自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210(S210) LEDランプを投入! APPENDIX(ウェッジ・ルームランプ,交換,リプレイスメント) 4
2008年03月31日 (月) | 編集 |
個人的には「ルームランプ・ラゲッジルームランプのLED化」は「いったんピリオド」と思ってた

だが・・・

たまたまネットを見ていて、「W210(S210)のドアランプ」というワードを発見!

「げっ、まだ ランプがあったのか!」

ま、どの車にもドアランプは付いてる ヌケていた、といえばそうだが・・・

で、チェック!

W210(S210)の左フロントドア(運転席側)を例に紹介

やっぱりあった(爆)
左Fドア 1


アップで撮ると
左Fドア 2

やっぱ かなりオレンジ色

「バルブは何か?」 ハズしてチェック
ドアランプはずし 1

脱線するが、ほとんどの車は、こういうパーツは“工具を使わずにはずせるようにできてる”

W210(S210)の場合、ルームランプ・ラゲッジルームランプ・ドアランプ すべて工具なしにはずせる

ちょうど、「マイナスドライバーが挿しやすいように切り欠き」がついてるので、前回のラゲッジルームでは「マイナスドライバー」を使ってる写真で紹介したが、なくても問題ない!

単に、メカニックが手元にツールがあるので、作業性向上のためだろう

シンプルにはまってるだけなので、くいくいっと、下方につまんで動かしてみれば、「どの方向に はずれるか?」わかるはずだ!

難しくないので、こういうパーツのハズし方をチェックしておくと、“車のパーツの取りつけ方のパターン”を知ることができるぞ!

話を元に戻して、バルブの大きさは、「なんと、日本車にポピュラーな37mm」
37mm 1

お~、これなら百花繚乱、いくらでもある お手軽に交換できるし、安く秋月のモノが使える

秋月の車用LEDランプのページ

この中でも、「37mm」のモノは数種あるぞ! 今度アキバ行ったら買ってこよう!(笑)

ここで、1つ疑問が湧いてきた・・・
スポンサーサイト
W210(S210) LEDランプを投入! (ウェッジ・ルームランプ 交換,リプレイスメント) 3
2008年03月30日 (日) | 編集 |
それでは、W210(S210)に使われてるルームランプを紹介

「42mmのランプ」
ルームランプ 1

運転席・助手席・後部座席に使われてる 合計3個

これはヨーロッパ車でもっとも使われてるランプ、とのこと(知らなかった)

日本では「型番よりも42mm」の方がポピュラーなようだ

これは、日本車であまり使われてないせいかダイレクト・リプレイスメントできるアフターパーツが少ない

実際の車をチェックするとランプ取付の金具は、“簡単に曲がるレベルの金具”なので、この際ぐいっと曲げて、国産車でも使われてる37mmまで曲げて縮めてしまう方がベターかもしれない(まだここまでやってません もうちょっと捜してみる)

「T-10」

T-10 1

ラゲッジルームに3つ使われてる

これは、日本車でもポピュラー“百花繚乱” 数え切れないくらいの種類がある

なので、今回リプレイスメントできたのは、ラゲッジルームのT-10の3個だけ

42mmのものは見送った、やっぱり需要の関係であまり作られてない(バッチリお金を出せば可能ですが・・・苦笑)

そこで、交換前のラゲッジルーム

3つあるランプのうち見えるのは左右の2個だけ(残りの1個は、中央部の下にある)

かなり、オレンジがかった光
交換前のラゲッジルーム ランプ 1

交換後のラゲッジルーム

ラゲッジルームのランプだけが白く、ちょっとオバカっぽいけど・・・(苦笑)
交換後のラゲッジルーム ランプ 1

ま、これでも所期の目的「バッテリーの負担軽減」にはなってるのでよしとする

手頃なモノが見つかるまではしばらく42mmのランプは今後の課題としよう

さて、話は変わるが「本格的に明るさを求めるなら」、できることがある

ルームランプすべての内側部分は“銀色・鏡面”ではないので、「ランプの光を有効に反射させてない」

→ 内側の色 = 樹脂(プラスチック)の筐体の色(ライトグレー)

だから、明るさを求めるなら、“内側を銀色に塗る・銀色のテープを貼るといったお手軽チューン”で、かなり明るくなるぞ!
W210(S210) LEDランプを投入! (ウェッジ・ルームランプ 交換,リプレイスメント) 2
2008年03月27日 (木) | 編集 |
LEDランプにリプレイスメントすることは、「バッテリーの負担を下げるために効果的」である

