自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血尿 つづき
2010年10月31日 (日) | 編集 |
その日、気になって数多くトイレに行った

なぜか、少しずつ 薄くなり、最後には 尿が普通の色に戻った

「何で?」

多少ホッとはするものの、“まったく、根拠がない”

おまけに元に戻るまで“まったく、痛みもない”

余計おっかなくなってきた

そして、就寝

なんか急激に痛くなってきた(腎臓のあたりが・・・)

マジ 痛い!!

理性では痛くなって、それなり納得するが、今度は痛くて眠れない(苦笑)


トイレに行った

ぎゃ~、真っ赤

痛み止めを何回も飲んだが、効かない

ロキソニンを3個飲んで、多少緩和されたが・・・・

この身体の異変におっかなくなり、今度は眠れない

翌日、痛みもあり、おっかないので休みをとって、病院へ行った


「CTスキャン」の予定を入れてもらった

痛み止め、尿管を広げる薬 などをもらって帰宅
スポンサーサイト
なんじゃこりゃあ・・・えっ・・・あっ・・・
2010年10月27日 (水) | 編集 |
ここのところ、更新できなくて申し訳ない!

公私ともに、なぜか異常に忙しい・・・

仕事のことは、さておきプライベートでアクシデント,トラブル,出来事が吹き上がった

すべてのことの始まりは、日曜の朝

起きて、トイレに行った

ちと汚くて恐縮だが・・・(苦笑)

「なんじゃこりゃあ!!! 小便が麦茶色!!!」

“痛みがない”

痛けりゃ、それなり納得するが、まったく痛みがない

何か知らないところで、私の体に異変が・・・

一気に眠気覚めた!!!

思うところがあって、朝食後もう一度トイレに行った

小便をした “真っ赤” 思いっきり 「血尿」

うぎゃ~!!

なんとな~く想像したが、リアルな現実!!!

身に覚えがない!!!
まじ、困ってる!
2010年10月20日 (水) | 編集 |
“Little Buster”の基板CADはもう1ヶ月くらい前に完成してる

どこの業者に頼んでも、極端に追加料金を出さない限り、最終的に作るのは中国

発注しようとしたら、尖閣諸島問題勃発!

ニュース,新聞で報道されたとおり、「中国の税関がイジワルしてる」

つい数日前の新聞でも、「中国の規制は解除されてない」


こんな“とばっちり”はイヤだ!

発注できずに困ってる!
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 7
2010年10月13日 (水) | 編集 |
IMG_2315
前述の2パターンは、あくまでアタマで考える理想像であって、実際に出てくるとは思わなかったが・・・

2~3週間ウォッチしてたら、オクに出てきた

それも、2120の紙・センターコーン版

ビックリ!

2121のクロスエッジのように、誰が考えても理想型じゃないし、余計な改造なので安かった!(ラッキー!)

→ フツ~なら、これは買わないよねっ!(爆)


速攻! 無風!で落ちました

う~ん、こんなことってあるんだね!


組み込んだ写真がこれ!

IMG_2319


インプレ!

こっちのがイイね! さらに、華(はな)があるっ!

2120 能率は、98dB


LE5-2の95dBよりも高い!

ウーハーの方が能率が高い方がベターなのだ!


別の視点からみると、JBLなのにウレタンエッジじゃないので、この組み合わせは“メンテナンス・フリー”っていうのもうれしい!

やったね! こいつを手放すことはないだろう! それくらい気に入ってる!
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 6
2010年10月07日 (木) | 編集 |
IMG_2314

実は、JBLの10インチで“こういうMOD(改造)されてる”のが出てくれば良いなぁ・・・と思ってるモノがあった

だが、それはちょっと “おバカ” 

そして、自分でやるには気が引ける“MOD”

それは・・・

モデルは、2120 の MOD(改造)版

これは、「フルレンジ」

JBLのフルレンジのスピーカーには、「アルミのセンター・コーン」がついてる


これは、聴き比べるとわかることだが、「確かにアルミのセンター・コーンは紙のセンター・コーンより、高域をエンハンスする」

IMG_2315

なので、2120をわざわざ紙のコーンに張り替えた“MOD”したモノがあるといいなぁ・・・と思ってた

でも、通常で考えれば、ミッドバスの2121を使う方がセオリー、わざわざ貼り替えてまで2120を使うことはしない

(好みは別として)2121(アルニコ)のクロスエッジ版が出てくれば、魅力的だが・・・

この2つのパターンを理想像として描いてた!

