自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Little Buster マスターボリュームの配線
2011年05月27日 (金) | 編集 |
ボリュームについて

1.1ボリューム(Nano Headと同じ)にする場合

下の写真のマーキングしたパッドをハンダでブリッジします

IMG_3018 ブリッジ

2.2ボリュームにする場合

 ※ Nano Headのボリュームが「Vol」,追加するボリュームが「Master」になります

 ということで、「Master」ボリュームの配線

 わかりやすくいうと、“ここのパッドにボリュームを割り込ませる”ということ

念のため、「2ボリュームの場合は、ブリッジさせない!!」

気を利かして、ブリッジさせちゃダメよ!


IMG_3018 ボリュームの配線

 この写真で、上のパッドから下のパッドに信号が流れる

  1.この写真上側のパッドにボリュームの「赤」をハンダづけ

  2.この写真の下側のパッドにボリュームの「黄色」をハンダづけ

  3.茶色はアースなので一番近いダイオード・クリッパーにところにハンダづけ

配線のテクニック!

 → 「黄色」はパッドにハンダづけするよりも、「5.1Kの抵抗に“直づけ”」した方が配線も短くなるし、ハンダづけしやすい!!

IMG_2957

 ※ 5.1Kの抵抗には、ダイオード・クリッパーの「黄色」とともに“ダブル”でハンダづけすることになります


 ※ この「黄色」もできる限り短くすること!!

IMG_2958


3.「茶色」は下の写真(基板裏面)のダイオード・クリッパーのところがアースに一番近いので、一緒にハンダづけします!(再掲)

スポンサーサイト
Little Buster スイッチ周りの配線について
2011年05月24日 (火) | 編集 |
みなさんが配線するとき、一番キツイと思われるのがスイッチ,ボリューム周りの配線

そこで、わかりやすく写真で説明するため、私の完成例で配線の色を統一しました!

→ 「ここの説明をどうするか?」は、基板を作るはるか前から方法を考え続けてました(苦笑)

例外は、「どうしても太い配線材を使いたかった内蔵スピーカー部」です(笑)
IMG_3057

こうすると、写真を見てわかりやすいので・・・

IMG_3057

ボリューム,スイッチ どちらも 左から「1,2,3」として、「赤,黄,茶」

ちなみにボリュームの「1,2,3」は「in,out,アース」になる


1.Thicknessの配線

IMG_3059

写真のように「赤,黄,茶」をつけます

2.Mellowの配線

IMG_3060.jpg

写真のように「赤,黄,茶」をつけます

→ Mellow は、一般的な電気回路で言えば、「ハイ・カット」です これを、2つのコンデンサで落とす帯域を変更してます

※ センターがスルー,左右がコンデンサによるハイカットが効いてるポジション になる

3.ダイオード・クリッパー(Diode Clipper)の配線

IMG_3063

写真のように「赤,黄,茶」をつけます

※ 効き方は、Mellowと同様にセンターがスルー,左右がダイオードで信号波形をカットして、意図的にディストーションを起こしてるポジション になる

このダイオードクリッパーの配線テクニック

 真ん中の「黄色」は、5.1Kにつながるパッド上にハンダづけですが、写真のように『5.1Kの抵抗に“直づけ”』した方が配線も短くなるし、ハンダづけしやすい!!(笑)
IMG_3064

 → ここの配線はできるかぎり短く!!

4.Bright(ブライト)&VOLの配線多少(わかりづらいので拡大して説明)

最重要ポイント!
IMG_3065

1.ブライト(Bright)とボリュームは「黄色」が直接つながります、そして、「G」まで引き倒します


→ 長くなりがちなので、気合いを入れてうんと短くしましょう!

→ 組み立てて、「うまく動作しない原因の9割は、これが長すぎる」と思うくらい、キモです!

2.ブライトの20pfは5pf程度まで減らさないと「変化を感じない」場合があります

→ 私もそうでした


3.この20pf(5pf)の各足に「赤,黄」をパラでハンダづけ
IMG_3071

4.前述しましたが、ブライトの「on-offスイッチの黄色からVOLの黄色へも行く線」を配線
IMG_3072


5.VOLの黄色を「ピンの横G」 にハンダづけ

ねっ、長い取り回しになるでしょ!

しか~し、テストの結果、“保険”をかけて(発振止めの抵抗)を追加します!!