だが、実用面に関して「疑問」、というより『懐疑的』なのだ

というのは、LEDは通常のランプと比べて“遠達性に劣る”と経験的に知ってるから

脱線するが、「白色LEDとは、青色に発光するLEDに特殊な塗料を塗って『白い光を発光』させてる」だけ

→ “白く着色した光”を作り出す

→ 明るいから白い光ではない

これを体感したのは、下の写真のランプを使ったときのこと
ヘッドセット 1

手元用に、白色LED、遠くを照らすためにハロゲン という コンビネーション・ヘッドランプ

工事のおっちゃん よろしく頭にバンドでくっつけるライト

早朝の釣りには欠かせないアイテム

手元を照らしてエサをつけたり、針を結んだりするときにLEDを点灯する

“白く明るく感じる”が、実際にはよく見えずエサはつけづらい、針は結びづらい(苦笑)

で、ハロゲンを使うと“オレンジがかった光”になるが、エサはよく見えつけやすく、針もよく見え針も結びやすいのだ

この体験から、このLEDは使わず何でもハロゲンを使うようになった

話を元に戻して、だから、「明るく見えてもホントは暗い」

これをわかった上で、ルームランプなどをLED化しないと・・・(笑)

私のW210のランプは10W、LEDは1W(と よく書かれてる)だ

使ってみれば、10Wのオレンジ色がかってしまうしまう通常のランプより、白いLEDの方が「色温度」のおかげで“明るく感じる”

だが、実際は10W喰ってるオレンジ色の方が足元までしっかり光が届く

1W程度で“10Wにすべての面で上回る”というのはムリ

成り立つなら、とっくにすべての電球が白色LEDになってるって!(爆)

あまり意味ないことになるが、10WのLEDならば“LEDの勝ち”だろうなぁ・・・(苦笑)

だからといって、(脱線するのでくわしく述べないけど)白く光るための特殊な塗料も“賞味期限”があり、現時点では電球にとって代われないのだ

つづく
W210(S210) LEDランプを投入! (ウェッジ・ルームランプ 交換,リプレイスメント) 1
2008年03月25日 (火) | 編集 |
アキバにパーツを買いに行く前、秋月電子通商のHPを見た

すると、こんなページが・・・秋月の車用LEDランプのページ

「やっぱ秋月は安いなぁ・・・ これなら、交換してもいいなぁ・・・」

以前、カーショップでこのカテゴリーを見たが、「高い!」

自作する人間にとって、「白色LEDが1個いくらか?知ってる」 人をバカにするかのようなカーショップの値段に驚いて、それっきりだった

実は、「ルーム・ランプはLED化したい!」

だが、それは、ファンション性とかトレンドといったモノとは“別の視点”からだ

メルセデスのW210(S210)は、“ドアを開けると、6つもルームランプがついてお迎えしてくれる”豪華ぶり(爆)

ルームランプ 1

運転席・助手席・後部座席はこのランプが3つ点灯

それはそれで、何の問題もなければ喜ぶところだが、寒い低い気温で車も冷え切った状態で、釣りの荷物を積み込んだり着替えをするときも、バッチリ ルームランプがついてしまう

だいたい、6個もランプがつくっていうのもなぁ・・・

T-10 1

ラゲッジルームはこのランプが3つ点灯する

「何が言いたいか!」というと、例によって「エンジンがかかってない状態で、バッテリーを使いまくってしまう」ということ

これ以外ECU(車の制御用コンピュータ)も常時動いてる、「ドアを5分以上開けっ放しにすると、自動的にランプを消す」というサービスまでしてくれる

どれくらい電気を使ってるか? 試しに、電圧を測ってみた

エンジンがかかってる状態(発電してる状態)だと、14.1Vにレギュレーターがコントロール(14.5Vとかもうちょっと高くても良いと思う!)

前もって、テスターはパワーアンプにつないでおく

では、キーをひねってACCがONの状態にして、ドアを開けたまますばやくパワーアンプの入り口につけたテスターをチェック「なんと、11.8V」

12V切ってるぞ~

この電圧だと、バッテリーはかなりキツイ状態でセルを回さなければならない

バッテリーがくたびれてくると・・・ヤバイぞ! セル回らなくなるかもしれない!

