自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 3
2010年09月30日 (木) | 編集 |
IMG_2302

そこで、たまたまオクで安く出てきた「LE10」(←LE10Aじゃない)、「オリジナルのゴムエッジに亀裂はあるが裂けてないコンディション」(かなり良いコンディション、といえる)が安く出たので、(能率は負けてるが)選択の余地が無く落としてみた(苦笑)

→ 前回お見せした2121は投入しない!

ただし、LE10は能率が低い(それでも、91dBだが・・・)ので、「仮」とする

このLE-10がうまくマッチングしないときには、LE8-Tのウーハーとして、組み合わせれば能率的にバッチリだ!

また、聴いてみてあまりにLE5-2がすばらしければ、“虎の子”の2121を組み合わせるかもしれないが・・・

とりあえず、LE5-2と組み合わせるウーハーを手に入れた

なんとか、2ウェイが組める状況になった

「LE10」は、落とすまで詳しく知らなかったが、生産時期が短く数も少ない、すぐにサフィックスつきの「LE10A」にとってかわり、こちらは長期に渡って生産された

→ たまたま“レアもの”を入手してしまったようだ

IMG_2299
条件が整った、だがここからが、問題!!

さて、20cm→25cmと、穴をどうやって拡大するか?


第1のハードル

これは悩んだ!

ジグソーでハンドカットするにも、すべてをジグソーでくり抜けないくらいバッフル板がタイト!

部分的に、“糸鋸でハンドカット”しなければならないところが出てくる

ジグソーだって、上手にキレイに円にカットできないのは、前に書いた車載用ウーハーボックスのときに、つくづく実感してる(く~)

それを超える、“糸鋸でハンドカット”は、マズイ・・・

第2のハードル

LE5-2が付くところは、「ボックスのバスレフダクト部分」を流用・拡張するしか場所がない!(さらに別に穴を増やして開ける気になれば別だが・・・)

こちらもバッフル板の「端ギリギリ」なので、糸鋸でハンドカットが必要不可欠!

できれば、もう少しウーハーに近づけたいが、SP-50には3cmのツイーター用の穴が20cmフルレンジの直近に配置されてる

そのため、20cm→25cmと拡張すると、ツイーターの穴ギリギリまでくるため、これを利用することができない

第3のハードル

これがコンセプト的に一番重要

音飛びを重視してるので、「頂角を深く取りたい!」

→「バッフル板を頂角として使用する」

→「バックマウント」


= 切断面が見えてしまう

= 美しく切りたい!


理想像は簡単に描けるが・・・(苦笑)、クリアすべきハードルがキツく、自分の技量がはるかに及ばない

困ったなぁ・・・

いくら悩んでも考えても、自分の工作技量が上がるわけない!

集中を高めて臨むしかない!(苦笑)
スポンサーサイト
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 2
2010年09月27日 (月) | 編集 |
IMG_2301

そこで、JBLの30cm(12インチ)のウーハーを置いてみたが、ムリっ!

結論として、このボックスには25cm(10インチ)が限界!

できれば、12インチを組み合わせて“最強”をねらいたかったぜっ!

脱線するが・・・

JBL最大ボイスコイル径は4インチ=最大・最強のマグネット

これは “基本的に” 15インチに限られる

これより小さい、10,8インチのモデルは、「口径15インチ&ボイスコイル4インチ」を基準として、「比率でボイスコイル径&マグネットをスケールダウン」して搭載

だが、唯一12インチだけは比率でスケールダウンさせず(流用によるコストダウン?)、そのまま15インチ用の4インチボイスコイルを使ってる(123系のスピーカーを除く)

つまり、JBLでは、12インチが15インチ用をそのまま使ってるため、マグネット&ボイスコイル径が比率的に“最強・最大”なのだ!

だが、ウーハーは10インチから選ばざるを得ない(く~)

話を元に戻して・・・

JBLで10インチのスピーカー、それも、アルニコとなると選択肢がひどく狭い


口径が “中途半端” なせいか、フルレンジ、ミッドバス、ウーハーが混在、、組み合わせにもあまり使われない(使いづらい?)こともあって、種類も少ない

IMG_2318

オーソドックスに考えれば、2121がベストだが、こいつはプレミアがつき高騰、それになかなか出てこない!

よって、ユーザーも少なく、あまり手放さないせいか、JBLで10インチ系の良いモノの入手は難しい

IMG_2316

私は、かなり前からこのことを聞かされてたので、1セットだけは良品を確保してある!

これは、ウレタンエッジでない「ゴムエッジ」バージョン


とりあえず、加水分解でとろけない!
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 1
2010年09月23日 (木) | 編集 |
IMG_2299

「新潟のよし」さん ありがとうございました!

