自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発注したぞ~
2007年02月28日 (水) | 編集 |
 やっと、まとまりトランジスタを発注した

 今回は、トランジスタを探ることをねらいとして、1つトランジスタのアンプをコピーしてみようと思っている

 コピーといっても“トランジスタの回路的にはごく一般的なモノ”なので、まったく同じ定数を用いなければブログでさらしても問題ないと思っている(そんなに革新的な回路などめったにあるもんじゃあございませんて 笑)

 私の場合、定数をいじってしまうため最終的に“とてもコピーとは言えないモノ”になってしまうケースがほとんど

 1つ作っておけば、“トランジスタのテストができる”という意味で便利だ・・・(問題あるが、トランジスタは抜き挿しできるように創るのだ!)

 ユニバーサル基板を使って、手組みするのだ

 さあて、「どんな音が出るか?」愉しみ!

 音が出なかったらどうしよう?

 うまくねらった結果が出たら、あらためてご紹介する
スポンサーサイト
フィットネスクラブ=メンテ ん・・・
2007年02月25日 (日) | 編集 |
 20代は、仕事で無茶な生活をした

 みなさんもおそらくそうでしょう?

 仕事で、ストレス・残業・不規則な食事・栄養のかたより・睡眠不足 あげればキリがない・・・

 今になって思うが、「20代=寿命を縮める時期」という気がする。

 そのツケで医者に「アナタの場合、適度な運動は必須です!」と言われてしまった。(苦笑)

 それで、仕方なくフィットネスクラブに入会した。

 「週1行くぞ!」と決めてるが・・・

 これ、難しい!

 カゼが軽快したので、今日(日曜日)久しぶりに行ってきた。

 汗を流し、サウナ、マッサージ機をやった。

 いつも思うが、運動した後のサウナは“アク抜き?”と思うくらい汗が濃い!

 そして、マッサージ機

 どうも、フィットネスクラブ=(自分の)メンテ と感じてしまう(爆)

 「フィットネスクラブ=オシャレ」といったポピュラーなイメージとはほど遠いなぁ・・・
ひさしぶりに試してみたいことが・・・
2007年02月23日 (金) | 編集 |
 DACでだいぶトランジスタのとっかえひっかえをやった。

 それで、「三菱のトランジスタが好みに合う!」と答えを出した(ホッとした)

 やってみられた方は分かっていただけると思うが、このとっかえひっかえの視聴によるテストは“しんどい”

 そのせいかトランジスタ関係は“放置プレイ状態”(爆)

 ここにきて、興味深い記事を読んだので、ひさしぶりに試す気が出てきた

 基本的なスタンスの“真空管”は換えるつもりはないが、DACなどのデバイスを使うとなると、トランジスタ・OPアンプは避けて通れない!

 この2つは自分なりに答えを出さないと・・・

 「どんな答えが出るか?」愉しみにしている

 ただ、忙しさにかまけてパーツを買いに行っていないので、何も言えない(く~!)

 近々、何とかしようと思ってる!
やりたいなぁ・・・
2007年02月20日 (火) | 編集 |
 カーオーディオを何とかリニューアルしたい!

 やまださんからもコメントいただいたが、何とかしたいと調べ続けて一年、かなり難しそうだ!

 できるところはやるつもりだ!

 たとえば、スピーカーのグレード・アップとか・・・

 「ナゼ難しいか?」というと、

 メルセデスのW210(W210,S210)だけがECU(車の制御用コンピュータ)、カーナビと強固に組み合わされているらしく、「うかつにカーナビをはずすと車が動かない」というおっそろしいハメにあう!

 後継機種であるW211(W211,S211)では、解明されており、カーナビを社外品に換えたり、ハンドルについている各種スイッチ系もそのまま使えるようなアダプターが発売されている。

 W210(S210)もその気になれば、カーナビをはずすことができる。

 唯一安全にはずす方法は、「ディーラーのDAS(メルセデスの故障診断用コンピュータ)で『カーナビなしに設定』してもらう」という方法。

 これを行った場合、「たくさんついてるハンドルの各種スイッチが死んでしまう」特典つき!