といったことから、「少しでもエンジンをかけないで(発電しない状態での)消費電気量を減らしバッテリーの負担を下げたい!」

じゃあ、ランプを減らす、つけないようにスイッチを切る っていうのは、ネガティブでしょ!(爆)

以前、キャパシター(大容量ケミコン)も“そういった目的”から装着した

「オーディオの音を良くする」よりも、まずは、車が確実に動くことが大事(爆)

つづく
ブルボンのプチ&プチポテトシリーズ
2008年03月23日 (日) | 編集 |
久しぶりにMatsukataさんとアキバで会った

そのときに、「最近はまってるモノ」としてご紹介いただいた!

「ブルボンのプチ&プチポテトシリーズ」のうちの2品

「ワンコイン(100円)で買える」とのこと
プチ 1

いろいろ買ってこようとしたが、これしか残っていなかったとのこと (スゴイ 売れまくってるのね!知らなかった!)

「どれも、ハズレがない」とのコメント!

ブルボンのページ

コーヒーを入れて、いただいた

「うん、あっさりしていて食べやすい!」

バタークッキー,チョコチップともにサクサクッとイイ感じ!

大きさも手頃なこともあり、ついついリピートしてしまう!

チョコチップは、「チョコチップ25%使用」と書かれてるが、チョコがホントにリッチだ

とても、ワンコインとは思えない豪華さ!

「毎日買ってしまう」というのもうなづいてしまう

ここで、Matsukataさんのブログをご紹介(下の文字をクリックすると、別窓で開きます)

Matsukataさんのブログ

それにしても、スゴイですね! SSOPをハズしたりもしちゃうなんて! 私はまだSSOP“バージン”です!

はっきりいってビビってます!(爆)
ついにグレード・アップ! サブウーハー フェイズリニア アリアンテ 4
2008年03月21日 (金) | 編集 |
家でのエージングも終わりにして、さて車に実装!
車に積んだ 1

お~、10インチで高さ的にピッタリ(ツライチ)!というより、ギリギリ!(爆) 本気出して12インチ買ったら「入らなかった」(あぶね~!)

やっぱ、このアンプでかすぎ! ダメだこりゃ!(苦笑)

(欲しい人いたら、メールください クローズド・オークションします! 自分のチューンで音質的にグレードアップしてます フィルムコン 裏打ちによる“スーパーファースト”化してます レスポンス イイですよ!)

ここまでうまくサブウーハーが入ったのに、アンプがラゲッジスペースを見事にスポイルしてる!(苦笑)

とはいえ、現状これしかない・・・あはは・・・

やっぱ、アンプをなんとかしよう!

さてグレード・アップして音質はどう変わったか?

さすが、かなりのグレードアップだ!(いままでモノがよっぽどひどかった、ともいえる)

ホームで鳴らしたときも感じたが、アリアンテは“軽い風のような低音”ではなく、“ズシン・ドスッとした低音”の出方をする

ホーム・オーディオなら、こういった“重い低音”はダメダメだが、車の中で聴くと“なんともリッチな感じがする”

それに、この“音飛び”のない音の出方 つまり、“ぽわ~と広がる音場”のせいjか、“後ろから低音が攻めてくる感じがない”=どこで鳴ってるのか?不明な鳴り方 なるほど、この構造そういうねらいかっ!

→ 結果的に、聴感上 低音の出てくるところが不明に感じるので、“サブウーハーが、うまいことドアスピーカーを補完してるように感じる”

→ (これは評価が分かれるところだが)私はうれしい!

また、私の場合、ホームとカーでは聴く音楽のジャンルがまったく異なる(ホームではめったに聴かないポップス系ばかり車で聴いてる!)

なので、これは“あり”だな・・・


それに、ラゲッジルームの減少を「最小限にくいとどめられたこと」もうれしく今回は満足だ!
車に積んだ 2

うまいこと、カバーもキレイにかぶせることができる

W210(S210)ワゴンには、ラゲッジルームのカバー&網目状のカバー(犬をラゲッジルームに入れておくため)がついている

アンプをアリアンテの間に入るモノをチョイスすれば、スマートにまとまる

スピーカー間は35cm(350mm)だ、これくらいあればかなりいろいろなアンプからチョイスすることができるだろう

よ~し!
プレクスター・フェチ(PLEXTOR PX-760) ゲット!
2008年03月18日 (火) | 編集 |
ツクモで、プレクスター純正で最後のモデルPX-760A(輸出仕様)が出現

