自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高の歪みを創るプロジェクト 3 MXRディストーション+(プラス)の特徴(自作エフェクター)
2007年09月30日 (日) | 編集 |
前回、1回路のOPアンプを使用してることはお伝えした

今度はちょっとマシに回路図を拾ってきたので表示して解析(笑)する!

そうそうこのブログ「FC2」は“写真をクリックすると大きくなる仕様”となってます!

大きくして、ご覧になってくださいね!(全部大きくなります!今後もそうですよ~!)
DIST1-1

たったこれだけの回路!

ピンクの丸で囲んだ部分が、「最大増幅回路部分」

→「1Mの抵抗一発」

たとえば、ここの値を100kとか50kとか減らすとか、ボリュームで可変させれば“好みの増幅度に変更できる”(IBANEZのチューブ・スクリーマー系,BOSSのOD-1,DS-1系がやってる方法)

→つまり、“全部”ってことかもね!(苦笑)


点線で、「8~10pfのコンデンサーが書かれてる」

→「発振防止」

→なんせ、めいっぱい増幅するので発振の可能性があるからだ

→100円しないパーツなので、“保険料”として入れましょう!(爆)

これだけでも、エポックメイキングだと思うが、もう1つあった

それは、いまでこそポピュラーな回路だが、通称“ダイオード・クリッパー”といわれる回路を初めて用いたこと

DIST1-2

ピンクの丸で囲んだ部分が、「ダイオード・クリッパー」

すっごく簡単でしょ! たったこれだけ!

原理は、

ダイオード(シリコン・ゲルマ)は性質上0.4~0.6Vの電圧まで反応しない

→ これを逆手にとって、「信号ラインにダイオードをぶち込み0.4~0.6Vまでの信号をムリヤリカットさせる(音の波形をぶった切る)ことでムリヤリ歪ませる」 としたのだ

→ ここに性質上0.6Vまで反応しないゲルマニウム・ダイオードを使ったことで、さらにカットする電圧が高い

→ もっと歪む

こういう逆転発想のセンスはスゴイ!

つづく
スポンサーサイト
最高の歪みを創るプロジェクト 2 ディストーションの誕生(自作エフェクター)
2007年09月28日 (金) | 編集 |
エレキの初期からファズ(FUZZ)といったエフェクターで“歪み系”は存在した

もっともエポックメイキングなエフェクターが70年代初期に生まれる

それが、MXR DISTORTION +(ディストーション・プラス)だ

元ネタは、ダン・アームストロングのブルー・クリッパーの回路といわれている(無断借用ゴメン! 以下の写真は、指導をいただいたら削除します)
ブルークリッパーの写真 1

回路図をネットからうまく拾えなかったので、このブログに載せるのはヤバイかもしれないのでリンクを張るので、ダウンロードして見てネ!下のURLをクリックすればPDFがダウンロードできます!

http://www.tonepad.com/getFileInfo.asp?id=93

正確な発売時期の確認がとれないが、発売時期がこの順番だと、たしかに回路は“モロパクリ”

だが、クリッパー(裂く)→ディストーション(歪み)となるように、定数をかなり変更してる

余談だが、ブルー・クリッパーは同社のヒット作品「オレンジ・スクイーザー(orange squeezer)というコンプレッサーがあって、これと同形状である

→ギターのジャックにダイレクトにプラグ・インする小さなボックス型(7cm×7cm×3cm(厚み))といった感じ←あいまいな記憶(苦笑)

※ストラトのような“斜めのジャック”には装着不可能だ
オレンジスクイーザーの写真 1

それにしても、すごいなぁ どちらも滅多に見れない強烈な“ミント・コンディション”!(こんなにキレイな状態で今でも残ってるなんて・・・信じられない)

さて、話を元に戻して、正確に調べたわけじゃないが、このDIST +の回路は(何らかのパテント登録がされていたらしく)プロテクトがかかっていたようだ

これも、ヤバイかも?なのでダウンロードして見てネ!下のURLをクリックすればPDFがダウンロードできます!

http://www.tonepad.com/getFile.asp?id=115

それが切れたとたん(ある時期から突然)、ほとんどのディストーション・オーバードライブ系のエフェクターは、“クローン系”,“子孫系”といってよいくらい“基本回路をコピー”して、発売され始めた

つまり、音色に特徴を持たせるために「定数変更」・「トーン回路増設」をしているに過ぎないモノがほとんど

逆にこれを超える回路がないのだ

でも、これは超えられっこないのだ!