 「この特典だけは絶対イヤだ!」

 こういった理由があって、オーナーによっては、「社外品の優れたカーナビをもう1つ追加する」でガマンしているケースがほとんどなんだって・・・(何台もこのパターンを見ているけど車のフロントグラス付近に2つもディスプレイがあるのはちょっと・・・だ!)

 「誰か、いつか解明してアダプターが発売される」と信じて待っているが、まったくその気配がない!

 打つ手がなく、待つしかないのだ!

 これがクリアできれば、初期のCD-ROMカーナビとおさらばできてオーディオもバッチリできるんだが・・・(く~!)
そろそろ1年経過・・・
2007年02月18日 (日) | 編集 |
 中古で車を購入してそろそろ1年

 保証期間も1年

 ということは、無料で直してくれる期間もそろそろ終了だ!

 ここで、中古車の購入を考えている方へいくつか気がついたことを・・・

 以前にもチラッと書いたことがあるが、「中古車は乗り手が換わると必ず不具合・故障が発生する」ということだ。

 まあ、オカルトめいた感じだが「車もその人の乗り方(クセ)でしつけられる」

 これが、次の人に「もう一回しつけ直される」わけで、前の人の弱らせたところとかが不具合・故障を起こす!

 私の車は、北から来たので東京の渋滞・夏の暑さの経験はない。

私       「おそらくクーラーに異常が出ると思うよ!」
ディーラーの人 「ちゃんと整備したから大丈夫ですよ!」
私       「そうであることを祈ってますが・・・」

と、一応予言しておいた。

 予想どおり(期待どおり?)クーラーが故障した。(苦笑)

 それも、結論からすれば“大修理”であった。

 それは、「クーラーの配管からのガス漏れ(完全に抜けた)」

 原因箇所が正確に見つけられなかったために、ディーラーの人の好意(予言が効いたか?)で「配管総交換・ガス再充填」(←ものすごくうれしい)というクーラー故障ほぼ最高額のパターン

 これ以外にもいくつか不具合・故障は発生したが、私の場合納車時リフターで車を持ち上げて底を見せたり、オイル総交換(デフ・ATFなどすべて)・ブッシュ類もかなり交換され大変丁寧に整備していただいたモノ

 それこそ、購入前に乗ったときとは見違えるほど調子が良くなっていてビックリするくらい整備してくれた。

 だが、やはり乗り手が換わるといろいろ出てくる

 ということで、中古車を購入される方は、最低でも夏を越え10月程度、できれば、1年の保証を約束させることを条件とされることをアドバイスします!

 えっ、単に私の乗り方が悪いだけ!ってか・・・(爆)

 
こんなとき・・・
2007年02月15日 (木) | 編集 |
 カゼもまだまだキツイ!

 抗生物質の大量摂取により、カゼは一時より良くなった。

 そのトレード・オフで来るのが“内蔵のもたれ(胃のむかつき)”だ

 こうなりゃこの際、体中すべての“毒素”をデトックス(解毒)してくれないかなぁ・・・(爆)

 そして、年度末に向けて仕事も忙しさを増すばかりで、解放される気配はまったくない!

 こんなとき、「夢は荒れ野を駆けめぐる!」(あれっ、枯れ野だったか?・・・笑)

 オーディオ以外にも「渓流釣り」も趣味!
釣り雑誌 1

 「3月は、渓流解禁!」

 「ぜって~、行ってやるぜぃ!」
釣り雑誌 2

 今年こそ、40cmを超えるヤマメを釣りたい!
釣り雑誌 3

 いままでの記録は38cm(く~、なかなか40cmオーバーは難しい!)

 さて、みなさん はんだごて・製作で家にこもっていると心が病んじゃいますよ!

 たまには、いい空気を吸ってリフレッシュしましょう!

 「渓流釣り」はその点、うってつけです!

 同じ「渓流釣り」が趣味の方はいらっしゃいますか?

 ご一緒してみたい方はいらっしゃいますか?