ホントは、直接VOLの黄色を「ピンの横G」にハンダづけで良いんですが、

5.1Kを「G」にハンダづけ、『残りの5.1K片側宙ぶらりんに黄色をハンダづけ』


IMG_3002

→ 最初に5.1Kを追加せずダイレクトに配線、実際に電源を入れて発振したときに5.1Kを入れてもOKです!(でも、これをするとなるとかったるいので先にやっておくことを勧めます)

テストで何をしたか?

→ 『Volの「G」の黄色』を長い配線jに変更、配線材(取り回し)を動かして動作を確認しました、7cmくらいのちょっと長目だと、向きによって発振、10cmだとバッチリ発振しました

→ 5.1Kを追加すると10cmでも発振しません

→ 「この結果を元に、5.1Kを追加した方が良い!」と判断しました


Little Buster マニキュア(ネイル・エナメル,ネイルカラー)を塗るっ!
2011年05月22日 (日) | 編集 |
で、続いてマニキュア(ネイル・エナメル,ネイルカラー)を塗るっ!

IMG_2975

スプレーじゃないんでキレイに塗るのは難しい

そこで、同じく“100均”で「硬めの平筆」を買ってきて、少しでもキレイに塗ることを考えた

結果、ダメ!

筆が硬いのを選んだので、素早く塗れば塗りムラはできにくいのはねらいどおり、だが、ラメが均等にならない ん~難しい 作戦変更!

マニキュアのキャップに付いてる筆?で塗る

→ 下の写真の後、数回塗ってムラをなくしました!!

IMG_3055

数回“デコ盛り”で塗る ありがたいのは、マニキュアは薄く塗ることは難しく(爆)、フツ~に塗っても“デコ盛り”になること!!

さすがに、キレイに平面に塗り重ねられないので “研ぎ” は仕方ない

面倒なので、#400程度のサンドペーパーで平面を出した

本来なら、ラメの質感を生かすためクリアー(透明)のスプレーを何回か吹いて、光沢層を作り奥行きある仕上がりがセオリー

が、「早く発表しよう!」と思ったので、ネグった!(苦笑)

→ めんどくさかっただけ?

IMG_2987

“研ぎ”だけでも、けっこうキレイに仕上がったと思う(言い訳? 苦笑)

IMG_2984

そして、"Brite" "Clipper" "Thick(ness)" "Mellow" の文字書きは、細くてキツイ!!

あらためて、極細筆を買いに行くのも・・・


そこで、マニキュアを楊枝で書いた

IMG_2985

おまけに、スペースが狭いので Bright → Brite, Thickness → Thick と文字数を減らして対応!!

それでも、小さく細く書くのはキツイ、おかげで“へたうま感”が出せたかな?(笑)
Little Buster HAMMOND 1590B の塗装(ペイント)
2011年05月20日 (金) | 編集 |
「シャーシ穴あけ」の次は、「塗装(ペイント)」

アンプの性能が高いことは最重要だが、ルックス悪いは損!


みなさんもがんばって、「小さくて、キッチュなルックス、だけど、超本格的真空管アンプで音がステキ!」に仕上げよう!

ここまで、ついてきてるかな?

IMG_2976

今回、たどり着いたのは「マニキュア(ネイル・エナメル,ネイルカラー)で塗装」

なんで?

というのも、たまたま“100均”に行ったとき、マニキュア(ネイル・エナメル)の脇を通った

そこで、「ハッと気づいた、ひらめいた!!」

ラメのカラーがたくさん・・・ おまけに、100円!(プラカラーだって100円じゃ買えない!)

水性塗料じゃない、バッチリ “シンナー系” で塗膜が強いのもステキ!

IMG_2928

お~欲しかった「紫メタ,ピンクメタ」があるぞ~、何種類も!!

おわ~、自分で調色必要ない!!(爆) 選べるぞ~! すばらしすぎる!!

「問題は、塗装後の硬度」 これは、テストしかない!!


IMG_2977

つ~ことで、数種買い込み、HAMMOND 1590Bに塗装、乾燥後、カッターでグリグリと意地悪なテスト

ウレタン焼き付けの強度・耐久性は望むべくもないが、かなり硬い・強い!!


ということで今回使ってみることにした

テスト時にサフェーサー,プライマーといった「下地処理」せず、ラクして“ダイレクト塗り”

それなりの強度だったんで、「下地処理」する気がない(苦笑)

だが、ラクするためHAMMOND 1590Bを「サンドペーパーで、表面にキズをつけマニキュアを喰い付かせよう!!」とは考えた

捜したところ#320があったので、試しに数秒こすってみた 下の写真をご覧いただきたい!!

IMG_3047

HAMMOND 1590Bの仕上げの悪さ?が “ものすごい功を奏して”、ちょっとこすっただけで、いともあっさりアルミの地肌のシルバーがバッチリ現れるっ!!