→ あまりにシンプルな基本回路すぎてこれ以上のモノ(増幅回路)なんて作れっこない(爆)

言ってしまえば、「1回路のOPアンプ(741)を使い、ゲイン最大に設定した単純な増幅回路」

これに歪ませるように手を加えて工夫してる

トランジスタよりもOPアンプの方がタフだし、始末が良く、(通常)特性も優れるのでハードに扱われるエフェクターにはうってつけだ

1回路のOPアンプをかなり初期に、エフェクターに流用したセンスに慧眼を感じる・・・

つづく
最高の歪みを創るプロジェクト 1 現在のネットの状況・方向性・スタンスなど(自作エフェクター)
2007年09月26日 (水) | 編集 |
昨晩、更新しなかったので今日は長編だ!

久々に、エフェクターを扱うので、ネットをいろいろ調べてみた

だいぶ状況が変わってる

数年前は外国のサイト(harmony centralとかいろいろ distortion overdrive stompbox schematicsなどで検索してみて!いろいろひっかかる)にいけば、いくらでも回路図・実態配線図・基板レイアウト(オリジナル or 個人作成)を見ることができた

Web技術が進歩したせいか、log in などと登録させるようになってるところも多い

“捨てアド”作って登録すればいいけど、かったるい

好きなだけ回路図・PCBレイアウトがダウンロードできた 「著作権問題でヤバイぞ!」くらいどっさりあった

でも、自粛か、ツッコミがあったか知らないが激減! あるべき姿に戻ったのかもしれないが(苦笑)、ちょっとさみしい

逆に、日本で「自作エフェクターサイトはかなり増加してる ずいぶん、環境は変わったな」

さて、誰でも持ってて、決定打がなかなか出ないエフェクターにフォーカス

「ディストーション・オーバードライブ」

=“永遠のテーマ”


“最高の歪み・最も美しい歪み”果てしない追求

→ なんというネガティブで矛盾に満ちた表現(爆)

最低2・3個は持ってるだろう

理想に近づくためにエフェクター(ディストーション・オーバードライブ)の発展の歴史・基本構造・回路について解説する(なんて書いてもたいしたことはありません 苦笑)

これからの展開をみなさんが取捨選択・実験して「自分の欲しい音・理想の音」に近づいてくださいネ!

だから、「実験プロジェクト」とします なので、イミる(完コピする)気はまったくない!

このカテゴリー風に言えば、“MOD中心のネタ” になるかな!

加えて、ディストーション・オーバードライブには「回路上おかしな定数・展開パターンがある」
→ これに触れた記述を見たことがない
→ かなりエポックメイキングなコトだと思ってる

日頃私のブログを見てくださってる方は、ひどく簡単なレベルだと思う こういった“誤り”は訂正して創りたい(なんで、直さないのか?不思議でしょうがない・・・別の理由があると推断してるが・・・)

そして、私は、作ることが趣味の“クラフトマニア”じゃない

市販品で自分の気に入る音が出ないから、自分で創るのだ(できれば1回で終わりにしたい!苦笑)

だって、“音を探りながら決断するプロセス”は続くと苦しくなるので・・・

また、「オリジナル回路オリジナルパーツ尊重」はあるが、「自分の気に入った音のためなら、こだわらずあっさりパーツ交換・定数変更する」というスタンス

まったくハンダゴテを持ったことがない人,まったく電気を知らない人にとってはキツイかもしれないが、できるだけわかりやすく“文系向け”に展開するので、読んでいただけるとうれしい!

また、日頃からの方にとっては、抵抗・コンデンサー・真空管アンプ(今後 しばらくチューブ・アンプと呼称する)・スピーカーにも触れるようにして、“関係ねえな!”にならないようにするつもり!

日頃見てくださってる方にとっては、「えっ、こんな簡単な回路でこんなに高く売れるの? 作って売ろうかな?」となるハズ(ホント、暴利の世界だな)

つづく

たまには・・・2
2007年09月23日 (日) | 編集 |
「2」を書くとは思ってなかったけど、総裁選の結果が出たのでこんなことを書いてみようかと・・・

福田さんが新総裁になった

この人の人柄・自民党所属・人事が最大の関心事になるのはやむをえないが、こんなコトを考えてみるのはいかがかな?