正確には、「PX-760A/T4 (海外向モデル)」というらしい

「9,980円で限定数お一人様3個まで」
PX-760A 1個

何を隠そう、私はプレクスターが大好き! 添付されてる「PlexTools Professional」という「ライティング・ソフト」が“お気に入り”

このソフトは直感的でわかりやすいのもうれしいが、「機能がすばらしい」

組み合わせで、「CD&DVDの書き込み時のレーザー出力を上げることができる!」

これにより、CDラジカセ,カーナビなどで「“読めない現象”をなくすことができる」

みなさん、“自分で焼いたCD or DVDが他のところで読めなかった”経験ありませんか?

かなりムッとする!

なので、プレクスターに絶大な信頼がある!

メーカーサイトの製品紹介をリンクしてみた

製品紹介(プレクスターのメーカーサイト)

今となっては、最高スペックのDVDドライブじゃなくなったけど、それでもすばらしいスペックだ!

3/15(土)に売り出し、この日は桂川の解禁と重なり買いに行くことはできなかった(く~!)

実は、桂川から帰ってきてグッタリだったが“ラスト・チャンス”となると仕方ない、ネットで調べると3/16(日)分もあって販売することを知り、あせってツクモに問い合わせた(バカかも~? 苦笑)

3/15(土)の購入状況・販売数・売り切れの時間など・・・つっこんで訊きまくり(ただのオタク?)

ぶったまげた「開店5分で完売」


「16(日)分の方が数が多く、30~40個程度入荷する」との情報をゲット

しばし考える・・・

16日(日)は何もなければフィットネスクラブへ行く予定だ

3/2(日),3/9(日)と渓流釣りに行ったため、かれこれ2週間行っていない

16日行かないと3週間さぼっちまう・・・マズイ!

→  4月の健康診断に(メタボ)黄色信号が点灯・・・・(苦笑)


だが、ここでゲットしないと、「もうまともな方法・状態での入手不可能」と判断

また、“当分DVDは枯れないメディア”と判断

フィットネスクラブをさぼって、ちと恥ずかしいが「ツクモの“開店パチンコ”に参戦」を決意(バカかも?)

直電時の情報だと、15(土)は開店30分前から並んでいたらしい、なので日曜日を考慮して35分前の9:55に到着するようにプログラミング

予定どおり着くと (これでも早く着きすぎた、と思ってた)、「げっ、すでに10人近く並んでる!」

おそるおそる最後尾の人に訊いてみた「これ、プレクの列ですか?」

「はい!」 あらら~、正確に数えると私が10人目だ!

前の人たちが 全員“大人買い”(=3個ずつ買う)だ と “ギリギリ”(おぉっ、あぶね~!)

結局、2個しか買わない人もいたが 前の人たちは “ほとんど全員大人買い”(すごっ!)

私は、前の人たちの出方を見て、数を決めるコンセプト
PX-760A 3個

つられて3個 “大人買い” しますた!(うわ~!想定外の散財だ~!苦笑)
桂川 解禁! 今年も逝きますた!
2008年03月16日 (日) | 編集 |
3月15日は、桂川の解禁日

今年も逝けて良かった!

来年も逝けるだろうか?  いつまで体力が保つか?(苦笑)

さて、例年になく暖かい気温だったので、助かった!

結果は、「く~、尺ヤマメ出ませんでしたぁ!」
マス 45cm 1

でも、ヒレピンで完璧な45cmの中マスが出た

見てっ!この尾っぽのキレイに伸びてるところ!


ボディーもキレイだったけど、家に戻ってから写真を撮ったので退色しちゃった・・・(苦笑)

マスでもこれはうれしいね!


今回も、「がまかつ 極抜」は、いともあっさりこいつを寄せてしまった 「ライン・ブレイクの不安をまったく感じさせないスゴイポテンシャルだ!」

久しぶりに同行したWADAさんは、「“なんと体高のある桂川の尺マス”を あわせ一発 で 顔を水面に出し、そのままタモに寄せる」という「豪快な荒技」を披露(すごすぎる!)

でも、今年はちょっとうれしい反面、悲しくもあった

うれしいのは、マスが少なくヤマメ・イワナが多く釣れたこと!

悲しいのは、放流量が減ってること!

