自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V エアバルブのクリーニング
2015年06月28日 (日) | 編集 |
IMG_2518

久しぶりのメンテネタ

W124 AMG 300CE 3.4-4Vのアイドルエアバルブをクリーニングした

理由は、数ヶ月前からエンジンが暖まった状態で(一度動かした後)での再始動後、アイドリングが高くなってしまうこと


私の車は、ATの消耗を抑えるためにアイドリングを500rpmまで落としてる


だが再始動後は、通常の750rpm、またはそれ以上になってしまう


これはうれしくない!

せっかく調整して、わざわざアイドリングを落としてるからだ

それに、AMGエンジンなのでパワーがある分ATには優しくないこと間違いなし

さて、作業工程

IMG_2512

エアクリーナーカバーをハズす


IMG_2513

アイドルエアバルブはここについてます!


IMG_2514

配線をハズして


IMG_2515

IMG_2516

ジャマなパーツを先にハズして


IMG_2517

アイドルエアバルブをハズします!

IMG_2518

覗いてみます!


IMG_2519

IMG_2521

IMG_2522

あまり汚れてないようで残念!


IMG_2523

パーツクリーナーを気前よく吹いて汚れを落とす!


IMG_2524

それなりに汚れてるようです!

IMG_2525

IMG_2526

パーツクリーナーで汚れを落とすと、

グリスも取ってしまうので

アイドルエアバルブの動きが悪くなる、とのことで

グリスアップしておきましょう!


IMG_2528

ついでに、各コネクターも

接点復活材のたぐいを

しっかりスプレーしておきましょう!




スポンサーサイト
WAKO’S RECSをやってみたっ!
2015年05月09日 (土) | 編集 |
ネットでいろいろ検索してるときに、ひっかかった!

WAKO’S RECS

WAKO’S RECSのHP

これはインテーク系のカーボンを取り除いてくれる!

それに、ピストンヘッド、吸気バルブについたデポジットまで取り除いてくれる、とのこと

→ ピストン・ヘッド ホントにHPのように取れるのかな?

これを実際にやるとなると、最低でもヘッド回りのOHを行わない限りできない

ヘッドのOHをやるとなると、DOHC 24バルブのヘッドはコストがかかる


この程度の費用で、“同様の効果”があるなら、すばらしい

紹介されてるほどすばらしい結果は出なくとも、それなりに効果はあるだろう・・・

13万キロ走ってるので、バッチリデポジットがついてるのは疑いの余地がない


フリクション・ロスが減って、フケが良くなるとイイなぁ・・・

さらに検索すると、GERMAN CARSでよく紹介されてる、STELLA MOTORSがヒット


BMWを得意とする店で、キャンペーンを行ってて、さらに1.5倍の量で行ってくれる、ということを知った

なら、やってみるっきゃないねっ!


で、電話してメルセデスのW124でも行っていただけることなどを確認して行き、行ってもらいましたっ!


IMG_2422.

負圧のかかるとこにつなぐ!

IMG_2423

これは紹介されてた写真のように、白煙を巻き上げてるところ・・・

IMG_2429

フカしてる音を聴いて、明らかにフケ上がりが良くなってるがわかった

うん、この程度の費用でなら、すばらしい!

それに、少し静かになったね!

効果あり!

これはイイね!
W124 AMG 300CE 3.4-4V 車検対策でヘッドライトレンズ交換(苦笑) 2
2014年10月16日 (木) | 編集 |
ここで重要ポイント!

ヘッドライトをハズしたら、レンズをハズすために “激安中華”のヒートガンを使いましょう!


うかつにハズすとすると劣化したプラスチックのツメ、ボロッと折れちゃいます!


→ 大変なトラブルです!


IMG_1961

ヒートガンで暖めて!

IMG_1962

ハズれました!

IMG_1953

前回ハズしたときに思ったことも加えたい!


IMG_1955

それは、ヘッドライトローワーカバーの風よけのゴムをとっぱらうこと!

IMG_1956

空力的には不利になるが、少しでもエンジンルームにエアを取り入れて冷やしたい!

IMG_1970

取っ払ったところで、ヘッドライトローワーカバーをつけるので “ほんの少しだけ隙間ができる程度” だが、「ゴムで遮断してるよりはマシなハズ!」

IMG_1971

上の写真が、ゴムをとっぱらった後、のぞき込まないとわからない程度の差しかないが、やらないよりはやった方が良いでしょう!


どうですか? 交換後はこの上の写真のようにヘッドライト回りがキラキラしました!

おかげでテスター屋さんでは、光量はまったく問題なしでした!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。