「こんなキツイ時に好き好んで首相になりたくはなかっただろう?」

今回ばかりは、「逆境こそチャンス!」と言えるか?

周知だが、福田さんは“初めて首相になる”わけで、(人間誰しも)なるなら“良い時になりたい!”と思ってただろうに・・・

“負の遺産”をめいっぱい背負っての出航、できれば避けたいところだ

さて、福田さん関連でニュースで久しぶりに「靖国神社参拝」というワードを聞いた

「中国が靖国参拝を非難した」といった“外国の目ばかり気にしてないか?”

一連のニュースを聞いてると「果たして本当に悪いことかな?」

この問題に限らず、最近のニュースは“偏りすぎてる”と感じられてならない(シニカルに言えば、いつでも偏ってるぞ!)

たしかに「A級戦犯も埋葬されてる」

だが、多くは「戦争で亡くなった方が弔われてる場所」

「誰だって、戦争で死にたくはなかった」

“少しでも報いるために首相が参拝する”のではないか?

首相のこの行為で、多少なりとも報われた方がいるハズだ

外国を気にすることも大事だが、まず、国内、日本人の心を尊重することも忘れちゃならないぜ!

さあ、月はどっちに出ている?
新ジャンル 2nd stageへ
2007年09月23日 (日) | 編集 |
このブログを始めた所期の目的、“P.P.Pの製作応援”、“DAC製作の補完”が「メイン・テーマ」で、「あまり脱線するのもいかがなものか?」と考えてた

2周年を約2ヶ月後に控え、P.P.P,DAC,PLUSといった一連の“製作モノ”も“みなさん一段落”したようだ

となれば、こういったネタばかりじゃ“みんな飽きる”

ならば、“ブログを2nd stageへステップ・アップ”

さて、暑さも一段落し秋の気配が感じられるようになると、「ハンダごての季節到来」を感じる方が多い(笑)

古くから知る友人からは、「あの話書かないの?」・「あのネタ出さないでよく保ってるネ!」といわれていたモノ(苦笑)

この2つを兼ねて新ジャンルを展開する

それは、「ギター」

「エレキ」,「アコースティック」,「ベース」とブロードして扱うぞ~!

そして、なかでも1発目は「エフェクター」

「(真空管)ギター・アンプだと思ったでしょ?」 これは、エフェクターより難しい!

ま、リクエストにお応えしていずれ展開します!

これに続くOVERTURE、「エフェクター」でいきます

今まで見てくださってる方にもオーバーラップする部分が多いので、オーディオ中心の方にも“使える部分”があるのだ

検索ワード「ギター」・「エフェクター」でたどり着いた人 今後要チェック!

製作、改造、トーンをカスタマイズ、って“な~んだ、簡単じゃん”って感じると思うよ!

ハンダごてを持ってみよう!

新しい世界が始まるぞ!

では、

明日も、更新するぞ!
新展開します!
2007年09月22日 (土) | 編集 |
ブログを初めてそろそろ2年経つ

ブログのトップの文章をちょっと前に更新したのだ!

気づいてました?

1つ目

そう、ジャンルを広げます!

いままで、ストイックに、ジャンルを絞ってフォーカスを集中させてました

そろそろ、新しいジャンルを投入します!

新鮮味がないとネ・・・

2つ目

1つのテーマが完結するまで連続した展開パターン

これって、興味のない人にとっては、“つまらない期間が長い”となる

チェンジする! いくつかをパラレルで展開する!

多少散漫な気もするが、“日替わりランチ”的にしてみようかと・・・

明日、また更新します! さあ、どんなジャンルか?

お愉しみに!
W210の情報(誤った情報の真実は・・・)
2007年09月20日 (木) | 編集 |
W210の記事について毎日多くアクセスがある ありがとうございます

そこで、W210で“調べてもなかなか見つられないちまたで間違って広まってる情報”の真実をお伝えする

ディーラーで、メカニックの方とかに質問しまくって得たモノ・コトもある(苦笑)

おそらく最大の悩みタネは「カーナビ」ではないだろうか?