帰り道、相棒と話していてそういう結論になった

私   「なんで、今年こんなにヤマメ・イワナばかり釣れたんだろう?」
相棒  「おかしいよな! マスが釣れないで、最初からヤマメ・イワナばかりっていうのは、やっぱマスが少な    いんじゃないか?」
私    「あぁ、そうだ! それっきゃないね!」

※注 ヤマメ・イワナ・マスがいる場合、多くの場合「マスが一番先に釣れます」 そして、マスが暴れるので、ヤマメ・イワナは警戒し余計釣りづらくなる傾向があります

相棒  「だから、間違いなく放流量が少ない!」
私    「そうだね!」

なんか、毎年おさびしくなってると感じるのは、私だけでしょうか?

都留漁協ガンバって! もっと放流量を増やして桂川を盛り上げましょう!

桂川大好きです! 
ありがとうございます! 200,000 アクセス 突破!
2008年03月15日 (土) | 編集 |
ありがとうございます!

200,000 アクセス を 突破しました!

ご愛読感謝です!

ひとえに、みなさんに見ていただいたことを励みにがんばってきました!

これからも、メール・コメント・リクエストなど どんどん お寄せください!

遠慮せずにメール・コメント・リクエストなどいれてくださいね!

200,000アクセス 記念企画をしようかな?

いいプラン思いついたら、よろしくです!
ついにグレード・アップ! サブウーハー フェイズリニア アリアンテ 3
2008年03月13日 (木) | 編集 |
フェイズリニア アリアンテ Si10 POWER ACOUSTIK のアンプとともに1週間ほど、エージングも兼ねて家で聴いてみた
アリアンテ Si10 1

さすが、自分の機器だと音の違いもよくわかる

ショップで聴いて判断するのは難しい!と改めて感じた

聴いていた条件は、フルレンジとして聴いた

つまり、ハイカットしないで全帯域をアリアンテにぶち込んだ

こうして聴くと、このスピーカーがどのような周波数特性を持ってるか?を聴感で確認できる


さて、音質について

分解能は高く・良い これは文句なしに良くできてる

ハイへの伸び方も良い フラットコーン&ハニカムといったかなり “とがったコンストラクション” からは想像できないくらい自然で素直だ

音質についてフェライトっぽい感じなく、良く作られてる

だが、面白いのは「鳴り方」

形状からの想像どおり「音飛びはあまりない」

スピーカーにへばりつく鳴り方でもない

「音が ぽわ~っと スピーカーボックスのまわりに広がる」


こんな鳴り方初めて聴いた なんとなく、面白い

そういう意味では“新鮮”

「車のスピーカー(ウーハー)は音飛びより、こういった鳴り方の方が使いやすいのかもしれない」とも思った
ついにグレード・アップ! サブウーハー フェイズリニア アリアンテ 2
2008年03月11日 (火) | 編集 |
つい最近、手が出せそうなモノがオクに出てきた

残念だが、フェイズ・リニア アリアンテ Si12 Limited ではないが・・・

「Si10」という10インチが、「BOX付き ,おまけにグリル付き&2個」で出てきた
aliante 10 1

フェイズリニア アリアンテ BOXに入れてもショーアップのためグリルを装着する例は少ない

→ “コーン紙むき出し”がポピュラー、傷つけそうで危なっかしい


10インチという多少“不人気機種”にもかかわらず、“グリルをつける姿勢、サブウーハーを2個 ステレオで使う”ってところがこだわってるじゃないですか! すばらしい!
アリアンテ Si10 1

→ 大事に使われてる と判断

→ BOXもそこそこイイものをチョイスしてるだろう と判断

→ コーン紙が“日焼けして黄色くなってない”ところが一番うれしかったりする
アリアンテ Si10 2

Si10はノーマルのSi12とボイスコイル径は同じなのに、「なぜか能率が低い」

→ 通常同一のマグネット、ボイスコイルを使ってスピーカーの口径を落としたら、能率は上がるハズなんですけどね~ となると「パーツを変更してる」と考えるのが妥当だが、わざわざ変更したら、コストアップだろうし・・・ などといろいろ考えたが、いくら考えてもラチがあかない

「10インチの方が小さいし、ラゲッジを有効に使える」メリットを採用

結局、約1個のSi10の値段でゲット! 多少高くついた気がするが、BOX付きだし、“すぐに結線して使える便利さ”はありがたい!

