自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
桂川解禁 なんとか行ってきた
2011年03月29日 (火) | 編集 |
ブログ用IMG_2864

尺ヤマメを持って記念撮影!(尾がバッチリ伸びてるのと、体高の高さがおわかりいただけると思います)

年度末の忙しさ、計画停電の最中、ムリプッシュで行った

桂川解禁

オーソドックスに考えれば、状況が状況だけに人が少なく“楽勝の釣り”を想定・期待したが・・・

なんでだ~? 逆だぞ~! ここ数年より多い!(あぁっ)

例によって信じられないモンスターがガンガン来る


IMG_2861

上から2匹目のヤマメが会心の一発 尺ヤマメ 体高も高く、尾もバッチリ さらに、マスは40cm級

IMG_2862

うれしい!!

スポンサーサイト
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ヘッドライトワイパー交換 
2011年03月26日 (土) | 編集 |
IMG_2600

ヘッドライトワイパー

IMG_2412

現在の車にヘッドライトワイパーという “前時代のギミック” は搭載されてない

ヘッドライトウォッシャー が一般的な装備

だが、ヘッドライトワイパー、今となっては、“なかなか味のあるギミック”

個人的には、大げさでステキ!(笑)

おまけに、この短いヘッドライトワイパーに、見えないようにさりげなくわざわざウォッシャーまで仕込んでる “こだわりぶり”(驚)

見たら、ワイパーブレードが 「もげてなくなってるっ!」 (あらら~ 苦笑)

これも見事に朽ちてるっ!(苦笑)

取り寄せ交換しなくっちゃだわっ!

A 124 820 02 45 0067 たしか、1個約1,000円(正確な額 忘れました 苦笑)

IMG_2411

ちなみに、このブレード部のプラスチック&金属までブラックアウトならぬシルバーアウト(ボディーと同色で塗装する この車の場合は、「ブリリアントシルバー」という銀色)で塗装されてます

→ ちなみに、ノーマルのメルセデスは、「金属はアルミの地肌のまま、プラスチック部はプラスチックの地肌の黒のまま、どちらも未塗装」がオリジナル


AMGってここまで徹底的に塗装を加えてるのね!(驚)
またしても表彰台から滑り落ちたぁ~(苦笑)
2011年03月23日 (水) | 編集 |
IMG_2860

今年もなんとか行くことができました!!

年度末の3月に渓流解禁、っていうのはキツすぎるぅっ!!

4月1日=“通常休むことが不可能な日”が解禁日、という川もけっこうあったりする(驚)


鮎沢川解禁&釣り大会

解禁日に釣りに行くのは好きだが、大会にエントリーするのは苦手な私

渓流釣りは、人と競うためにやってる

趣味じゃない

だが、エントリーする以上は・・・


IMG_2858


またしても表彰台から滑り落ちるとは・・・

それも「3位の人とは2mm違い」という僅差!!

表彰台に上がりたくてやってるわけじゃないけど、数年続けて“おあずけ”っていうのも・・・

相棒から「もっと粘れ!」と、いつも言われてる私(爆)

相棒は、表彰台の常連

う~ん、これが違いか・・・
ヘッドライトを固定するプラスチックを交換
2011年03月20日 (日) | 編集 |
IMG_2391
メルセデス ベンツ AMG W124 300CE 3.4-4V

品番 124 821 05 20 @250円

前のオーナーとってもハッキリしてる、“乗りっぱなし”といおうか、何というか・・・


IMG_2385

エンジン,AT,クーラー以外は“ノーメンテ”って感じ

IMG_2392

なので、いたるところのゴム・プラスチックが経年劣化で壊れてる・朽ちてる(苦笑)

こういったパーツの交換作業がどっちゃり!(はぁ~・・・)

安いのはうれしいが、品番を調べるのがかったるい

それでは、交換作業

IMG_2384

IMG_2414




これは簡単! ネジと同じに“時計回りにねじ込んで、おしまい”
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ヒューズ全交換 
2011年03月16日 (水) | 編集 |
IMG_2440
メルセデス ベンツ AMG W124 300CE 3.4-4V

ヒューズを発注、そして、到着

IMG_2442

接触抵抗を少しでも減らすために、接

点をバッチリ磨いた

Lttle Lucy fully completed 720

そして、“赤ケイグ”を塗った

IMG_2444

IMG_2447

このように“事前準備”をしてから、ヒューズを全交換!