「もしかして、鏡面仕上げも簡単にできるんじゃない?」ってくらい銀色になるんでビックリ!!

そこで、テレビを観ながら、ゴミ箱に手を突っ込んで(この不精者!)約1時間くらい適当にペーパーがけしたらキレイなヘアラインに仕上がってしまった!!(驚)

IMG_2933

「なんか、これを塗装するのもおバカっぽい!もったいない!」まで仕上がった(驚)


無加工のオリジナルとの比較写真(みごとに色が違う!)

IMG_3054

サンダーを持ってる方なら、1面数分でできちゃいますね~(現在2,3,4号機で試した)

IMG_3049

サンダーの場合、番手は粗めにしましょう! #240でペーパーがけしたのが、下の写真

IMG_3051

想像どおり、番手以上にこまかく仕上がる! “かなり鏡面になってる”のがおわかりいただけると思います

おそらく数人は、“鏡面仕上げ”になっちゃうでしょう!(笑)

つづく
Little Buster HAMMOND 1590Bのシャーシ加工
2011年05月18日 (水) | 編集 |
購入者には、PDFで「型紙」を添付してお送りしました

これをプリント・アウトして切り抜きましょう!

非常に便利なのが、トップ・パネルの“裏焼き”

これをHAMMOND 1590Bのトップ・パネルに貼れば簡単!

では、手順

1.HAMMOND 1590Bのトップ・パネルにセンターラインを引きます


IMG_3038

2.「型紙」にセンターラインを引いてあるので、これを基準に重ねればバッチリ!


IMG_3039

3.ズレないようにセロテープで固定

(私はセロテープでラクしちゃいましたが・・・苦笑)のりでバッチリくっつけたほうがベターです

IMG_3041

4.正確にポンチを打つ!

IMG_3040


大事なこと

 「『型紙』をいかにズラさず正確に打

てるか?」がポイント!


⇒ これだけ考えて、やればOK!

1.一発目は思いっきりポンチを打ち込まないこと!(爆)

→ これやるとバッチリズレます!(爆)

2.穴を開けるところすべてに正確に、軽くポンチを打つ

3.「型紙」をハズす

4.ここで、ポンチをバッチリ打つ!!(2度打ち)

IMG_3043

5.2.5mmとか小さめのドリルの刃から始める

6.落ち着いて、正確に穴を開ける


7.必要な穴は、3mmからなので3mmで拡張する

8.次に必要な穴は、4mmなので4mmで拡張する

9.以下、同じ

ドリルの穴の拡張は、ステップを細か

く刻むこと!!


IMG_3043

「3mm次6mm」のように “一発大拡張” はラクだが、ズレやすく、狂いが大きく、『最終的に入らない!!』ハメに陥りやすい!

IMG_3045

木工だと、1~2mm狂っても“なんと

かなることが多い”ですが、金工(アル

ミなんでラクな方)だと、0.5mmの狂

いで“どうしようもない!”ことが多

い!(苦笑)


IMG_3046

2作目は (Nano Headと同じパターンの例として)“スピーカー端子をつけないバージョン” で作りますね!

がんばりましょう!!
Little Buster 基板のハンダづけ手順
2011年05月15日 (日) | 編集 |
さあ、基板のハンダづけ! がんばりましょう!

DAC(CDのDAコンバータ)の基板を組み立ててる人なら、慣れてるので解説はいまさら?だけど、おそらくLittle Busterに取り組む人は、初めての人、あまりこういったことをしたことがない人が多いと思うので・・・

1.最初に裏面のチップコン3個をつけちゃいます(写真参照)

IMG_2936

→ まだ何もついてないので、テーブル・机の上に基板がしっかり置けるときにやっちゃいましょう!

→ 金フレッシュ部分に、ばっちりフラックスを塗ってからハンダづけしよう!

→ 親指のツメなどでチップコンを固定して、ハンダづけするとやりやすい!


2.ピン(ソケットになる!!)を16本をつけます(つける向きに注意・写真参照)


IMG_2939

IMG_2938

つけ終わったら、ピンの先端部分は入らないので、カットします!


IMG_2940

3.8ピンディップソケット(555タイマー用)の裏面に10K,1Kの抵抗をつける


IMG_2941

IMG_2943

→ ソケットをつけた後じゃつきません!!

4.電源部の抵抗,コンデンサー,インダクターなどつける

IMG_3032

→ いきなりつけ始めないで、電源部のパーツは 「はめて隙間を確認だけ」 します!!