完成遅れて申しわけありません!

どうやって穴を拡張するか?で悩んでました!

やっと、なんとか穴を開け、組み込みました!

それでは・・・

ここのところ、BUSTER&Little Busterで自分を追い込んでた これは、しばらく“地下潜行”

ちょっと、ひといき・・・

お待たせしました! Back to Audio !

Prelude

ことの発端は、「LE5-2(or 2105)」 (これ以降、「LE5-2」と呼称する)というJBLのコーン・スコーカー
IMG_2303

スペックは、

13cmのコーン・スコーカー

ボイスコイル 2.2cm

ここまでは、ありふれてるが・・・

磁束密度は、なんと16,500ガウス!!

マグネットは、アルニコ最強の「アルニコⅤ」


“モンスター・スコーカー”

IMG_2305
このマグネットのでかさ! ハンパじゃない! 縦横比1:1って感じ?(爆)

スコーカーといっても、スペックが、“完全にドライバー”!!

おまけにコイツは、ドライバーみたいに特性表上で“高域が荒れてる”ところまでそっくり!(爆)

le5 2 images

なんで、こんなに能率が突出したスコーカー作ったのかわからないけど、すごく興味があって、聴いてみたかった!

経験上、こういうヤツは“華(はな)のある音質”を持ってる・・・

→ フツ~に考えれば、あえてここまで能率の突出したスピーカーを、コストかけて造る必要ない(わざわざ強烈にアッテネートするわけだし・・・)

ネットでみると“これ一発のフルレンジ”で使ってる人すらいる

なるほどね! わかる気がする!

「これ一発でいく!]ってことから、「それでもイイ!」と感じさせる魅力(魔力?)がある!って想像つく

だが、“コイツ一発”じゃ、さすがに低域が足りない!


さて、私はできる限りアッテネートしたくない(どっちかというと、絶対したくない!)

→ ここが“華(はな)”の重要なポイント!

で、ウーハーを組み合わせなきゃならない!

アッテネートなしだと、15インチの JBL 150-4Cくらいしか太刀打ちできない

→ 持ってません! でも、コイツを組ませたら、“おバカ”って言われるね!(爆)


となると能率的には、同じく15インチの130Aくらいしかないが・・・

そうなると、スピーカーボックスのSP-50に入りません!(爆)

やっぱ、ブックシェルフ・サイズってこの大きさがリミットでしょう!
手組みする NE555のSW電源(スイッチング電源)
2010年09月20日 (月) | 編集 |
「手組み」って、けっこうキツイんで、できる限り敬遠してるんだけど・・・(笑)

やりましたぁ!

Lttle Lucy fully completed 669

SW Power Supply NE555

デカイ2.2μFのフィルムコンのところがあいてるのは、「ダブルにして容量アップと、さらなる低ESR化する必要があるかもしれない!」という可能性に対処するための“保険”


ダイオードは「パラ」

Lttle Lucy fully completed 655

今回、「“お得意の”ワイドミューラーの端子台」が売り切れで、入手未定、という悲しさがある

この2つのワイドミューラーは他に使うところが決まってるので、今回使えないのだ!(く~)

そこで、仕方なしに「青い端子台」を使ったが、「プアすぎる」

→ ネジ、端子部の材質 どれをとっても良いところがない

ただでさえ、“端子台というあまりよろしくないパーツを使うのだから”、「ちゃんとした部品を使いたいところだ!」

これは、音も悪いだろう・・・こういうところ値切っちゃイケナイ!
Lttle Lucy fully completed 668

話を戻して・・・

さあ、テスト! 実測してみよう!

12VのACアダプターをつなぐ

おっ、しっかり電圧が出るぞ!

Lttle Lucy fully completed 660

200Vを軽く出した!

Lttle Lucy fully completed 657

「今回の想定動作点210V」をクリア!

Lttle Lucy fully completed 658

250Vを突破!(驚)

ここでテストはやめた(もう充分でしょ! 笑)

だが、バーンズのトリマーは回しきってない(ビックリ!)

さらなる高電圧は出せるハズだ!


では、どこまで下がるか?

Lttle Lucy fully completed 659

なんと、100Vも出せる!(驚)


ま、これもここでテスト終了!(こんなもんで充分でしょ!)

トリマーをこちらも回しきってないので、まだ電圧は下げられる!(スゴイね!)

たいしたもんだ! 12VのACアダプターで、20倍以上の電圧を出せるし、可変範囲が100V~250Vというブロードさ!

そして、大事なテスト!

1時間通電したまま“放置”

すばらしい!