Lttle Lucy fully completed 717

作業の最中に、ヒューズ・ボックスから

ボディーアース(オーディオで言う

シャーシ・アース)を発見!!


「このアースも“オカルト現象”に係わってる可能性は否定できない!せっかくだから、ここからもダイレクト・バックしておこう! ヒューズのアースなので大電力用の太い配線材は必要ない!」

ということで、8 AWG(ま、これでもけっこう太い)でダイレクト・バック(写真では、黒い半透明の配線材が8 AWGのケーブル)

全作業を終え、イグニション・オン!

テストしてみる・・・

パワーウインドー開閉

オーディオの操作


おっ、ウインドーはドア閉めたままでも

ちゃんと開閉するし、4つスピーカーが

ず~っと鳴ってるっ! “オカルト現

象”が出ないぞ! やったね!

こんなことで解消しちゃってイイのかな?って疑問は残るし、ヒューズ・ボックスのアースをダイレクト・バックしたので、切り分けて確認しないと「どっちが犯人か?」特定できないが、「ま、解消しちゃったので良し!」とする(爆)

→ まだまだ、メンテするところがバッチリあるので、こんなことにこだわっても・・・(苦笑)

「ヒューズが犯人かっ」って感じがしますが・・・

結論として、ちまたで言われてる「ヒューズ全交換」は、とりあえず真実、とします

そして、今回の経験から言えることは、(ヒューズ全交換は)高額じゃない(2,000円弱)ので、中古車を買ったり、譲り受けたときは、最初に行うメンテの1つ、にしても良いでしょう

よけいなトラブル抑止になり、そして、お手軽なのでお薦めします!

さて、次は何が出てくるでしょうか?
無事ではないが、大事にはならなかった 地震被害
2011年03月12日 (土) | 編集 |
2011年3月11日 地震の被害を被られた方にお悔やみ申しあげます

私は、東京に住んでますが、それでも被害に遭いました

まず、人生初めて「帰宅困難者」になった

IMG_2840

何十年かぶりに、自転車を買い、30kmを超える道のりを えっちらおっちら漕いで帰りました

30km以上の自転車漕ぎは、これまた人生初、初体験でした

所要時間は、2時間強

おしりが痛くなりました(苦笑)

今日は、膝のあたりが筋肉痛です

私の家は、4階 当然、1階よりは揺れは大きい

帰宅後、おそるおそるオーディオを見た

想像どおり

ALTEC 803A(Bではない) 100ポンド(約45キロ)の重量

それに、砲金のダブルスロート

アルテックドライバー 288-16Gをダブルで搭載してる

総重量 100キロの ドライバーシステム

IMG_2837

落ちました

IMG_2838

アルテックの格子のフロントをぶっついたり、前に置いてたスピーカーボックスを傷つけたり

だが、貴重な803Aは 変形してなかった

ほかのところに置いてあった、JBLのスピーカーのコーン紙を2本破いただけだと思う

他に、貴重な直熱3極管(記事としては既発表・真空管)が落ちていたが、ボックスに入ったままなので、まあ大丈夫だと思う

→ とても全数をテストできる量じゃない(苦笑)

もっと、大惨事を予想してたが、


JBL2本が“身代わり”になって


救ってくれたようだ



感謝します
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ヒューズ 「オカルト現象」 その2
2011年03月10日 (木) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 713
メルセデス ベンツ AMG W124 300CE 3.4-4V

たしかに、アースの帰路を2つに増やしたことは効果があった

ヘッドライトが明るくなった

だが、結論として“オカルト現象”は解決しなかった!(く~!)

加えて、この“オカルト的アース不良”は、くだらないレベルのアース不良と感じてる、「どこか、ちょっとしたところだろう・・・」

そんなことを考えてたら、ハッと思い出した

ヒューズ

W124などのセラミックヒューズを使用してる車は、年数が経つと“見た目は大丈夫”でもなぜか導通が悪くなってる場合があるってこと

なので、中古車で買った場合は、ヒューズは基本的にな~んも考えずに交換が当たり前といわれるパーツ

しか~し、断線もしてないヒューズが導通の不良? 最悪、よっぽどひどく錆びててるのを削り取ったにせよ、つながってるのに導通不良って、あるのか?と疑問視してるのもあって忘れてた! 

