自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Little Buster (Surpass the Nano Head)披露いたします!
2011年04月29日 (金) | 編集 |
IMG_3003.

おまたせっ、ついに完成!

HAMMOND 1590Bにぶち込み

ました!

動作OKです!



この塗装で戦ってました!(苦笑)


シルバースパークルフィニッシュ!


MG_3008

Little Buster

(Surpass the Nano Head)


IMG_3005

IMG_3009

トップパネル上にファンを設置!

バッチリ冷却!


IMG_2987

ボトムパネルのスピーカーもこだわり

ました!

アルニコ45mmのスピーカー搭載!


詳細は次回!

スポンサーサイト
Little Buster 完成!
2011年04月23日 (土) | 編集 |
大変長くお待たせしました!

ここのところ、AMG W124(メルセデス)直すことに振り回されてますが・・・(苦笑)

忘れたわけではありません!

尖閣諸島問題でレアメタルに始まる輸出規制などで“凍結”させてましたが・・・

Little Buster テスト完了!

 現在、最終ケーシング中!


次回発表できるかな?

W124 AMG 300CE 3.4-4V 当時の状況・仕様・オルタネーター・バッテリー メルセデス
2011年04月21日 (木) | 編集 |
IMG_2416

小さな70Aのバッテリー

1,980年代後半当時のメルセデスの姿勢とオルタネーターの仕様

W124発売当時は、“経営が傾く前の鼻息が荒かった時代”、「強気」です


当然、このW124の設計は1,980年代後半よりもさらに前、基本姿勢は、「この車にあなたが合わせなさい」・・・ハンドルだってチルトしません「位置固定」です(爆)

車の仕様も、「基本的にドイツ本国のアウトバーンのクルージング」が基準

→ 間違いなく、エンジンは2,000回転以上回ってますね!(これがポイント!)

これが基準だから、制限速度が80キロの日本だと「高速性能は優れてる」ってことになるが、オルタネーターはその逆!!


IMG_2923


この時期のメルセデスのオルタネーター、“2,000回転以上エンジン回さないと充分な量を発電しない仕様”ときた

これを1,980年代の東京の渋滞に持ち込んだら・・・

ムリっ! バッチリ発電不足っ!!  へたすりゃ“マイナス・チャージ”(苦笑)

最悪のコンディションは、「夏の雨の夜渋滞、ヘッドライトオン,クーラー全開,ワイパーオン,オーディオをガンガン」といったところか・・・

→ 当然当時でもメルセデスはバッテリーが弱い!といわれました(正確には、オルタネーターだけど・・・)


W124の’92頃まで(前期・中期モデル)のオルタネーターの容量は、70A(後期型では、90Aに増強されたが・・・)


それも、2,000回転以上エンジンが回らないと70A発生しないとくる(苦笑)

脱線しますが、“2,000回転以上エンジン回してバッチリ出力”という傾向は基本的に現在も継続

現在は「仕様の決定時」に、「東京の渋滞もチェックポイント」になったので、対策としてW211,W212はアイドリング時の出力を上げたので渋滞につかまっても、ま、大丈夫ですね!

大事なことは、W124時代は「東京の渋滞はチェックポイントになってない」(W210から考慮に入れ、W212では発売前にかなりテスト走行&チェックしてます)

= 日本の(東京の)渋滞なんぞ考慮してない!!(← この事実は押さえておこう!)

→ また、メルセデスは、“いまだにアイドリング程度じゃ満充電可能なオルタネーターを仕様としない”ようです(アウトバーンを基本仕様とする姿勢を変えない、ってことかな)

話を戻して・・・

バッテリーも70A なんです!(苦笑)

当時でも、東京では不充分!

さらに、“電気&パワーを喰う”「エアコン自体が本国仕様では“オプション”」という仕様・時代

→ エアコンの長時間使用、なんて考えてないと言って良いでしょう!

こんなことまで加えたら、70Aのオルタネーター&バッテリーじゃ絶対ムリ!!(苦笑)


→ 事態は明白なのに、「なんで対策品(大容量オルタネーター&バッテリー)に仕様変更させられなかったんだろう?」 やっぱり“強気だった”んでしょうね・・・(苦笑)

W124 AMG 300CE 3.4-4V 電源系 メルセデス
2011年04月18日 (月) | 編集 |
IMG_2920

さらなる理由

1.20年近く経ってる車に対して

まず、基本的な考え方

この手の車を買ってメンテしながら乗る場合、“消耗部品”を交換してるか?目視でハッキリ自信もって判断できない場合、「交換」と考える

というのも、私はお金持ちじゃないが、不安を感じながら乗り続けるのは精神衛生上悪いし、おまけに、消耗部品を20年以上放置・無交換のまま乗り続け、エンコして修理工場に持ち込むハメになったら、みっともないことこのうえなし(爆・人間性まで疑われかねないっ?)