こいつは、テスターが喰う極少消費電力量でも“死なない”

MAX1771EPA+で、これをやると10秒程度でいともあっさり死んでくれます!(爆)

この、NE555によるSW電源、使える! 電圧の可変範囲は広いし、消費電力量が極少でも問題ない(死なない!)

1つあると便利だね!
NE555のSW電源(スイッチング電源)
2010年09月17日 (金) | 編集 |
SW Power Supply NE555

新規に電源をデザインする・・・

いままでMAX1771EPA+を使ってSW電源を作ってきたが、今回NE555(タイマー)をテストする

なぜか?、

入手容易、おまけに、安価(100円しないだろう!)これはすばらしい!

なんせ、MAX1771 EPA+は入手しづらいうえに、けっこう高い!(1,000円以下は難しい?)

さらに、NE555でも理論値上では、500KHzとMAX1771 EPA+を超えるハイスピードのSW電源が作れることがわかった

とりあえず、メリットしかない!(爆)

ま、理論値の500KHzは、ムリだろうが、いくらなんでも6割の300KHzを超えるSW電源にはなるだろう

そう、パーツと回路の配線の取り回しを工夫する!

パーツは、MAX1771 EPA+のときにずいぶん調べたし、テストしたもんね~!(笑)

1.ウルトラハイスピードダイオード(trr<35ns)

2.低ON抵抗(0.5Ω以下)のFET

3.フィルムコン(バツグンに低ESR)

これらでイケると思う

これで、MAX1771 EPA+より速い電源をねらう

最小限の大きさで、できる限り理想配線をねらって考えた

トランジスタも2SC1815という、一番ポピュラーなものにリプレイス!(ナイスでしょ!)


部品点数はどちらも似たような感じ、大きなフィルムコンが1個少ないにもかかわらず、トランジスタが増えたことでMAX1771 EPA+よりちょっとだけ大きくなるなぁ・・・

ただ、NE555のSW電源回路って、かなり回り込むので理想配線をねらいにくい!

最初に挙げたモノを自分で考えたが、これ実際に手組みで組むとかったるい!(笑)

→ 基板の両面を使うことを前提で考えてるので・・・

この配線パターンは、自画自賛だがなかなかうまくできたと思う


最終的には、組んでるときにさらに変更したが・・・(爆)
やります! CADします!
2010年09月15日 (水) | 編集 |
ありがとうございます!

応援メール感謝です!

新規に基板デザインします!

創りやすさをメインに、発展性を“プラスアルファ”します!
力み すぎてたか・・・(苦笑・ちょっと恥ずかしい・・・)
2010年09月11日 (土) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 645

ここしばらくの間に、メールをいくつかいただいた

読んで、ハッと気がついた!

「アツくなりすぎてた!」

メールの内容は異口同音、気づかってていねいに書かれてた

「基板を見ると、BUSTERはすごそうですね!あまり、難しいと作れません! 簡単に作れるnano headで充分です ちょっとプラスしたことがあればイイですね!」

「あ~、やっちゃった・・・」(恥ずかしい・失笑だね・・・)

自分的には、Little Lucy "the Lotus"で「スイッチング電源をがんばって理解」

数年間待ち続けた、nano headの回路図(不完全だし、本物かどうか?疑問があるが・・・)が浮いてきた

“おあずけ状態”が永すぎたので、ガブッと喰らいついて、こだわりまっくてた自分

ハッと我に返った・・・

Lttle Lucy fully completed 644

現在のBUSTERの状況は、「みなさんがどうしたら簡単に作れるか?」で苦しんでた

いくらシルクでバッチリ基板に書き込んでも、キツすぎる

各トーン回路をスイッチでつり出すスタイルにしたことで、組み合わせ・バリエーションがどっと増え、結線が大変!

そのせいでさらに説明が多くなり、長くなりすぎてしまい「これはいかがなものか?」

で・・・

そこで、BUSTERについては、しばらく封印する


代わりに、「nano headとしても組み上げることができて、“ちょっとした+α”も加えられる基板」を「みなさんの希望が多ければ、創ろうか?と思います!」・・・

ここで、はじめてみなさんに伺います! まだ、決定でなくてかまいません! 配布を希望される方はどれくらいいらっしゃいますか?

予定配布内容

1.価格 未定ですが、16,000円程度

2.添付部品 基板+多少の部品

3. OPT,真空管は別 (OPTは配付希望者が多い場合に手配します!)

希望者がいらっしゃれば、メールを送っていただけますか? いちおう区切りとして1週間 9/18まで、とします!

何かリクエスト・要望があれば、併せて書いておいてくださるとありがたいです!

