自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ハズしたプラグの「焼け具合」
2008年09月13日 (土) | 編集 |
そういえば、プラグ交換でハズしたプラグの焼け具合をご紹介していなかった

一般的に、エンジンで運転席側のシリンダーは冷却効率が悪く一番燃焼状態が悪い

なので、一番冷却効率の高いバンパー側とは「焼け具合」が異なることが多い


そういうつもりで見てみたら、あらビックリ!
ハズしたプラグ 1
12本全部見せられても大変なので、「一番後ろのプラグ」の写真

全部、全く同じ焼け方だ!

きちんと一番後ろまで冷却できてるのね!

うまく撮れてないが(おいおい・・・)、すごくバッチリ焼けてる

もう一番、「冷え型(コールドタイプ)」に上げてもイイくらいの“きつね色”

ここまで、カブリもなくキレイに焼けてるのは久しぶりに見た!


マグネット・チューンが効いたのかもしれないが・・・(マグネット・チューンの記事は、左のカテゴリーから見てみてください!)

この焼け方はうれしい!


なんと、純正のNGKのプラグには、こんなマーキングが・・・

ハズしたプラグ 2
ちゃんと、「スリーポインテッドスター」が入ってる!

それと、フツーのプラグだと思ってたけど、「プラチナ・プラグ」だったのね!

ちなみに、このプラグの品番はPFR5R-11となっています

実はこの品番をNGKのサイトで探すと・・・なのだ!


お試しあれ!
スポンサーサイト
W210(S210)プラグ交換 いざ、交換作業!
2008年09月07日 (日) | 編集 |
それでは、ほぼ必要な(ここはポイント!)工具も入手したので「プラグ交換作業」!

やること自体は、簡単です!(家庭でする蛍光灯・電球が切れて交換するのと、何ら変わらないレベル・・・爆)

ただ、やりにくさが・・・(苦笑)

まず、やりやすい右バンクのアップ写真

右バンク アップ 1
ここの一番手前から交換だ !

プラグまわりをできるだけ見えるようにアップで撮った!

プラグの付け根 1

ここに、前々回紹介した H.C.B-A1128 Mercedes Benz V6 Engine Spark Plug Boot Puller " と入ってる 工具で
専用リムーバー 3

このように “テコの原理” で「断線させずにうまいこと引っこ抜く」ことができる
プラーでテコ 1

全12個のプラグの写真はさすがに割愛する(爆)

だが、予想どおり、想像どおり 各バンクの一番奥のプラグコードをハズすのはやりづらいぞ!

写真も撮れっこない位置なので紹介はムリ!

ただ、作業自体は難しくないので、やってみると 「コイツ~、何てやりづらいんだ !」 などど、ブツブツいってるうちに何とかなります!(爆)

コードがハズれたら、今度は「ダイレクトイグニション」をハズすことになる

ま、ハズさなくてもできるとは思うが、ハズした方がラクでしょう・・・

ダイレクトイグニション 1

V6エンジンなので、各バンク3つづつ ダイレクトイグニション用のコイルがついてます(あたりまえか・・・)

ここに使われてるネジは、これまた期待どおり、想像どおり
ダイレクトイグニションのネジ 1

「トルクス」です!

ということで、プラグ交換には、「トルクス」のビットまたは、ドライバーは必要不可欠です !

あまりご存じない方に、メルセデスは、要所要所に「トルクス」・「E型トルクス」を使ってるので、メインテナンス(メンテ)をするならば、これらトルクス関係の工具は買っておきましょう

そんなに高いもんじゃないので・・・

最後に、一応、左バンクの交換について

最低限 エアクリーナーのボックスの上側をハズせばできますが・・・

エアマスセンサーのコネクターをハズすのは、誰でもできる簡単なことなので、ハズした方が作業性がはるかに上がります!

さあ、やってみよう ! Let's Try !
W210(S210)プラグ交換 これも買っておこう
2008年09月03日 (水) | 編集 |
前回のスパナのような プラグコードリムーバー とともに “手探り作業”に必要と考えて買ったモノ

もう、W210(S210)には、プラグレンチは車載工具として添付されてない

ないのだから、買わなければならないのは当然だが・・・

「マグネット式のプラグソケット」
ネプロス 1
ブランドはいくらでもあるが、“厚みのある豪華な作りのモノ”は、“入らない危険性”がある

なので、できる限りスリムなモノをショップでチョイス


ネプロス(KTC)となった
ネプロス 2
読みどおり、これは“使える工具”だった

シリンダからプラグをハズすときは、プラグに落とし込めば重力&磁力でスポッとはまってくれる、操作感もすばらしい! これは見えない状態なので助かる!

→ ま、もっとも車載工具レベルのプラグソケットより、“はるかに高級な別売り工具”と言えるので使いやすいのも当然か・・・(爆)


ハマッたことを確認したら、ラチェットレンチで回せばよいのだ

ノーマルなプラグソケットでも、実際には大差ないと思うが、「便利だ!」と感じた

それに、シリンダーからはずれたときに「(磁力でついてくるので)落っことす心配がない」のはうれしい!(これやりがちでしょ!)

逆につけるときは

プラグを最初の1回転くらいは“指でつまんで回して”確実にはまってることを確認するわけだが、これがツライ!

ムリな姿勢で、しんどい角度でプラグを挿し、自由の利かない状態で指先だけで回す


「なんで、こんなに大変なの!」と思いながら、なんとかプラグが正確にネジ穴に沿って回ったら、「マグネット式のプラグソケット」の出番だ!
ネプロス 3
上の写真は、“マグネットでプラグが磁力でくっついているところ”を見せるために撮りました

“スポッ”とハマって、あとは手でも、ラチェットレンチでも簡単に回していける(やったね!)