たかが、バッフル板さえも工作で苦労してまでも「無垢材」を使ってしまったりするの人なので、自分でBOXを選ぶなればこだわりまくってしまうし、またまた時間をかけて作ったりしかねない・・・(苦笑)

→ “こういう方があきらめがつく”


アンプは、以前チューン・アップしたPOWER ACOUSTIKのものをとりあえず使ってみる
power acoustik 1

これは、以前お伝えしたように、「“チューン・アップ”するとカーアンプはどれくらいクオリティー・アップするか?」を確認するためにオクで非常に安くゲットしたモノ

なので、選んだ規準は単純にルックス&値段 当然、音を聴いたことはなかった(爆)

フィルムコン,ケミコンのリプレイスメント,セラコンによる“スーパーファースト化”によりビックリするほど「クオリティー・アップ」した

たが、“大きすぎる(長すぎる)”のでいつまで使うかは未定だ(大きさまで考えてチョイスしたわけじゃなかった,だから安かったのかも?・・苦笑)

このアンプのチューン・アップ記事は、この下の青い文字をクリックしてね!

別窓で、トラックバック記事が開きます!

POWER ACOUSTIK のチューン・アップ
やったね! 渓流釣り
2008年03月09日 (日) | 編集 |
今日はツイてた!

鮎沢川釣り大会で3位に入賞できた!
3位トロフィー 1

渓流釣り大会は、なかなかユニーク

本来ならば、「数勝負」が“正論”

だが、数勝負の場合、“数人で魚を足してしまう”というインチキをする人が出てくる

それゆえ、ほとんどの大会は「1匹の大きさ」で競う
3位 トロフィー 2

「どうやって、大物を釣るか?」

大物がいるところなんて確実にわかるわけない(爆)

いそうなところでがんばるっきゃない!(苦笑)


じゃ、どうがんばるか?

確率を上げるには、“くじ引き と同じ”(爆)

そう、“確率論”

当たるには、「たくさん くじを引く」=「たくさん釣るしかない!」(爆)

順位は、ヤマメ・アマゴの部,ニジマスの部の2種類 どちらも、1匹の大きさ勝負

この大会はノーマルイサイズのマス(ニジマス)が多く、“当たり”の入賞するヤマメ・アマゴはきわめて少ない、入賞する50cmオーバーのニジマスも少ない

グッドポイントには、人がたくさんいるので「誰が、当たりを引くか?のサドンデス」

“当たり”が出るまで他人よりガンガン ハイピッチで 釣るっきゃない

はァ、どっこい そんなにガンガン 釣れないってば・・・(苦笑)

今日は、運良く アマゴの大きいのを引くことができた やったね!

29.5cm 「く~、尺(30cm)に5mm足りない!」 

尺に足りないし、「また、マスか?」と いともあっさり釣りあげてしまったこと も残念!

もうちっと、引きを楽しみたかったなぁ・・・

でも、収穫はあった

尺クラスのアマゴを今シーズン新発売された、「がまかつ 極抜」 は 「いともあっさりと抜き上げてしまった」

スゴイ ポテンシャルだ!

感動した!
ついにグレード・アップ! サブウーハー フェイズリニア アリアンテ 1
2008年03月05日 (水) | 編集 |
フェイズ・リニア(フェイズ・エボリューション) アリアンテ

カーオーディオ用のウーハー

これは、私の大好きな、“ハイコンプライアンス,高能率・深い頂角・アルニコ” スピーカーとは対極にあるスピーカー(爆)

選んだ理由はただ一つ

このスピーカーのセールスポイント「少ないスピーカーボックスの容量で充分な低音が得られること」
cutmodel 1

まったく発想が違う構造で、感覚的には全く理解できない(爆)

ウーハーなのに、フラットなコーン紙,ハニカム構造とくる

→ これで、コーン紙の充分なストロークがとれるんでしょうか? それとも、ストロークがとれなくてもこれなら充分、ということでしょうか?