W210を購入するとき、気になるのは“時代遅れのカーナビ”

性能自体は悪くないが、CD-ROMだし・・・地図も古い

雑誌を見ても、次の世代W211から、“のっとるアダプター”が発売されてるので、純正カーナビを社外品へ簡単にチェンジできる

だが、「W210は初期のCANBUS、ECUであるため純正のカーナビと密接に組み合っててはずすと、おかしくなり始動しないとか、動かなくなる」という間違った情報が広く浸透してる

実際、“のっとるアダプター”はW210用が発売されてないことも、間違った情報を広めることに一役買ってるハズだ!

私も、ショップで「W210だけはムリ」と断られたことがあり、かなり困ってた!

真実は、「そんなことはない!」

私の場合、純正のカーナビが故障し(ラッキー?)、修理見積もりが高額なため、保証でディーラーの方が同等の費用で性能の高い社外品のカロッツェリアのHDDナビに換装してくださった

ちゃんと、動いてるぞ!(爆)

ただし、「設定変更は必要不可欠」

DAS(スター・ダイアグノーシス メルセデス専用のコンピュータ診断システム)で「ナビなし」に設定変更をするのだ

そうすれば、何事もなくW210は動く!

爆笑な話

カロナビに換装していただいて、喜んで乗ってたら車の時計が狂った

直そうとしても、時計を呼び出せない「お~い、時計が直せないぞ~!」

ディーラーに相談にいったら、「『ナビなし』に設定変更されてませんね!」だって!(「ナビなし」に設定変更すればマニュアルで時刻設定ができます 純正のカーナビは、GPS(衛星)から時刻を取ってくるので時刻設定の必要がない→当然、設定画面は出ない)

私は、知らずに結構長い間「ナビなし」設定に変更しないまま、乗り続け社外品のカーナビで動く証拠を作ってしまった(爆)

結論、「ナビなし」に設定変更しなくても、W210はノントラブルで動きます

心配いりません!

でも、「時計をアジャストできない」といったことが出るので、ディーラーなどでDASによる設定変更は必要不可欠です

ただし、「ナビなしに設定変更するとハンドルのプッシュボタンでできたコントロール VOLアップ・ダウンなど」といった機能はと~ぜんできなくなります(右側ボタンはかなりダミーになっちゃいます  ちょっと寂しいけど・・・)

リクエストがあれば、つづくかな?
たまには・・・
2007年09月18日 (火) | 編集 |
時事ネタ をタマには・・・(ちょっとムリがあったか?・苦笑)

先に言っておくと、「私は政治信条はない 支持政党もない」

そういう人間が、こういうアングルから・・・

総裁選が盛り上がってる

福田さんが出てくるまでは、「小泉再登板」という声が上がって「なるほど、そうきたか!」

個人的に、小泉元首相は「(おそらくみんなと違った意味で)すげぇなぁ!」と思ってる

小泉元首相の父親は大臣まで務めた政治家

つまり、二世議員だし、きちんとした政治家の家系

自分は首相をしても、息子を政治家にしないし・・・

再婚もしないで、子供を育てた(いくらでも相手はいただろうに・・・、外国行くときも、奥さん連れて行かないで恥ずかしい思いをしただろうに・・・)

首相になる前は、「永田町の変人」と呼ばれ、父の築いたモノを引き継がず・使わず“一匹狼”

一応、派閥(最終的には、森派)に属しながら全く周囲を気にしない言動・行動

知ってる限り首相になる前から、「郵政民営化」といった過激なことを言ってた

橋龍との総裁選で、まったく勝ち目もないのに立候補→惨敗

あげく、官房長官もしたことないのに唯一首相になった(官房長官にしたら、この人何言い出すかわからないもんな~・爆)

こんな人間を首相にする方もする方だけど、逆にこういう人間しかできないことを(自覚を持って?)かなりやってくれた、と思ってる(功罪もあるが・・・)

常任理事国入りしていれば、ずいぶん日本を取り巻く環境は変わっただろうなぁ・・・

当然、反対する人が多く「反抗勢力」・「反対勢力」と言った言葉が流行ったりしたくらい

それを笑い飛ばす小泉元首相、でも、髪の毛ほとんど白髪になっちゃった

“風穴をたくさんあけた”からこそ、さまざまな旧悪の具現、その象徴として「年金問題」が表面化したんじゃないか?と思ってる

福田さん・麻生さんどちらが総裁になってもかまわないけど風通し良く、良いところは伸ばし、悪いところは正してもらいたいものである
これは良い!
2007年09月16日 (日) | 編集 |
Anne Kei 1