→ スペースをギリギリまでつめてるので、収まるか確認した後、ハンダづけしましょう!!

トランジスタ,ダイオードのハンダづけは“3秒ルール”で素早くつけましょう!

数えてみると3秒ってけっこう長いもんです! 落ち着いてやればできます!

5.電源部(基板右側)の全パーツのハンダづけが終了した、とします

6.信号部基板左側シグナルラインの抵抗を全部つけます


IMG_3033

→ さて、ここで一段落,ひと休み!!

→ 落ち着いてチェックしましょう! つけまちがい,イモハンダ,ハンダづけのし忘れがないか確認しましょう!

さあ、ここでリフレッシュ! ルックスで一番大切な“シャーシ加工”で身体を動かしましょう!(笑)

次回、シャーシ加工について
Little Buster 基板 組み立て方のコツ!!
2011年05月12日 (木) | 編集 |
Little Buster 基板 組み立て方のコツ!!

HAMMOND 1590Bにケーシング,スピーカー内蔵を前提とすると・・・

抵抗は裏面に全部つけましょう!!

(爆) 

ただし、2個だけは表につけなきゃならないのがある!!


IMG_3037

現在作成中の2号機の写真

IMG_3036


最初からこれをやったら、「ひで~ヤツ」になっちゃうから、見本はちゃんと表につけましたけど・・・(笑)

IMG_2974


ねっ!ちゃんと表につけてスピーカーまで内蔵したでしょ!(笑)

基板には5mmのスペーサーをかますので、その5mmの間に抵抗はおさまるのだ!(1/4w)の抵抗は3mm程度です

「なぜって?」

IMG_2983

少しでも、スピーカーのマグネットぶつかりそうなものを減らさないと・・・!!(爆)

→ さすがに、コンデンサーは厚みがあるので裏面にもっていくのはキツイ

ジャマものはできるだけ裏面に回して、スピーカーの場所を確保しましょう!(爆)

次回は、「組み立て順について」

ちょっとだけ順番が決まってて、この順でハンダづけしないとつらくなっちゃう!!
Little Buster(Surpass the nano head) 実験基板配付 締め切り迫る!!
2011年05月10日 (火) | 編集 |
Little Buster(Surpass the nano head) 実験基板配付の

申し込み締め切りは、

本日10日の24:00をもって終了します!!
Little Buster(Surpass the nano head) 基板について
2011年05月09日 (月) | 編集 |
IMG_3018

銅箔は105μmm

一般的な35μmmの3倍の厚みと豪華にしました(製作費用はかなり高くなります)

「この際、最厚の140μmmにしようか?」と思いましたが、140μmmのハンダづけは慣れないとさらにキツイので避けました

それでも、ハンダづけは大変です

IMG_3022

「フラックス」(500円以下で買える)を用意して、バッチリ塗ってハンダづけしましょう!!

IMG_2939

「フラックスなし」だと、チップコン,こまかいところ,アースラインのハンダづけはキツイでしょう!

次回は、「組み立てのコツ」 です!
Little Buster(Surpass the nano head) 実験基板配付について 添付部品追加
2011年05月07日 (土) | 編集 |
ありがとうございます!


希望者の方が増えましたので、


添付部品を追加します!



・45mmアルニコスピーカー 1個

・スピーカーを止めるラグ 3個

・2SC1815 1個(555タイマー用)


明日、申し込まれた方に返信を開始します!

※ 私が、今回HAMMOND 1590Bに穴開け用に作った型紙(トップパネル,フロントパネル,バックパネル,45mmスピーカー部)のPDFファイルを添付します!(お愉しみに!)

まだ、配付希望受けつけています!
Little Buster(Surpass the nano head) 実験基板配付について
2011年05月03日 (火) | 編集 |
Little Buster(Surpass the nano head) 実験基板配付について

配付受付期間は、約1週間5/10 24:00までとします

なお、限定数を超えた時点で終了とします

IMG_3018

IMG_3020

毎回、同じ内容ですが先にお伝えします

1.このLittle Busterは「キット」としません、あくまで「実験基板」とします

なぜなら、「誰もが絶対完成できるっ!」などと保証できないので・・・

下の写真のように短く(テストのため長目にしたが・・・)スイッチ類を配線すれば無事動作すると思ってますが・・・

いろいろテスト中

2.この基板を作るにあたってケガ・事故などの責任はとりきれないので、一切責任を持ちません

3.実態配線図などはありません、前回のブログの回路図・部品表(後日作成します)を元に、自力で組み立ててください

4.未組み立ての“生基板”の転売を禁止します、購入した人のサポートもできないからです(組み立て後の転売は自由です)

5.以上から、ノー・クレーム,ノー・サポートとします

→ 配布後、このブログでできる限り組み立て方、解説、改造方法など展開しますが、すべての人に100%ご満足いただけるかどうか?の保証はできません

なお、質問・ご意見・リクエストなどは送ってくださってかまいません

1つ1つ返答はできないと思いますが、みなさんにお知らせした方が良いことはこのブログでお伝えします

申し込まれる方は、以上のことにご納得いただけたものとさせていただきます

この基板でいろいろパーツを試し、好みの音が得られることを祈ります!



