自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
パイオニア カロッツェリア サイバーナビ SSD載せ替え 換装 HDD AVIC-VH009 完全版 APPENDIX 1
2010年08月24日 (火) | 編集 |
 “ケーブルスワップ”でブレインユニットをリビングキットにつなぐところがわからないです!

 “ケーブルスワップ”を もうちょっと詳しく説明して欲しい!

 というメールをいただいた

 それでは、お応えしてもう一度説明しましょう!(残っている写真も投入!)

まず、リビングキットにブレインユニットを接続するために・・・

なんと、この2つを分解しなくちゃならない!(かったるい!)

この2つの分解は、次の機会に展開することにして・・・

1.(この2つが分解できたことを前提)ブレインユニットのリビングキットへの接続

2.具体的なケーブルスワップの方法

これにフォーカスをあてて説明します!

1.リビングキットとコンピュータとにHDDを挿し換えるためにブレインユニットにつなぐモノ
IR-IDE35to25

 (1) 「アイアールキューブのIR-IDE35to25」を使う

  a 2.5インチ側をブレインユニットに接続

b 3.5インチ側にATAのHDDをつなぐケーブルを接続

※ このコンピュータケーブルがブレインユニットとコンピュータにつながることになる(注目ポイント)

☆ 「アイアールキューブのIR-IDE35to25」が入手不可能な場合、ケーブル屋さんで特注できる!

 → これよりは割高になりますが、店にもよりますが1万円以下で可能だそうです

 → もちろん、自作も充分可能です!(難しくない!これが一番安い!)

2.このコンピュータケーブルにオリジナルのHDD(サイバーナビが入ってるヤツ)をつなぐために
wa-030

 (1) 「アイネックス WA-030」を使う

  a 2.5インチ側はHDDにつなぐ

  b 3.5インチ側をこのコンピュータケーブルにつなぐ

電源アダプター

※ コンピュータのリセットによる瞬断回避のため、こういった電源をつなぎ常時オリジナルのHDDを回しっぱなしにする(重要ポイント)

→ (電源が入りっぱなしなので)リビングキットは、「システムON」、「パスワード解除」だけを担当する


この1&2を組み合わせて、リビングキットに接続する

具体的に写真ではこうなる
1663

この接続状態で“いつでも自由にリビングキットから抜き挿しできる状態”になった


次、本命の“ケーブルスワップ”

この接続状態で・・・

1.リビングキットのスイッチON!

2.リビングキットがHDDを読み起動している動作音(シーク音)が聞こえる

→ この音をよく聴きましょう!


3.だいたい20~30秒もすれば、シーク音が聞こえなくなり、静かになります

→ 具体的なタイミングはわかりません!ただ、静かにモーター音だけになります

4.そこで、“ケーブルスワップ”

→ いきなり動作中のリビングキットから、コンピュータのケーブルを引き抜いて、コンピュータに挿し換える

→ スゴイ荒技かまします!


つづいて、つながれるコンピュータの状態

 1.EASUSのCD-ROMが入ってること

 2.BOOT PRIORITYがCD-ROMになってること

 3.コピーするSSDがつながってること

これを前提として、

1.スイッチON!

2.BIOSを読みにいくところでESCなど(機種によって異なる)をプッシュして、起動途中でストップしてること
1669

このコンピュータにオリジナルのHDDをケーブルスワップで接続

ここで、コンピュータのESCなどをもう一回プッシュ!起動を続行させて、オリジナルのHDDをコンピュータに認識させる

EASUSがCD-ROMで起動する

EASUSを使って、SSDにオリジナルのHDDをセクターコピー

ふう・・・! めでたくコピー終了です!
スポンサーサイト
パイオニア カロッツェリア サイバーナビ SSD載せ替え 換装 HDD AVIC-VH009 完全版 9
2010年08月07日 (土) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 594

こちらもお待たせしました!

「カロナビSSD化」もそろそろ仕上げないと・・・(この記事待ってる方にもうしわけない!)

ケーブルスワップを終えて、CDブートによるEASUS起動後の写真と解説!

1.「セクターコピー」するために、「DISK COPY」を選択

上の写真です

2.コピー元のディスクを選択する
Lttle Lucy fully completed 595

この写真で言うと「DISK 1」の「37.26GB」が、「カロナビのオリジナルHDD」です!

これを、写真の上に書かれてる「Select source disk」(コピー元のディスク、として選択します)

2.コピー先のディスクを選択する

Lttle Lucy fully completed 596

この写真で言うと「DISK 0」の「120.36GB」が、「今回使用する128GBのSSD」です!