どうも、“オカルト現象”に気をとられて思い出せなかった!(苦笑)

あらためて、ヒューズボックスをあけてヒューズをチェック!

Lttle Lucy fully completed 725

げげっ、白く粉をふいてるモノもあれば、銅色がうんとくすんだ10円玉みたいになってるモノ、なんか接点部分の銅が減ってるモノ、とヒューズにもいろいろ人生があるようだ(爆)

でも、導通不良を起こすほど、ひどいモノは見た目じゃないが・・・(この期に及んでまだ、半信半疑な私 苦笑)

→ う~ん、ヒューズ全交換を試す良い機会だな!

→ かといって、ヒューズを買ってないので交換できない(あらら~)

→ ヒューズを発注するが、それまでの間に、ヒューズ磨いて、接点復活剤塗布 で対処してみるっきゃない!

Lttle Lucy fully completed 721

接点復活剤は、久々登場のオーディオ用“赤ケイグ”

これを磨いたヒューズ,ヒューズボックスの接点の両方に塗布

Lttle Lucy fully completed 722

おっ、ビンゴ!当ったり~! かなり改善された

それでもときおり、“オカルト現象”が起きる

ということは・・・

犯人は、ヒューズってか・・・

じゃ、新品のヒューズに全交換すれば、直るかもしれない?
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス 「オカルト現象」
2011年03月06日 (日) | 編集 |
IMG_2416
メルセデス ベンツ AMG W124 300CE 3.4-4V

この写真の“プアな小さい”バッテリーは交換予定(織り込み済み 笑)

動くこと“だけ”は、まともなW124 AMG 300CE 3.4-4V

だが、それ以外は「はぇっ!!」という、“奇怪な現象”がいくつも・・・(苦笑)

1.(ほとんどの場合)ドアを開けないとパワーウインドーが動作しない

→ 正体不明の“オカルト現象”(爆)

→ でもって、“機嫌が良いのか?”ときおり、ドアを開けなくても、ちゃんと正常動作するときがある

2.カーステレオが左前だけ鳴らない

→ ときおり他の3箇所も鳴らなくなったり・・・

→ ほんの一瞬4つ全部鳴ってみたり・・・


これ、どちらかだけならまだ考えやすいが、全く違う事象が同時に起きることが信じられない!(苦笑)

などといってても始まらない!

まず、“オカルト現象”をバスターすることから始める

さっぱり想像つかないし、「アースが不充分」としか考えられないが、「こんなアース不全ってあるのか?」(苦笑)

仕方ないので、「アーシングという考え方より、アースの集合点から直接バッテリーのマイナスへダイレクトに戻すラインを増やすこと」を試す

10年も経てば、車は配線材の銅が錆び直流抵抗が増え、電圧降下、レギュレーションが悪くなる

仮に治らないにせよ、電圧,レギュレーションが改善され調子が上がることは間違いない!

さて、“オカルト現象”解消できるか?
IMG_2419

まず、バッテリーはボンネット部右手前にあり、フロント右のサスペンションのアッパーマウント近くにマイナスを落としてる(15cm程度の2 awgって感じ)

これを、オーディオテクニカの2 awgのスズめっき線にリプレイス、スズは錆びないのでうれしい!

あわせて、バッテリーターミナルのマイナスをオーディオテクニカのモノにリプレイス

→ これで、数本直接バッテリーターミナルに“ダイレクト・バック”できる

オリジナルが「たった1本でマイナス端子に戻ってくる」のが、2本になるだけでも配線材の直流抵抗は半分になり、電圧降下も半分になる

→ 4~5本“ダイレクト・バック”すればかなり電源のレギュレーションは改善するでしょう
IMG_2420

2本目、対称位置にある、フロント左のサスペンションのアッパーマウントからも“ダイレクト・バック”

→ 右ハンドル車はここから戻すので、“重要なアースポイント”と考える
2011 3月1日 渓流解禁日 釣行!
2011年03月02日 (水) | 編集 |
IMG_2812

なんとか、今年も解禁日釣行に行けました

結果は、良くもなく、悪くもなくといった感じ

IMG_2813

型は、22cm~25cmクラス(20cm級のオンパレードじゃなくて良かった)

IMG_2814

“尾がバッチリ伸びてる”天然物のイワナが出たのがうれしかったな!