 ご希望があれば、メールで・・・
風邪(カゼ)について
2007年02月13日 (火) | 編集 |
 「カゼをひいた」

 ひどく日常的で当たり前のフレーズでなんの面白みもない

 だが、個人的には「カゼが出てきた!」である

 10年くらい前から、疲れがたまっていて、ふと気がヌケたときにカゼが出る!

 そして、必ずバッチリ気管にに入り「ゴホ、ゴホして」熱もガッツリ出る

 ここまで、しっかり悪化するのが、私のパターン

 そして、抗生物質などの薬を飲み、効き治ったように感じるが、(決して治らず)沈静化しているだけで、また次の機会をジッと待っている というイメージ

 なので、2~3年に1度はこんな感じでカゼがでている

 どうも、子供の頃とはパターンが変わってしまった気がしてならない・・・

 みなさんはどうですか?
すごすぎる・・・
2007年02月10日 (土) | 編集 |
それは、新宿駅でのとある光景
新宿 1

いつものように、JR新宿駅で山手線内回り(池袋方面)のホームで電車を待っていた
新宿 2

目の不自由な女性が白い杖を用いながら歩いてきた。

その女性は自然に「乗降位置」できちんと止まったのだ。

と、書くと「普通じゃん!」と思うでしょう!

写真を見るととおわかりいただけるが、“この黄色いボコボコした目印”には乗降位置と判断できる区別がない。
新宿 5

「なのに、何でここが乗降位置と判断できるんだ?」

あらためて観ると、他の場所との違いは「写真の矢印のついている“路上ペイント・マーカー”」がある程度(これはキレイに埋め込まれているので、矢印型に飛び出していない)
新宿 4

白い杖でこのマーカーを叩いた(触れた)ときの杖の感触で「乗降位置と判断」したとしか思えない。

こういった、マーカーはいたるところにある

にもかかわらず、ここを乗降位置と判断できる・・・

この後さらに驚いた!

電車が来て、ドアが開くときに「正確にドアの横へ1歩にステップ」

あたかも見えているかのように・・・

そして、人が降りた直後ドア・人にもぶつかることなく・(電車とホームの段差に)つまづくことなく自然に乗車した

この一連の動作があまりに健常者となんら変わらなかった

私は絶対できないと思うし、できるようになるまでの努力は・・・
PLUS 作例 第3号 Yamadaさん
2007年02月07日 (水) | 編集 |
 久しぶりの作例です! Yamadaさんです!

 彼は、ブログもしていますのでご紹介します!
http://blogs.yahoo.co.jp/goe7688

正面 1

 キレイにケーシングされてます! 自分でCADで図面を起こされたとのことです!(すごいなぁ・・・)
リアパネル 1

仕様

カップリング  MULTICAP PPFXS(スズ箔)
抵抗      デールRN65,RS2B   WESTRN145A(初段カソード)
トランス    橋本 HW-15-5
配線      電源系  ダイエイ電線
         入力系  カルダス G-MASTER REFERENCE Ⅱ L
出力系     カルダスSP線ほどいたモノ
ケース     タカチ  OS 88X230X470 上蓋は放熱用の穴明け予定

 → ケーブルの選択にコンセプトを感じます!

 → OPTも力が入っています!

 ちなみにセレンは、Rコアトランスにゲタをはかせて浮かせてその下につけました。

 → この辺センスありますね! こういった発想がないとコンパクトにならないんだよね!

 設計、配線は結構苦労しました。

 というところでただいまエージング中。
中身 1

 ファーストインプレッションとしては、PPPと同系列の音だけどすべての音が力強くなってます。

 骨太でスケールが1枚上手という感じ。エージング後が楽しみです!

 プレート電圧計ったら、190Vと110V、低すぎですね。

 (数回のメールのやりとりの後)

 220kの抵抗47kに換えてみました。

 電圧値

 110V→140V
 200V→240V

 → このデータは参考になりますね!

 音は、中域のキレが出て来て俄然良くなりました。
でも電圧もっと上がるの期待してたんだけどなあ。
上面 1

 さらに電圧調整をされました!