久しぶりに音楽の話題

ちょっと時期を逃した気もするけど、試聴用・音決め用としてなかなか良いCDに巡り会えたので紹介する

ちょっと前までの右横のAMAZONでも出てくることがあったCD

ある日TOWER RECORDSに立ち寄ったときに「これジャケ買いOKです!」というキャッチコピーが貼られてた

思わず吹き出しそうになったが、試聴できるようにセットされてるので聴いてしまった(バカかも?)

そしたら、ビックリ!

アコースティックな楽器を多くフィーチャーして、録音もすばらしい!

「あらら! へぇ~」

曲のスピードもゆったりして、おだやかで聴いていて気持ちイイ!

これで音も良い!

音決めに使える!

で、買ってしまった(笑)

ジャンルで言えば、「NEW AGE」 とか「JAZZ VOCAL」にするしかないんだろうけど、お薦めできる!

レコード(CD)会社 ZAIN RECORDS

品番      ZACA-5002

アーティスト名    Anne Kei

アルバムタイトル   Tsuki

こんなことを書いても、私には一銭もCD会社からいただくことはございませんことを申し添えます(爆)
あつものにこりて・・・ん・・・ 3 “必殺技をかます“編
2007年09月13日 (木) | 編集 |
さて、このマザー位置づけはメインマシンの“スーパーサブ”

つまり、いざというときにしっかり動いてくれないといけない!

安定性が必須!

入手後あらためて見みると、パターンが残っているのに、ケミコンがかなり省略されてる
P5P800 使用前

ニヤッとした!

CPUまわり,LANチップまわり,ノースまわりといった大事な部分の省略が激しい!(ぎょえ~、ここまでコストダウンしなくても・・・)

最近、ネットの記事で見ることは大変少なくなったがちょっと前は、“省略された空きパターンにケミコンを追加する”とか、“ケミコン妊娠事件(なつかしいね!)”の頃は、長期安定運用するためにケミコンを“アップグレードする”といった“チューン”が流行ってた

自分がギガバイトDXR+で試したら、「レスポンスが非常に良くなり、スーパーπも伸びた(古いマザーなのに現在のモノと遜色ないパフォーマンスを持ってる)」という答えを出した(結果が出て満足!)

当時は、OSコンをつける・交換する人が多かった、と記憶している(これ、高くつく!)

で、今回私の場合、DAC製作などの余剰ケミコンを有効活用して追加するのだ!

→ “ケミコンを空きパターンに追加する”が“必殺技をかます”なのだ

多少、“イタイ気がする”が余剰パーツの有効活用としてはうってつけだ

手持ちを見たら、「う~ん、(容量が多いモノを)やっぱ買い直そうかな?」と思ったが、キリがないのでガマン

それでも、ないよりははるかにマシなハズ!

また、いまついてるケミコンのアップグレードはしない(そこまで本気を出さない・爆) とした

その代わりといっては何だが、「空きパターンに全部ケミコンを埋めた」(苦笑)

ではみなさん、“使用前”,“使用後”を確認してみてね!

オリジナルの基板(再掲)
P5P800 使用前

空きパターンにケミコン装着後
P5P800 使用後


今回さすがに、“使用前”&“使用後”の性能差をチェックしてないが、“問題なく動いてる”し、「速いと感じてるのでこれで良し」とする

みなさん、こういうアプローチはいかが?
あつものにこりて・・・ん・・・ 2
2007年09月11日 (火) | 編集 |
では、回答を・・・

選んだマザーは、個人的に最終評価を兼ねて、ASUSTEKをもう一回選んだ(これで“おちゃめ”なら2度と買わない!個人で連続して2個買えば充分でしょ!)

製品は、「P5P800 SE」

マザーボードの箱 1


オクで落とした(と~ぜん、中古です!)

このマザー、スペックがとってもステキ!

