じ?

つまり、“値段がつく最後の時期”ってところかもしれない

みなさんもお調べになれば、おわかりいただけると思いますが、“鍵付き、ネジ付き、程度良し”でもオークションの値段はたいして変わらないので・・・いいヤツが出てくるのを待ってました!(笑)

ちなみに、これ新品の値段は・・・ぞっとします!(爆)

取り付けは、簡単!

はめてネジ止め! チ~ン、おっしまい!

IMG_2845

はずすことを考えて、あえてネジ止めしないで、はめただけです!(笑)


IMG_2847

肘掛けも問題なく使えます!

いつも、こんなにイージーでラクだといいんですが・・・(苦笑)


すごいなぁ・・・ カスタムモンキーの世界
2011年11月01日 (火) | 編集 |
IMG_3301


本屋でふと目に入り、衝動買い!

すごいなぁ・・・カスタムモンキーの世界

自分がバイクに乗ってた頃から、モンキーの改造・チューンの世界がディープなことは知ってた

「SP武川」が、生き残ってるのもビックリしたが、さらにカスタマイズも進化・発展、スゴイことになってる!!(驚)

ガレージメーカーがヘッド回りのパーツをガンガン創ってるっ!


カブのエンジンは世界でナンバーワンの流通量、もっとも生産コストが安い!

ということは知ってるが・・・

ヘッド回り・ボアアップ関係のパーツがスッゴク安い!

そして、進化・発展の度合いはここまで来てるっ!

SOHCのカブのエンジンを「DOHC化」

これだって、やるとなったら、設計はもちろんのこと「型を起こして」の大騒ぎ なのに


さらに、「デスモ化」もある・・・!!!!

脱線するが、「デスモ」とは・・・

「デスモドロミック」の略であり、日本語では「(バルブの)強制開閉機構」と訳される

簡単に説明すると、4ストロークのエンジンは、バルブが閉じるのを「バルブスプリング」、という「スプリング」の反発によって閉じてもらう

高回転になってくるとエンジンの回転とバルブの戻りがズレて、間に合わなくなる

→ これで、エンジンの回転が“頭打ち”ってことになる

「スプリング強くすればいいじゃん!」と考えるが“スプリングを強くすると中低回転時には、パワーが出てないので、めちゃめちゃ負担になり、パワーダウン”

ということで、バランスを取ってバルブスプリングの強さを決めるのは、難しいのだ

これを嫌って、スプリングを使わず(最小限のスプリングを使うこともあるそうだが・・・)、「戻し」もカム&ロッカーアームで行うこと、を「デスモ」という

機構的には、理想的だが、想像どおり “調整が難しい!”し、「各パーツに高い精度を要求する」

なので、生産車で採用してるメーカーは、私は知ってる限り1社だけ

イタリアのバイクメーカー「ドゥカティ」

それだけ、デスモは大変なシステムとも言える

話を戻して・・・

これを、ガレージメーカーで「型を起こして、創ってしまった」


すっげ~!


これ以外にも、ブレーキをブレンボ4ポッドにするとか・・・

記事を見ると、モンキーで160km/hも出るらしい

モンキーで160km/hもでたら、体感速度は・・・おぉ、こわ~!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。