 抵抗を22Kとしたところ、256V、148Vとなりました。

 音も、切れ味が旧PPP並となりトータルでは上になりました。

 心配したハムも出ていません。

 後でRS-2Bの22Kに変更します。
買いますた!
2007年02月05日 (月) | 編集 |
 ウインドウズ・ビスタ・アルティメイト・α(Windows VIsta Ultimate + α)を買いますた!

 某PCショップのDMで「来週から、Vistaが値上がりします!」と書かれていたので・・・つい・・・(バカだ!)

 どうせ買うなら、限定版の「α」にしよう!

 私は、「限定品・限定版」といった“リミテッド・エディション(limited edition)”というワードにつられてしまう人間である。(笑 バカだ!)
ビスタ アリティメイト α

 買ったものの、現時点でインストールしない。

 というのも、仕事が忙しいこともあって、ビスタに換えたことによる不具合に落ち着いて取り組めないからである。

 そうたいしたことではないと思うが、たとえば、「このブログが更新できない!」などとなったら一大事である。(爆)

 ビスタはマイクロソフトがよっぽど力を入れているらしく、「Windows Vista Upgrade Advisor」などというプログラムで「Vista導入後に自分のPCでどのような障害が起きるか?」を事前に診断できる。

 これを実際にやってみた。

 診断の結果、「自分のPCではハード面でのトラブルが発生しない」ことがわかった。
←ナイス!

 vista導入をお考えの方は、このプログラムをマイクロソフトからダウンロードして試されてみるのも便利と思います。

 私のPCのスペック(ちと、古めの自作PC)

・マザーボード ギガバイト GA-7NNXP(nForce 2)
← メモリー相性のキツイヤツ!
・Socket A Athlon XP 3200+(FSB 400)
・メモリー DDR 400 Micron 1GB × 2
・GPU Volari Duo(nVidiaとATIのグラボ独占状態に反発して!)
・LAN カード intel PRO 1000MT server adapter

 といった構成。

 だが、ソフトでは「DAEMONがダメ!」と診断された。(それ以外はひっかかっていない)「ふ~ん、そうなの」といった感じだが、けっこうこのフリー・ソフト便利なだけに「使用不能」となるとかったるい!

 当然、改良版を開発していると思うが・・・

 ソフト面ではまだまだ対応が完了していない部分もあるようだ!(う~ん、Vistaは開発期間が長かったので、対応できていても良いとは思うんだけど・・・)

 3月に入ったら自分もVistaフィーバーも多少落ち着くだろうし、そのころインストールしようと思っている。

 

こういうCDをリコメンド!
2007年02月02日 (金) | 編集 |
 アンプでも、DACでもできあがるとうれしい!

 そして、自分で創ると“最高の音”だ。

 できあがってしばらくすると落ち着いて「いざ、音質調整!」ということになる。

 調整に使うCDは、

1.“できる限り録音・音質の良いモノ”

2.“高音から低音までバッチリ入っているモノ”

 が必要になる。

 そして、良いモノを見つけると“ある曲のあるところばっかり聴く”を繰り返す。

 大事なことだけど、けっこうツライ!

 そんなときにいかがかな?
プラグ 1

 アコギ1本のコンピレーションアルバム。

 ごまかしのきかないアコースティック・ギター

 基本的に、生音を重視して録音されている。

 薄いリバーブはかかっていても、ピックアップで拾って音を作っていないモノばかり。

 「NARADA」というレーベルで品番は「ND-61065」

 大手のCDショップであれば入手できると思う。
narada 2

 「NARADA 品番 72438-50772-2-7」

 どちらもジャズ・クラシックといった多くの楽器で高音から重低音までバッチリ入っているというわけじゃないけど、リファレンスとしても充分イケル!

 軽くかけるもうるさくなく、BGMとしても良く、「なんかかけたいけどあっさりしたのがイイな!」というときに重宝する。(そういう目でテレビを見ているとけっこうBGMに使われてるんだよね、ギター1本の曲!)

 自分的には、“使えるCD”!

 どうかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。