使われてるチップは、通常、「PCI EXPRESS&DDR2用」なのに、「AGP&DDRに(ムリヤリ?)対応」

おまけに、現時点ではCore2Duoに対応してない(今後するかもしれない)が、インテルが対応させてないPentium D(Dual Core)に対応させている、というASUSTEKらしい一品(キワモノ かもしれない)

→ ピンポーン 正解! こいつ かなりのキワモノ!(結果論・爆)

さらに、インテルのLANチップ(ギガビット)がオンボードだ!

→ これが決め手になった

LANチップについて

最近は、マーベルのチップばかりついてる

現在、マーベルのチップがついたものを2枚のマザーで使ってるが、やはり、LANチップはやっぱインテルがスピード・安定性ともにベストだ(試した結果、オンボードのLANを使わず、わざわざPCIにLANカードを追加して挿してまでインテルのギガLANを使ってる!)

話が脱線してしまうが、インテルの(ギガ)LANのLANカードをわざわざ買ってオンボードの代わりに使うことは経験上お薦めである!(マーケットプライスは、バルクで5,000円くらいから買えると思う,サーバー用とか、デュアルポートといった凝ったモノはもっと高いけど・・・)

話を元に戻して、以上から再利用パーツで快適・高速なポテンシャルを秘めている

CPUは、いまさらの「Pentium D925」

→ 実は、この入手が一番キツかった!

さすがに、Core2Duo全盛で、PenDシリーズは強烈な価格改定(ダウン)とともに一気に市場から消えかかっていたからだ(ほぼ枯渇した、といえる)

個人的にも、「何でいまさら、こんなの必死に捜さなきゃならない?」と感じた(苦笑)

できれば、強烈な価格改定があったので一番高クロックのモノが欲しかったが、“売れ残ってるのは価格改定以前のモノを抱えてる店ばかり”で断念!

さすがに、改訂前の価格はCore2Duoの価格を考慮すると高すぎる!

で、何とか安く見つけたのが「D925」という少々低めのクロックになってしまった(それでも、デュアルコアの3.0GHz,4MBのキャッシュ→結構豪華でしょ!)

さて、次回はお待ちかね(誰も待ってない?)“必殺技をかます”編だ!
あつものにこりて・・・ん・・・ 1
2007年09月08日 (土) | 編集 |
メインマシンの復旧もいい感じに仕上がってきた

あきらめて、“クリーンインストール”し、再設定を進めてる

まだ完璧ではないが・・・

原因を友人と話して遅くなった理由は,こんなことが結論のようだ

「マザーボードを交換したら、クリーンインストし直さないと・・・」とのこと

「いままでマザーボードを交換して,とくにシステムの不調を感じたことがなかった」が、友人によれば「だんだん必ずご機嫌ナナメになる、いままで例外なし、クリーンインストは必須」とのこと

「う~ん、私とはかなり違うなぁ・・・」

と思ったが、今回は“だんだんご機嫌ナナメ”は思いっきり理解しちゃったし、経験した(腹立つ~!)

削除できなくなった,フリーズ気味になる、ポートが開かなくなった などなど・・・

『え~い、こんなモノぉ・・・』だぜ!

「これじゃ、メインマシンにならない!」

(まだ、この時点ではクリーンインストしてないので・・・)「仕方がないもっと安定したモノをもう1つないと困る・・・」

で、ついにAMDをあきらめ初のインテル・マシンを組むことを決めた

だが、クアドコアから始まった新しいモノが投入される“前夜の時期”ゆえ、本気を出さず安く仕上げるのが得策だ

その代わりといってはなんだが、インテル・マシンには 久々に“必殺技をかます”

また、安くあげる以上、余剰パーツを最大限有効活用する

・DDR PC3200 512MB×2(DDR2ではない)
・AGPのグラボ(これは さすがに 8× です)

上記のパーツを再利用して作ればレベルは・・・

かといって、“ご機嫌ナナメ マシン”を“あやしながら安定運用は不可能!”(ぎぇ~)

→ そこそこで充足する!(スーパーサブという位置づけもある)

中古・オクを利用して安く仕上げるのだ

さて、みなさんどんなマザー,CPUをチョイスしたでしょう?

ふふふ“必殺技をかます”とは何だと思いますか?
スタイラス チェンジ!
2007年09月06日 (木) | 編集 |
台風が関東直撃ですが、みなさん無事でしょうか?

