自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェイズリニア(フェイズレボリューション)のアリアンテ 12 si limited にリプレイス エピローグ
2010年08月21日 (土) | 編集 |
IMG_0680

2~3年前、入手時10siを、確認のため鳴らした

前オーナーがステレオとして同じ条件で使っていたとのこと

この場合に限り、左右の音色が最初違っても使ってるうちに自動的に揃ってしまうのが普通なんだが、「あれっ!左右の音がちょっと違うな!気のせいか?」と感じたのが正しかったとわ・・・

ステレオで使ってたのに、アリアンテの左右の内部配線材が違った・・・(何で、こんなことしたの?)

たかが、10cm以下の配線材でも音色の違いがわかることがあるんだ!と今回目で見て確認したことになる(自分ではわからない、と思ってた 笑)
IMG_2117

「12silimited」を動作確認のため聴いた

せっせと取り付けをするまで、スピーカー自体の動作確認(断線してないか?能率が極端に違わないか?)をしなかった(あらら~ 苦笑)

そこで、ボックスに取り付け後初めて音出し!

フェイズリニア(フェイズレボリューション)のアリアンテの鳴り方は独特

「10si」のときも感じたが、「指向性のない、どこで鳴ってるか分からない鳴り方」

ホームオーディオとして使ったら存在意義は理解不能な代物

だが、車内のサブウーハーとしては、このように指向性のない(どこで鳴ってるかわからない)音場形成をした方が使いやすい、ということは実感する

→ ウーハーの位置がわかるくらい定位してズンドコ鳴ってくれたら、耳も身体もしんどい! 爆

そしてこんな言い方もなんだけど、ハズしてからけっこう長い間経ってたのね!(すぐにオクに出したわけではなさそうね!)

最初、「こんな(寝ぼけた)音だった?」と聴いてたが、エージング信号を2時間くらいぶち込んだら、見違えるように鳴り出した
IMG_2115

音場形成のパターンはまったく同じだが、12インチ(30cm)ウーハーにもかかわらずバッチリ上まで伸びてる!(ビックリ)

エージング信号のスイープだけの聴感で判断すると、「ほぼ20KHzまでかなりフラットに再生してるぞ!」

カタログスペックでは、再生帯域は300Hzまで

だが、聴感上ピークもディップもなく素直に伸びてる

→ かなり、素質の良いウーハーだ
スポンサーサイト
W210(S210)サブウーハーをアップグレード 4 Phase Evolution Aliante 12 Si LTDにリプレイス
2010年08月18日 (水) | 編集 |
IMG_2096

ガイドライン代わりに、黒のビニールレザーをトリミング!
IMG_2097

MDFなので切るのはラク!

サクサク切れる

いつも思うが、このやわらかいMDFってスピーカーボックスの材質としていかがなものか?


→ 加工しやすいことは良いのだけど・・・

ま、それなりにカット終了(キレイな円とは・・・とほほ・・・苦笑)
IMG_2115

確認のためにアリアンテ12si limitedを入れてみる

「うん、問題ない入るっ!」

当初、「ツメ付きナット5φと5mmのボルトで固定する」という「基本に忠実」な“がっつり作戦”で用意したが、10siが単純に“木ねじ”でねじ止めしてるだけだった

しばし、考えた

→ 「いままで問題なかったので、なにもそこまでリキむこともないか・・・」とラクして、ねじ止めでいくことにした(あらら~)
IMG_2098

内部配線材が左右異なりバラバラなので、どちらもモンスターケーブルで統一して作り直す!
IMG_2099

→ ハンダづけ

最後に、グリルカバーをクランプで留めて終了

それではお約束の10si がついてたとき
IMG_0680

バッフル板と大きさとバランスが良い!

今回の12 si limited 装着後
IMG_2117

見事なくらいバッフル板ギリギリ(爆)
W210(S210)サブウーハーをアップグレード 3 Phase Evolution Aliante 12 Si LTDにリプレイス
2010年06月27日 (日) | 編集 |
「アリアンテ 12si リミテッド 2発」

IMG_2087
たった2インチ口径がでかくなっただけなのに、ずいぶん違う

重い!


感覚的に、「10 siの倍は重い」

IMG_2086
「これは、期待できる!」

「だけど、こんな重いやつボックスに入れて、2発も積むと間違いなく燃費悪化するね!(苦笑)」

現在のボックスは、「350mm×350mmの正方形」

「12 si LTD」大きさ的には入るが、内寸がヤバイ 入るか? なんとかするっきゃないんだけど・・・

「10 si」をハズしてドキドキしながら確認! 内寸300mm φが288 なんとかイケる!
IMG_2092

だが、12mmの余裕=上下左右で各6mmの隙間(あはは、かなりギリギリだ 苦笑)

バッフル板を剥がしてキレイなくりぬき作業がしたかったが、バッチリ接着剤でついててムリ、ビニールレザーの張り替えも構造上ムリ(せめてこれくらいやりたかったが・・・イタイ)
IMG_2095
(サイドはこんな風にクロス(布)を折り込み、プチゴージャス! そんでもってバッチリ接着剤で止めてる始末「←余計なことをしてくれてるっ!」ので、ハズすとおそらくMDFはもろいのでくずれるでしょう・・・苦笑 こんな仕上げのせいで、ビニールレザーの張り替えすらできない!)

→ 予想どおり、ジグソーでくりぬくしかない


→ 糸鋸じゃないので、キレイな円は難しい

→ 見えない部分なんだけど・・・やっぱキレイな作業をしたいなぁ・・・


→ 救いは、切りやすいMDF(音質的には、最悪だと信じて疑わない 爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。