これを、写真の上に書かれてる「Select destination disk」(コピー先のディスク、として選択します)

3.コピー内容の確認画面
Lttle Lucy fully completed 597
1.と2.でディスクを選択したことが書かれています

※ この写真では、「オリジナルのカロナビのHDDが4つのパーテーションに区切られてる」ことがおわかりいただけると思います

ちなみに、4つ目のパーテーション「11.21・・・」となってるのが、「mp3などの音楽の領域」です

→ 後でウインドウズからパーテーションの内容を確認してわかったこと(笑)


最初の3つのパーテーションが、「カーナビ関係」になります

余談ですが、「Unallocated 83.10GB」は、私が128GBのSSDを買ってしまったことによるモノ

→ 「64GB」を買いましょう! 128GBを買っても、FAT32の仕様とカロナビの認識によりムダです!(苦笑)

4.確認画面
Lttle Lucy fully completed 598

まあ、HDDなどをコピーしたことがある人は、ビックリしないけど「データを上書きするぞ!いいのか?」と訊いてきます!

5.続行する
Lttle Lucy fully completed 600

6.終了!
Lttle Lucy fully completed 601

おめでとうございます! 永い事前準備を経てやっとめでたくコピー終了です!

→ ホントここまで来るのに時間がかかります!

7.ここで、EASUSを終了し、PCをシャットダウン!

8.カロナビ オリジナルのHDDをハズす!

9.いつも使ってるウインドウズのHDDにつなぎ戻す!

10.「コピーしたSSDはそのまま」でウインドウズを起動!

11.せっかくなので、今のうちにウインドウズのHDDにも、カロナビオリジナルの4パーテーションをコピーする(バックアップする)

Lttle Lucy fully completed 602

この写真では、「TFAT D,H,I」,「NDATA0 G」ドライブが、SSDにコピーされた「カロナビの4パーテーション」です

落ち着いて読んでね!

現在のコピーされたSSDの状態

これは、「ケーブルスワップによってパスワードが解除された状態でコピーされた」状態

= スゴイことに、「パスワードが書き込まれてない状態」なんです!

なので、ウインドウズでも認識し、簡単にコピーできる

だが、このSSDを車に持って行き、一度でもカーナビを起動させると「カロナビの仕様で、一番最初の起動時にパスワードが書き込まれる」

→ このSSDでもう一回何かするためには、ま~たケーブルスワップをしなきゃなんない!

→ これはめんどくさいからね!(爆)


ずいぶん時間をおかけいたしましたが、いちおう、これでめでたく終了です!

後日、Appendixを展開します!

「ブレイン・ユニットの分解」の写真とか、「リビングキットの分解」の写真を掲載しますね!
パイオニア カロッツェリア サイバーナビ SSD載せ替え 換装 HDD AVIC-VH009 完全版 8
2010年07月21日 (水) | 編集 |
実作業を行なう前にやっておいたほうが良いことを伝え忘れてた!

これは、自分で失敗したから言えることなんだ・・・(苦笑)

では、

ミュージック・サーバーの領域をスライダーで動かして増やして使ってませんか?

※ たいていの場合、MP3を多く入れるためにこの領域をうんと増やしてるハズ

→ この状態で(現在のHDDより)容量の多い64GBのSSDに換装し、ミュージック・サーバーの領域を多く取り直すと、“そのままの比率で”領域が拡大される

→ 「この比率のまま領域が拡大されること」がトラブルの元になる

→ 「領域拡大」 これはスゴクうれしいことなんだけど、1つ大きな問題がある


カロナビの仕様(曲数のマックス)を超えること


正確な曲数はわかりませんが、「5,000曲あたりが管理できるマックス」となってるようです


比率で拡大され自分の登録可能な曲数が(自動的に)マックスを超えると、動作不安定どころか、再生不能になる(音楽再生の画面も変になる でも、ナビゲーション機能自体は何の不自由なく使える 経験済み・・・苦笑)

具体的には、私の場合mp3(音楽ファイル)を読み出せなくなりました(大丈夫な例もあるようですが、私の場合はダメでした)

※ PCにケーブルスワップしてつないで認識させ、操作しなくてはならなくなり、もう一度ケーブルスワップするハメになりました!(とほほ・・・)

カーナビ機能はまったく影響なく動作するのですが・・・

この状態を“回避”するためには、ミュージック・サーバーの領域をデフォルトのセンター(付近)に戻しておくことをお勧めする

→ ということは、ミュージック・サーバーの領域を増やしてる人は、現在積み込んだ曲を削るか、PCにコピーしなければならないケースもあるだろう

事前に、「(削る曲を)PCに退避させてから、領域量をデフォルトのセンター(付近)に戻す」をしておこう

これを知っていて、最初からやっておけばラクだったんですが・・・

視点を変えて・・・

この機会に自分の積み込んだ曲を整理するのがベターだと思う


なぜなら、リビングキットをつかって、ブレインユニットに曲を転送することは面倒なことじゃないので、この機会にいらない曲を整理するのがクレバー!

それと、コピーする前に「リルートの履歴」・「住所録」とかもリビングキットを使って整理しておきましょう(余計なものまでコピーして持っていく必要ないし・・・)