ま、どっちもめったに出ないでしょう!

脱線するが・・・

2121、それもアルニコ・バージョンのクロスエッジ版は、ウレタンエッジがとろけて、貼り替えるときクロスエッジを指定した場合しか存在しない

→なぜか? 貼りかえるときに、“もう一度純正のとろけるウレタンエッジで交換”する人が多いようだ

→なので、わざわざ高い交換費用をかけ、さらにクロスエッジを指定するような人は、コンセプトをもっての指示なので、大事にしてるでしょうし、そう簡単に手放さないよね!(笑)

IMG_2312

ちょっと話を戻して・・・

私は、考えるところがあって 「2120の紙のセンター・コーン版」 が第一希望

というのは、ボイスコイルの材質がポイント!

JBLはフルレンジに「アルミのボイスコイル」、「銅のボイスコイルは、ウーハーがメイン」と使い分けてる

銅の方が耐入力が高いことも理由だが、聴き比べると音質が異なる

ウーハーに使ってるように、銅の方がズシっと重量感のある音質を持ってるのだ


アルミの方は、この重量感があまりない、どちらかと言うと「ふわっとしてる」


→ この重量感がないのを「軽やか、軽快」ととるか、「軽い」と感じるか、で答えは違うが・・・


→ 私は、銅の重量感のある音質より、はるかに自然に感じる音質のアルミのボイスコイルを好む


→ 銅の音質の重量感に脚色を感じることがある

でもな~、なぜかLE5-2ってボイスコイルが銅なんだよね!(ちょっと、不思議!)

これは、JBLのパターンからいくとウーハーじゃないので、アルミ・ボイスコイルと思ったが、センター・コーンが紙ということで銅のボイスコイルなのかな?

それとも、ミッドの帯域で浸透力を出すために銅を使ったのかな?
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 5
2010年10月05日 (火) | 編集 |
これで、「このスピーカーは完結した」と思ってたら、

さらに展開するとわ!

個人的に、なんともビックリ!
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 4
2010年10月02日 (土) | 編集 |
IMG_2310

意を決して、ジグソー&ハンドカットで、穴を拡張

仕上がりは・・・

次・・・

よ~く、考えると「この位置決め」ってけっこう難しい!

技術不足により、正確な円じゃないので“現物あわせ”という余計な条件が加わってしまった!(く~)

ボックスの裏から、実際に(重い)ウーハーをバッフル板にあてて、表から見てズレてないか? を確認し、ボックスの裏から位置決めのポイントを打つ

→ スピーカーをずっと持ち続け、バッフル板にあてたまま位置決めのポイントを打たなければならない!

本来、4mmのネジを使うべきだが、手持ちで長いネジが3mmしかなかったため、これで良し、とした(穴の拡張はカンタンなので・・・)
IMG_2311

なんとか、穴あけも終わり、スピーカー端子回りも加工し、いざ取り付け!

LE10はスルー、LE5-2はシンプルに6dBのクロスでつなぐ

試聴

マジうれしい!

期待どおり!の音が出た!

高能率に加え、バックマウントとした効果もあって、“音飛びバツグン”

LE5-2は、スピード感があり、“華(はな)のある輝かしい音質”

やはり、LE10は能率的にちょっとツライなぁ・・・

曲の帯域バランスによっては、“あらら~”もある(笑)

それでも、こっちの方がイイ! とっても魅力的!

常用してるアルテックA5よりも、気持ち良い!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。