(このブログの左上の「mail」をクリックすると、そちらのPCでメールブラウザーが立ち上がります!)
ちっ、そういうことか!
2010年09月09日 (木) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 643

ここのところしばらく、ウインドウズXPで動くPCが途中で落ちたり、起動中に落ちたり・・・

かな~り、困ってた!!

「ウイルスを踏んだか? スパイウエアでも踏んだか?」 とスキャンしたが、大丈夫!

でも、症状は改善しない・・・

「ん~、何でかな~?」

気づくのに時間がかかった!

「あ~、電源がヘバったんだ!」 そう、ATXの電源がヘタったんだ!

いままで、まぁ、定期的にATXの電源は交換してたので、この手のトラブル経験してなかった!(苦笑)

脱線するが・・・

最近のPCは電源に大出力を要求する

ATXの規格の中に納めて、600W,700W,すごいものになると1,000Wというモノまであるが、PCの雑誌によると、500W以上の出力をあの大きさの箱に仕込むのは“基本的にはムリ”、とのこと

なんか、わかる気がする!

なので、ATXの電源については、高価なモノを買わずに、消耗品と割り切って「激安品で定期交換!!」が得策、と考えてる

話を元に戻して・・・

そういえば、3年くらい使ってるなぁ・・・(ちょっと長めだ)

加えて、この猛暑・・・

最近はATX電源の規格も新しい規格が導入され、ブロンズ、シルバー、ゴールド認証を創設

今回は長く使ってるXPのPCに“ごほうび”

多少豪華に、セール品だが「700Wでブロンズ認証のモノ」を買ってあげた

「無印・激安品でも(自分の必要とする)出力より大きめのモノを買っとけば、大丈夫!」と思ってますが・・・(笑)

なので、ちょっと前に組んで並行稼働してる「ウインドウズ7のPC」には、“激安大出力電源(700W)”を使ってる!(爆)

激安品と高級品の一番の差は、「コンデンサの信頼性」

高級品は日本製だ(そんなに日本製って良いだろうか・・・)

激務のスイッチング用途に選ばれるせいか、現在では激安品御用達の○○製のコンデンサでも“妊娠しない”、と個人的には思ってる(保証できませんが・・・)

なんせ、数年前の妊娠コンデンサートラブルの信頼回復のため、さすがに、○○製もクオリティーアップしてんじゃないかな?

経験的には、最近は“妊娠せずにヘタる(容量抜け)” !

さて、電源交換後、PCは落ちることなく、無事快調!!

みなさんのPCは大丈夫ですか?
(the nano head) BUSTER 第2次試作基板=配布予定基板 組み立て中!
2010年09月04日 (土) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 629

「(the nano head)BUSTER 第2次試作基板」が上がってきた!

実は、「配布予定基板」

今回の基板の仕様

「あれっ、金じゃないの?」と思ったあなた! スバラシイ記憶です!

今回「銀」に仕様変更!!

理由がある!

「金フラッシュ」の材質は、「真鍮系」

「銀フラッシュ」の材質は、「ホントに銀」

当然、こっちの特注費の方が高い! 「導電率、ハンダづけのしやすさ、音質」を考えて“1ランク上の仕様”へ レベルアップ!

IMG_2266

現在、組み立て中!

並行して、HAMMOND 1590B のケースも加工中
Lttle Lucy fully completed 641
これがイメージしてた完成形!
Lttle Lucy fully completed 637
Lttle Lucy fully completed 639
デザインを、先行公開!
Lttle Lucy fully completed 640
いかがですか?
Lttle Lucy fully completed 635
フロントパネルの位置決めはキツかった!(苦笑)

Lttle Lucy fully completed 638
FANを上に配置、真空管をダイレクト・クーリング!

こんなことを全部しながら創っていくと時間がかかる!(く~、キツイ!)


もうちょっと待ってね!
クランベリー・ヌガー
2010年09月02日 (木) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 633

ちょっと、息抜き!

久しぶりのスイーツ・ネタ!


コーヒー豆を買いに行って、目にとまった

「あ~、そういえば、ヌガーってしばらく食べてないなぁ・・・」

それにしても、このパッケージデザイン、色合い ・・・ステキ!

クランベリーとヌガーっていうコンビネーション・・・面白い!

で買ってきました!

味は、なかなかグッド!

こういう“日本で売られてる洋物スイーツ”

バイヤーが味見して選んでるので、ぶったまげるようなテイストが無いのがイイね!

でも、こういうの食べると、アメリカの「かじったとき、甘さのあまり歯がしみて痛くなる、砂糖てんこ盛りの べとべとデニッシュ」久しぶりに、食べたくなるっ!(笑)

次回、BUSTER・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。