明日の出勤は想像したくないですね~!めいっぱい上陸してるだろうし・・・(苦笑)

さて、

ちょっと前に、アドエスに標準添付されてるスタイラス(画面を指・爪の代わりに正確につっつく棒)が落とす・なくす危険性が高いので、別のものを購入し使っていた

勾玉 1


全く問題なく調子よく使っていたんだけど、せっかく W-03(エス無印)→W-03es(アドエス)と機能アップして、“スリムになった”のに、“ストラップがごつくてイケてないなぁ”と感じてた

「細いストラップに交換しよう!」とすると、こいつは“ぶったぎるしかない”

→ちょっと、気が引ける

で躊躇してた

でもって、新たにグッドなものを見つけたので買ってしまった

「はるかに繊細になって、ルックスはグッド!」気に入った!

ニュー 1


これが、“勾玉型”
勾玉 2


これが、新しい“ペン型”
ニュー 2


使ってみて感じたことは、

“タップ”以外に“字を書く、といったこまかいことをするならペン型”と感じた

だが、スマートフォンの場合、スタイラスは“タップがメインだと思う”

機能を限定すれば、ぜ~ったい“勾玉型”の方が“ホールドが良く”優れてる!(あ~あ)

慣れれば変わりないかもしれないが、“両立は難しいモノ?”(苦笑)
ふぇへへへ きゃあ きゃあ(狂喜・壊) 尺ヤマメ!
2007年09月04日 (火) | 編集 |
34cm


これはうれしい!

「今期(禁漁前)最後の釣行・・・」と思いながら、この日曜日(9/2)ホームグランドの桂川へ

午前中 めっちゃシブく“キッツイ釣り”

あまりに数が出ないので、久しぶりに“(ニジ)マスをキープ”したくらい

午後、多少良くなったが、「帰ろっかなぁ・・・」と思いながら釣る始末、大きく状況は変わるとは・・・

が、しか~し、突如13:00を過ぎ 「いきなりヤマメ 爆釣ターイム!」

“胸がスーっとする”とは このことなりぃ!

いきなり出てきて でかいヤツが反転 ガツンとアタリ! すかさずアワセ!

ー キタ ー 

最後の最後に34cmの尺ヤマメ・・・

“想定外”だけに、うれしさも倍増!

(キレイな)尾っぽの状態から“(最近の)放流モノ”じゃなく、“しばらく川で育ったモノ”だ

さらにうれしくなった!

相棒もしっかり尺ヤマメをゲット!

でも残念ながら、家に帰って写真を撮ったので“焼けて”しまっている

キレイな釣り上げた直後に撮りたかったが、釣り場で撮ると“バカ丸出し”なんでガマンした(く~!)

渓流釣りでは、はじめての“有終の美”だ!

P.S ○○さん、やっぱ、来るべきだったかも?
PLUS 作例 第5号 beryl_52  さん
2007年09月02日 (日) | 編集 |
うれしいです! ホントに久しぶりの完成のご連絡をいただきました!

「P.P.P PLUS」は真空管アンプをよくご存じの方には、「小さいながら、とってもこだわっているモノ」をご理解いただいてると思いますが、そのせいか、完成される方が少なくちょっと悲しい

でも、こうして完成のご連絡をいただけると報われた気がします!

では、ご紹介いたします!

beryl_52 さん


昨年配布いただいたP.P.P.PLUSがやっと完成しました。
と言ってもあまり美しくできないのが私の常です。

→ いいえ、そんなことありません! きれいに配置されてますよ!

最初に出来上がって、20時間ぐらいエージングした後,

高音部が荒い感じがして,電源部を○川式もどきに変更してあります。

高音部の荒い感じはとれて情報量は増しました。

出力トランスはタンゴのCRD5とCO5を一つずつ持っていたのでそれを使いました。

電源コンデンサーは普通のKMGを使ってます。○川式もどきの追加電源コンだけフィルムコンが追加してあります。

常用しているSATRIの5510Kと比べてそん色ありません。

PPPのほうが低音が出る分,ブーミーな気が少しします。

真空管AMPでこんなに情報量の多いのは初めてです。

十分満足しています。ありがとうございました。

お褒めの言葉をいただきありがとうございます!

「高音部が荒い」とのことですが、カップリング・コンデンサーのEROを換えると良くなると思います

○川式 は、やっぱ効果ありますか?

試そうと思ってます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。