→ ま、すべてボックスの容量を減らすための工夫なんでしょうけど・・・

→ でも、出てくる音はまともなんだよね~

以下に、メーカーの資料を転載します

1.厳選されたブチルゴムと特殊繊維で構成されるダブルサスペンションがハイパワーレベルでの 安定した動作を保証。

2.高い音圧レベルと優れた低音再生のためにハイパワー入力ができる超大型ボイスコイル。

3.先端技術の航空宇宙産業素材のアルミハニカムを、ケブラー繊維でサンドイッチ構造とし、特殊樹脂で硬化した平面 振動板。 従来のセルロースコーン素材より極めて軽量かつ高剛性な構造。

4.強力なパワーを生み出す、3層構造の"SYMADIS" マグネット。

5.ボイスコイルに充填された磁性流体"FERROSOUND"が高耐入力と安定した放熱を実現。

6.ニッケルコーティングされ、ポリッシュ仕上げの美しいハウジングセクション。

7.アルミダイキャスト製の強靱なフランジセクション
aliante 10 1

この特殊な構造のおかげで、ウーハーとしては非常にコンパクトな容量でスピーカーボックスがOKとなってる

現在、サブウーハーは使ってる

「とりあえずカーナビをインストールしていただくときに配線してあれば、チェンジがラク」というレベルのモノ

オクで安く落とした、めいっぱいテキトーなサブウーハー

なので、こまかく選ばなかったので大きすぎて“広大なラゲッジスペースがウリのW210(S210)ワゴンをスポイル”

→ これは、さすがにはずかちいので割愛しまちゅ!

→ でも、箱はやたらガッチリ作られてて剛性は高く、すご~く重い、ピュア・オーディオからすれば、喜ぶべきことだが・・・「やっぱ、重すぎる!40kgは軽くあるだろう!」(苦笑)

だが、運転してれば見えないし、サブウーハーという性格上“あまり目立つ使い方をしないので音質的不満もあまり感じない(苦笑)ので”1年以上は使っていた

でも、さすがにジャマだ! 荷物の積み卸しをするたび、“自分の愚かさを痛感する”(苦笑)

そこで、スピーカーボックスの容量が少なくて良く、音質も定評ある「フェイズリニア アリアンテ」 を使ってみたいと思っていたが、「(価格が)高い!」

ショップの中古も人気があるんで高い! オクでも高値で取引されてる!

中でも12インチの フェイズリニア アリアンテ Si12 limited がボイスコイル径がノーマルのSi12より大きいので“優れてる”

「これが欲しい」と思ってたが、ちょっとね~ これを新品で買うとなると“それに見合うアンプ&オーディオセットを用意しないとバランスがとれない”ってことになる

となると、財布に厳しすぎるぞぉ~

などと、オクを眺めたり、いろいろなことをしてるウチに2年近く過ぎた

そして、ついに最近、手が出せそうなモノがオクに出てきた

つづく
KitKat プリン仕立て 期間限定! おぉっ
2008年03月05日 (水) | 編集 |
この「スイーツ」ネタ思ったより好評でうれしい!

(ジョン・カビラ風に)ご愛読感謝です!(笑)

またまた出ました 「期間限定」シリーズ

「KitKat プリン仕立て」 アイデア豊富だなぁ・・・
キットカット プリン 1

買ってしまいますた!

開けてみると、「チョコのカラーもプリン色に仕上げてある!」

ホワイトチョコより “びみょーにイエロー”だ! なかなかこだわってるぞ!
キットカット プリン 2

「ここまでやるか!」 ちょっと感動!

食べてみた、ホントだプリン・フレーバー

くどくなく、あっさりしていてグッド!

今回は“アタリ”だね!

でも、チョコのパーセンテージはどのくらいなんでしょうか?(爆)
FUZZ FACTORY  ロゴ そろそろOKかな?
2008年03月03日 (月) | 編集 |
FUZZ FACTORY といば、このロゴをどれだけうまく創れるか?

このエフェクターの人気もこれがなければ、ここまで人気が出たかどうか・・・だ

だいぶ、adobe photoshop もうまく扱えるようになってきた

そこで、いくつか創ってみた
ラズベリー 1

ラズベリー・ピンク

なかなか、イイ感じ!

この“ラメラメ感”が出したかった!

“やってくれそうでしょ!”

でも、ノブはパープルにつけた「ホワイトノブ」の方がベターだなぁ・・・

パープルノブは、ちょっとねらいすぎたか・・・(苦笑)
パープル 1

パープルバージョン

サイケな感じがグッド!
おぶちしゃんぶらっく 1

ラストを飾るのは、ブラック・バージョン

大変おせわになってる、ディーラーのOさん用バージョン!

通称「おぶちしゃんぶらっく」(爆)

メルセデスでは、ブラックメタリックのことを「オプティシャンブラック」という
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。