自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ユーザー車検 裏話
2012年11月06日 (火) | 編集 |
今回のユーザー車検は、「ま、なんとかクリア」と書いてる

そう、裏話があるっ!(苦笑)


検査自体はクリアしたが、

問題噴出(苦笑)


ユーザー車検の1ヶ月以上前(たまたま時間的に行ける日があったので)、テスター屋さんに行った

1.ヘッドライトの照度


テストしたら、ヘッドライト左の照度 足りないですね~、これ落ちますねぇ、右・左でかなり照度違いますが、理由わかりますか?とテスター屋さんで言われた

「心当たりあるっ!」

ドンキで激安中華(1,000円以下)のブルーでコーティングされた、ハロゲンランプ(H4)を購入して装着してたっ!

あらら~、やっぱクオリティーにバラツキがあるのね!自分で夜ヘッドライトを点灯してるときの見た目じゃぜ~んぜんわからなかった!(苦笑)

→ まともな、ハロゲンを購入、リプレイスで条件クリア

だが、これ以外にも思い当たることがあった

それは・・・


1回右のヘッドライトをハズして整備した 試しにヘッドライトの内側を拭いてみたら、見た目はキレイだったのに、かなり汚れが付いてた

そこで、こっちはかなり念入りにクリーニングしておいた


実際、ヘッドライトの内側をキレイにすると、拭いて汚れがとれる場合、程度の差はあるが2~3割は照度が回復するとのこと

それに対し、左側はハズしてないし、クリーニングもしてない おそらくこっちの方が犯人くさいが・・・(苦笑)

2.パーキングブレーキ 左側だけ 極端に 甘い


テスター屋さんにでテストするとき、“フツ~に”踏んだ

「左、甘いですね~、

全然足りません、

もっと踏んでください!」


と言われて、テスターの数値を見ながら、検査合格するところまで踏み足して確認(ゆっくり、2回もやらしてもらいました、感謝です!)

→ 通常パーキングブレーキは使用頻度が低いモノなので、無交換が多い


→ 車齢20年を超えた、このAMG W124 おそらく無交換だろう

→ 恥ずかしいくらい、右と左の差があった


→ げっ、パーキングブレーキリペアキットをオーダーして、リプレイスするには日数的に足りなそうだ!

→ 検査時はめいっぱい踏み込めば合格するので、とりあえず車検だけクリアしてその後、整備しよう!(逆になるが仕方ない)

3.マフラーでツッコミが入るかも?

(マジ、おそれてた)


これは、想定してた

シャーシのアンダーはラインを通るときに下からバッチリ検査される(目視)


春につけたばかりのステンレスマフラーまだ、バッチリキレイで目立つ

大中古車なのに他の部分と比べて浮いて目立つマフラー、ツッコミどころ満載!(苦笑)

まして『マフラーは「車検対応品」かどうか?』を問いただされる可能性が高い

案の定、訊かれました


「このマフラー新しいですね! どうしましたか?」


訊き方は“ていねいでやさしげ”だったが、あぶない、あぶない

「穴が開いて、

腐ったところを作り直しました」

(やりたくなかったが仕方なくやった、

という感じを出す!笑)


→ この応答、考えてました!

用意してました!(爆)


→ この応答のために、マフラーエンドのAMGの刻印が入ってる部分はオリジナルを“アリバイ”としてわざわざ流用して取り付けてる

うかつに答えれば、「車検対応品じゃありませんね!」といわれてアウトです!


いくつかの障害物競走を乗り越えてクリアしました!







スポンサーサイト
W124 AMG 300CE 3.4-4V リヤスピーカーの調整
2012年10月16日 (火) | 編集 |
そろそろ車検も近づいたある日、そろそろ準備しないと・・・
IMG_2733.JPG

リヤスピーカーは13cm
IMG_2732.JPG

フック(クリップ)3個で留める独特の形状

なので、汎用のスピーカーは装着不可能


たまたま、500Eのオプションのスピーカーが見つかった
IMG_2726.JPG

おっ、こりゃイイ ウーハーのマグネットが巨大


現在ついてるスピーカーとの比較
IMG_2738.JPG

IMG_2737.JPG

だけど例によって、ドイツの超高性能超軽量「紙のコーン」

→ この組み合わせで、重低音が出せるわけない!(爆)

→ 超高能率で中域を再生する、いわば“ミッドレンジ・コーンドライバー”(爆)


→ だが、トランクをスピーカーボックスとして背負い込めるのでカーオーディオとしては、強烈に有利! かなり低音も出せるハズ!
IMG_2736.JPG

ツイーターが2個ついてるのは、イヤ~な感じだが・・・(苦笑)

→ 2個のうち1個はナナメを向いてる

→ ただでさえめちゃくちゃになるカーオーディオ再生の位相を、余計ひどくしてくれます(苦笑)


この際、ツイーターをぎ取っても良いけど、そのままにしてた


でも、やっぱり片チャンネル、ツイーター2個はやりすぎ

ナナメ向いてる1個、これがやっぱ いけないっ!


車にインストールして聴いてみると・・・

対角のツイーター(左ハンドルなので、右後ろにスピーカー)は運転席めがけて高音を狙い撃ちっ!

これキツイ!


なので、速攻でツイーター2個、計4個 全部 ダンプすることを考えた

そんなこと考えてたので、カバーをつけず使ってた(放置してた?)


13cmなので、ツイーターなしでも充分に高域は伸びる


さらに、巨大なマグネットに軽い紙のコーン、能率が高く、ウーハーになんてなるわけがない

→ “時代の要求”で、こういうスピーカーを作らざるを得なかったんでしょうなぁ・・・


もぎ取ってもキレイに仕上がらない


パッシブネットワークが残る、そのまま鳴らした方が始末が良い


そこで、ダンプする方法を考えた
AIMG_0446.JPG

検討の結果、黒い革のハギレを買ってきた

AIMG_0447.JPG
いろいろ考えたが、今回は安易にブチルで留める
AIMG_0444.JPG
なかなか手が届かないので作業はしんどい!(苦笑)
AIMG_0448.JPG

AIMG_0449.JPG

AIMG_0451.JPG

こんな感じで、ダンプしたっ!

AIMG_0436.JPG

AIMG_0453.JPG

AIMG_0454.JPG

AIMG_0455.JPG

そして、スピーカーカバーをはめる

インプレ

ツイーターに“高音を狙い撃ち”されなくなったのもうれしいが、やはり13cmのスピーカー かなり高域が出てる!13cm1発の方が帯域バランス優れる

それに、巨大なマグネットによる中域の充実!

思ったとおりだ すばらしい!


やって良かった!





W124 AMG 300CE 3.4-4V 地道に接点を磨く
2012年10月13日 (土) | 編集 |
いろいろなモノを交換するときにやってること

それは、接点を磨き、赤ケイグを塗ること!

この接点をご覧ください

AIMG_0471.JPG

ネジをハズしてみると・・・

AIMG_0472.JPG

これじゃ、気の毒!

AIMG_0473.JPG

磨きます!

AIMG_0474.JPG
端子もくすんで、見るからに接触抵抗高そう!

磨きます!


毎回思うけど、こういったことをした後はブラシーボ全開だがエンジンのフィーリングが良くなったと感じる

接点、端子の数は気の遠くなる量だけど、少しずつ導通を良くして、良い状態を保っていきたいと思う