2.この当時、W124前期型(’92年頃までのモデル)のオルタネーター

「70A」とプアだから(苦笑)

他に根拠もあるが(後述します)、私は今回オルタネーターを大容量のモノで新品交換は必要不可欠と考えた

さて、オルタネーターの寿命は、使用状況によって異なるが、だいたい10年&15万キロ程度と寿命は長い

なので、日本車のモデルチェンジ周期,日本人の買い換え周期が短いこともあって、一般的にオルタネーターを交換するまで乗り続ける人は少ない(大概、買い換えてるでしょう)

なので以下の条件では、交換済み or 無交換の判断は目視でないと難しい

かくいう、私も初めてのことだ!(笑)

1.発売後20年近く経った車

2.12万キロ以上の走行距離


→ ディーラーの“おまかせ整備”なら、交換してるが、距離的には微妙なところだ・・・

IMG_2921


そこで、目視,チェック・・・ん、あらら~

「げげっ、間違いなく無交換!オリジナルのオルタネーターじゃん!」

IMG_2923

通称“初期型”といわれる「アウターフィンタイプの70A オルタネーター」がついてるぅ!!

これは評判が悪く、W124に乗り続けてる人なら、まず交換してるパーツ

う~ん、このオルタネーターを使い続けてたとは・・・(前オーナーはどういう使い方をしてたんだ?困らなかったのか?)


→ ちなみに交換するなら、このアウターフィンの70Aオルタネーターの新品は、まず再装着しない

→  同じ70Aタイプを使うにしても“対策型の”インナーフィン・タイプ

→ オルタネーターの寿命的に考えれば、10年近く乗ってからの交換するので、W124後期型に使われた90Aのオルタネーターに通常交換するのがセオリー

かくして、「大容量のオルタネーターへの換装決定」でございます!!(はぁ~・・・)

せめて、後期型に使った90Aのオルタネーターに換えてて欲しかったぜ・・・(苦笑)
記事がアップできないぞ~(怒)
2011年04月17日 (日) | 編集 |
記事がアップできないぞ~!!

おまけにアップした記事を削除してるぞ~!!

どうなってるんだ!!
W124 AMG 300CE 3.4-4V 3rd stage へ
2011年04月12日 (火) | 編集 |
かな~り、“ゴムの交換”シリーズが多かったが、この辺で2nd stageを終了し、自分で交換・改良を想定してること 3rd stageへ移行する

まず、“電装系”の適正化・強化

内容は、LED化,オルタネーター交換(大容量化),大容量バッテリーへの換装,アーシング

あれだけゴム関係が朽ちて交換しなければならなければ、真っ先に行う予定だった(苦笑)

IMG_2430


まず、各ランプのLED化

ランプのLED化=若者の好み と思われそうだが・・・

まったく違うところに理由があるっ!

このテーマはロングで展開!

以前、W210でも各ランプをLED化した

ルームランプ(フロント,リア),マップランプ,ドアのカーテシーランプ,助手席グローブボックスのランプ,サンバイザーのランプ,ラゲッジルームのランプ

これらをLED化

なぜか?

これらのランプを使うときはほとんどがエンジンが動いてないとき

=発電してない

=バッテリーを消耗させる

※不必要にバッテリーを消耗させたくない!

実はこれらのランプって思ったより明るくない割に、規格を見ると12V/0.8Aといった感じで“えらく電気を喰う”

それも発電してないときにバッテリーを消耗させる

毎日車を使ってるなら影響ないかもしれないが・・・できるかぎりバッテリーを消耗させたくない

最近の車は良くできてて、オルタネーターの発電量も多く、バッテリーの消耗など意識せずに乗れるようだが、私の今までの経験だとそうはいかなかった(苦笑)

発電量以外に、バッテリーの状態も大切!