☆ Little Buster 実験基板配付価格 16,000円(エクスパックによる送料込み)

 添付部品

 ・ 555タイマー,8ピンディップ・ソケット,スイッチング電源用FET IRFS740(フルモールド型),フィルムコン2.2μf,インダクター,1Kトリマー 各1個

 ・ スイッチング電源用スーパーファーストリカバリーダイオード 2個

 ・ チップコンデンサー47pf 3個

 ・ 6021Wソケット用ピン 16個

 ・ 私が、今回HAMMOND 1590Bに穴開け用に作った型紙(トップパネル,フロントパネル,バックパネル,45mmスピーカー部) 便利だと思う

 ※ 希望者数によっては、添付部品を増やします!


配付を希望される方はこのブログの左上「Mail」をダブル・クリック!

すると、あなたのメールブラウザが立ち上がります


そこに以下をコピー&ペーストで記入し、送ってください!

→ Yahoo Mailは当方のGmailで迷惑メールに振り分けられることが多いので、やめてください

件名 Little Buster実験基板配付希望

送信内容

1.氏名

2.郵便番号

3.住所

4.電話番号

5.何かリクエスト,ご要望があればご記入ください

Little Buster(Surpass the nano head) 回路図について
2011年05月02日 (月) | 編集 |
加筆修正しました!

久しぶりの2日連続更新!!

また、リクエストをいただいたこと・・・回路図など、告知もあるぞ!

2011 5月現在、Nano Headの回路図(schematics)は、Googleなどで画像を検索すれば、イージーに見つかるくらい晒された(たとえば、nano head schematicsとか・・・)

なので、私だけが“秘密を守る必要ないだろう”・・・ここで転載します

briggszvexnanoschema

この回路図を起こした人は、Nano Headをバラして確認した、となってるので、(そこまでしたなら)シグナルラインは「ほぼ正しい」と推断、電源部だけ"non original"となってる

= 回路図全体としては、「不完全」

= 補完が必要不可欠!!

そこで、シグナルラインを元に、

HAMMOND 1590Bに入るように

新設計した「Little Buster」

IMG_3018
最短・理想配線を徹底的にねらい、

音質調整パーツのスペースをできる

限り拡大し、プラス・アルファも加えた

IMG_3001

プラス・アルファの1つは、完成例で

おわかりのように、Nano Headの

1ボリュームから、2ボリューム

(ボリューム,マスター)に

グレード・アップ!!

まだまだあるぞ~!!


※ とーぜん、NANO HEADと同じ

1ボリュームも選べます!

IMG_3011

さて、うれしい催促をいただいたの

で、予定変更

「明日、実験基板配布の告知」

を出します

実験基板は限定数!!

(セカンド・ランあるのかな?)
Little Buster(Surpass the Nano Head)について
2011年05月01日 (日) | 編集 |
いくつか問い合わせをいただいたので・・・

お答えする形で


IMG_3011

実際の大きさは、このよう


手のひらにのるサイズ!


電圧は、“本家”と同様にACアダプタ

(秋月で購入)の12V/1.5Aを

電源として、

250Vを作りだしてる!!


IMG_3006.

リアパネル

IMG_3015.

アップで・・・

出力を3系統に切り替えられる設計

「in」 45mmの内蔵スピーカーから出力

「1/4」 リアパネル右端の「PHONE」から出力して、ギター・アンプのスピーカーに接続

→ このスペースに「PHONE」とペイントするスペースがないため、アメリカでは、この端子を"quarter jack"(1/4インチ ジャック)と呼ぶことから“省略して”この表記とした

「ex」 リアパネルのスピーカー端子から出力

→ オーディオ用スピーカーにかんたんに接続できる!!ので便利

この3系統でバラエティーに富んだ

出力ができて愉しめる!!


次回から基板,パーツ,サウンド,

組み立て方,MOD(改造方法)など

順にお伝えするっ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。