自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってみよう!PTの特注
2006年02月12日 (日) | 編集 |
 「PTを特注する!」などというと、慣れない人は“どんびき”になっちゃいますよね?

 私も最初そうでした。

 ですが、自分でアンプを作るときに「どうしても欲しい(電圧の)タップがない」・「納得のいく電流量がない」といった制約に、“自分のアンプが創れない!”・“自分のアンプが制約を受ける!”ということにガマンできなくなり「PT特注」への道を選ぶようになりました。

 「やってみると、難しくない!」 それに、「特注だからといってあまり通常品と値段が変わらない!」・「シールドも追加できる」といったこともある。

 こういったことも結果的にわかったせいか、「自分の創るアンプはPT特注は“いつものこと”」になってしまいました。(笑)

 では、知りたい人のために計算方法をお伝えしましょう!(というほど難しくないんだけど・・・)

1.(アンプはDCで動くので)AC×60%がDCの電流量
2.AC整流後のDC電圧は1.4倍(√2)倍
3.PTはACの電圧×電流量で総合の容量が決まる

 P.P.Pを例にとると、

・B電圧

1.欲しい電圧をDC300Vをねらう
 → 約AC220V となる。
2.欲しい電流量DC60mAとする
 → AC100mAとなる。(Aで頼むのが普通なので、0.1A)
3.PTのタップは 「220V 0.1A」となる。
4.電圧×電流
 → 220×0.1=22(VA)となる。

・ヒーター

1.WE396/5670は1本6.3V×0.3A
2.3本直列(片チャンネルごとに分けるとすると)0.9A
  → 余裕をもつために1.2Aくらいにしましょう!
3.「6.3V 1.2A」 を2つ
4.電圧×電流
 → 6.3×1.2×2=15.12(VA)

トータル 22(VA)+15.12(VA)=37.12(VA)

これで、40VAのPTに余裕をもってオーダーできますね!

ひねり

 せっかくだから、40VAに近づけたい!

 → 40-37.12=2.88もあまってるぞぉ~

 → B電圧を微妙に増やしてみましょう!
 → (途中省略)0.113Aとすると
 → 220×0.113=24.86(VA)

トータル 24.86+15.12=39.98(VA)

 どうだ!完璧でしょう!

 でも、だいたい小数点2位まではお店はつきあってくれません!

 なので、0.11Aとして、お店の人に「ここ巻けるだけ巻いとてね~!」とお願いするだけです。(笑)

 さあ、やってみよう! 「PT特注」
スポンサーサイト
「P.P.P 試聴会用スペシャル」 エージング中!
2006年01月11日 (水) | 編集 |
WE 396A 動作中


 前にお伝えしましたが、「試聴会用スペシャルP.P.P」を組み上げました。

 現在、エージングを兼ねて鳴らしこんでいます。

 試聴会にいらした方には、“スペシャル”の内容を先行でご紹介いたします。

 具体的には、「3rd Stage 改造編」の内容を盛り込んでいます。

 実聴してみて、「改造するかどうか?」を確認することもできます。

 また、来ていただく以上何かおもてなしをしようと思い、私は“秘蔵のWE 396A”をおろしました。

 写真を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、「プリントが横向きの最初期の396A同一ロット6本組 デートコード 013(1950年13週)」のものです。

 これはさすがにもったいなくて、使わずにしまいこんでいました。(笑)

 では、「何を使っていたか?」というと、初段の2つしかWE 396Aは使っていませんでした! それもこれとは違うヌキダマを使っていたのです!(爆)

 せっかくみなさんに来ていただくので、現在組み上げた「試聴会用スペシャルP.P.P」をエージングしています。

 インプレ

 こんなに小さくても、ウエスタン・トーンがしてビックリ! 帯域バランスは、101/205系のものではなく、300B系にそっくりである。これにはかなり驚いた。こんな小さなタマが300Bとバランスが似ていて、似た音で鳴るなんて・・・なんか300Bとブランドテストをしてみたい、そんな気さえしている。それくらい似ている。

 現状では、「エージングが完了していないのでどのように変化していくか?」はわからないが・・・

 WE 396Aについて

 396Aのデビューは、1946年である。1984年に生産を終了した。

 最初期から、50年代頃までは、下の写真のように普通のMT管と同様の向きに黄色いプリントがされているが、60年代頃からポピュラーな90°向きを変えた方向にプリントされるようになった。

 ウエスタンの古いモノについての音質

 300Bを例にあげると、

1.最初期のものは、“刻印”といわれるベースに文字が掘られたようになっているモノ
2.40年代のモノ
3.50年代のモノ

 にレア度も高く(そりゃそうだ!)人気がある。

 たしかに、レア度が高いから人気もあるのは事実だが、ホントは「古いウエスタンのタマはしっとりした音質」であることがたまらないからなのだ!当然、時代が新しくなるにつれてしっとり感は減少し、HiFiな傾向になっていく。

 300Bほど多くを聴いていないが、396Aについても同じことが言えると感じた。

 この初期の396Aはしっとりした音質をしている。(それが好みかどうか?ひとそれぞれだけど・・・)

 エージングもさすがに慎重に行った。

 ヒーターエージングだけで、連続48時間(2日間)かけた。(笑)

 1950年製ということは、約60年くらい前のモノである。60年の眠りから覚めて、いきなり働け!じゃ、ちょっとかわいそうすぎるもんね!(笑)

 加筆修正しました。

 WE 396A 40年代

P.P.Pの回路  その3
2005年11月07日 (月) | 編集 |
 「位相反転段」についてはとりたてて特徴はありません。「P-K分割」を採用しています。
 ゲインも充分すぎるくらいあるので、ブート・ストラップも必要ありません。
 できるかぎり高い電圧をかけることをねらいとしています。タマは、定格内でできるだけ高い電圧(限度はある)をかける方が音の調子もよく感じられることが多いからです。
 プッシュ・プルにおいて位相反転段は必要不可欠ですが、どれも一長一短があります。だから嫌い!という人もいるくらいです。
 シンプルというと「P-K分割」しか方法はありません。回路上もっとも理想的で美しいのは「トランス反転」ですが、このトランスがクセモノ。(今回は関係ないので省略)

 「P-K分割」で若干NFBがかかること積極的に利用し、少しだけゲイン・歪みを減らし調整することができます。ここの抵抗値は22Kとしていますが、聴かれてみて「元気ありすぎ」・「暴れてる」と感じられた方は、11Kとかにする。逆に「おとなしい」と感じた方は33Kとかにあげてみてください。
 変更するときはくれぐれもP・Kセットで同じ値で交換してくださいね。

  これで、P.P.Pの回路解説はいったん終了とします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。