“バッテリーが、ぐでんぐでんの車”に乗っていると、ルームランプをちょっとした時間つけてただけで、「セルが回らない!」ってことすらある

バッテリーが弱ってるかどうかはセルの回り方で判断できるので、チェックは習慣だったりする(苦笑)

総括して、電装系強化の手始めとして、(バッテリーをできる限り消耗させないために)LED化する

とここまでは、一般的に誰にでもお薦めできる理由だ

さらなる理由が、発売後20年近く経った車&メルセデスにある(うぎゃ~!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ワイパー交換
2011年04月09日 (土) | 編集 |
IMG_2895

やっぱり、ワイパーブレードも使いものになりません(苦笑)

→ 交換です

たいしたネタじゃないけど・・・

何も知らずに簡単なワイパー交換を行うと、「ギョッとすること」がある

このW124から1本のワイパーで全面を拭き取る“ニュースタイル”にリニューアル

→ 現在Cクラスはコンベンショナルな2本式に戻ってます(戻す方向で進むような気がする)

この1本式の動作、なかなか凝ったモーションで2本式よりも拭き取り面積が広い、というこだわりぶり

だが、1本ですべてをまかなう長いワイパーブレード、必然的に動く距離も多く消耗・劣化しやすい

そして、1本式でフロントグラスのの曲面をすべてカバーするため、ワイパーを押しつけるバネの強さが(2本式より)かなり強い


このバネの強さは、W210の方がはるかに強い! W124は、それほど強くはないが・・・

IMG_2894

な~んも考えずにワイパーブレードをハズすと「(アームが)バチッとフロントグラスを叩いて、運が悪いと傷つけたりします」

ということで、手ぬぐい、タオルなどを“クッション”として用意しましょう

ま、用意しないにしても、このことを知ってるだけで自分で注意すれば“防止できる”でしょう・・・

健闘を祈る?(笑)
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ロッキングアイ交換
2011年04月04日 (月) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 727

Lttle Lucy fully completed 726

個人的には、見た目のすり減り方を見ると「交換しなくても大丈夫、充分OK!」と思いますが、この程度でも交換するとフィーリングが変わるらしい

Lttle Lucy fully completed 729

細かく消耗パーツを買うついでに買ってみた

これは、トルクスで止まってる

緩めてハズして、交換してまた締めるだけ、これまた簡単!!

Lttle Lucy fully completed 730

ちょっと脱線するが・・・

メルセデスに乗ってるなら、トルクス,E型トルクスは持ってないと苦しい、一般的に六角ボルトが使われてるところが、「より大きなトルクをかけることができるため,なめることを防止するため」トルクス,E型トルクスに置き換えて使用されてる

→ 持ってなければ、これを機会に買いましょう!

Lttle Lucy fully completed 732

Lttle Lucy fully completed 733

こうやって見比べると、結構すり減ってるね!

Lttle Lucy fully completed 735

Lttle Lucy fully completed 734

Lttle Lucy fully completed 731

ロッキングアイも改良してる! ごつく大きく太くなってる(こういう部品のグレードアップをメルセデスはよくやります!)

話を元に戻して・・・

ドアの開け閉めに直接関わるので、アタリ具合の調整をします(というレベルじゃないけど・・・)

調整方法

いくら交換したから、といっていきなり締め上げてはイケナイ!(爆)

多少ロッキングアイが動く程度に緩く締めておいて、ドアを何回か開け閉めして、微妙に位置を動かし、“ドスン”といい感じで閉まる位置を自分で決めます

→ 微妙に動かしてもあまり変わらないんじゃないの?と思ってました(苦笑)

→ だが、やってみると微妙に動かした程度で、かなりフィーリングが変わるってビックリ!(自分のフィーリングで決めればOK!)

決まったら、締め上げます!
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス トランクストッパー交換
2011年04月01日 (金) | 編集 |
IMG_2388

トランクストッパー(アッパー)588円
IMG_2389

トランクストッパー(ロアー)693円
IMG_2390.

これも写真のようにボロボロになってて、用をなさない

IMG_2386.

IMG_2387

さすが、20年近く経ってると、かなり “くたって” ますねぇ・・・(あきれる、換えとけよ!苦笑)

金額が低いだけに、品番を調べて発注するテマがかったるい

→ 仮に、ディーラーに行って、「これとこれとこれっが欲しいっ!」って見てもらって、“すぐにそのパーツが出てくるなら、その方が速いし、ラクだし、時間・さまざまなテマを考えるとクレバーなんだけどねぇ・・・(苦笑)

IMG_2398

これは、6角レンチで止まってるので、交換ラク!

すぐに終わります!