自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210に2度目のTEREXS(エンジン洗浄+α)をした
2015年06月24日 (水) | 編集 |
IMG_2498

W210に2度目のTEREXSをしたっ!

エンジン内部の洗浄は

W124 AMG 300CE 3.4-4Vでも2度行っており、

効果は充分体感してるっ!


W124の場合は、13万キロという日本で言う“過走行車”に属するが、本国ドイツでなら、“まだまだおニュー”のレベル

実際、当時はW124はドイツでタクシー車両であり、100万キロくらいはあたりまえのように使ってた

これと比べれば、

13万キロなんて、可愛いモノ!(苦笑)


とはいえ、2度目のTEREXSでも、“間違いなくやった方が良い!"と実感してるので、今回W210にも行った

IMG_2499

IMG_2500

IMG_2501

自分のW210 エンジン自体の調子はきわめて良好、

今回の最大の目的は、「オートマオイル(ATF)の全交換」

実は、W210から、「オートマのオイル(ATF)の交換は不要」とアナウンスをメルセデスは出してる

それが理由で一般的には、W210からATFの全交換は行わない傾向が強い

実際、断られるケースも見受けられる

脱線するが・・・

ちまたでよく言われる「5~6万キロ以上走ったATFの交換はしない方が良い」


ありえない、

やった方が良いに決まってるっ!


とバッサリ切り捨てるっ!(爆)


たとえば、食べ物なら、「とんかつ/てんぷらなどを あげる油を無交換で使い続ける」と何ら変わらないってこと!(爆)

この場合、みなさんどうなるか?

わかりますよね、


“トイレと仲良し、

当分出てこれないね?”


IMG_2506

話をもどして・・・

ATF交換不要のW210に

ATFのドレンボルトはついてるんだなっ!(苦笑)


これってどういうこと?

→ ということは・・・ ですね!

だが、メルセデスは、「ATF交換不要の理由として15~20万キロでATミッションを交換(!)」を前提としてることを知らない人がほとんど

ATミッション自体の交換ですよ! 軽く50万円コースですね!(爆)

このW210につまれた電子制御式5速のATは、かなり数多くのリコールの結果(!)丈夫ですばらしいらしく、15万キロ程度じゃATF無交換でも壊れないらしい(自分で試す気にはなりませんが・・・)

でも、ドレンボルトもついてるし、そんなに長い間無交換でATFを使い続けて良いわけがない

そこで、前回のTEREXSのときに

「ATFの全交換」を行った


やはり劇的にフィーリングは回復する、と感じた

だが、1回換えた程度じゃ、ず~っと使い続けた最初のATFが抜けきってないことは明白

IMG_2495

最低でも2度くらいは

ATFの全交換

やっておきたい!


そこで、2度目の全交換を同時に行った

やって良かった

金谷オートさんでの、TEREXSとATFの全量交換はリコメンド!


スポンサーサイト
W210 に WAKO’S RECSをやってみたっ! 
2015年05月13日 (水) | 編集 |
W124で好感触だった WAKO’S RECS

キャンペーンということで、W210にもやってみた

あらためて写真は撮らなかったが・・・(笑)

興味深い結果が出て、非常に満足してるっ!


というのは、まったく白煙が出なかった(これはこれでつまらないことだが・・・笑)


= カーボン・デポジットの堆積がない証拠


= エンジンの調子が良い証明


だったから・・・


店の人もビックリしてた


「いったい何をしてるんですか?」

と不思議がってた(笑)

「ここまで白煙を吐かないことはないんですが・・・」


ニヤリ・・・


やはり、これはマグネット・チューンの効果

超強力なネオジウム・マグネットがガソリン分子を整列させることによって、燃焼効率が高まる

が証明された、としか思えない

マグネット・チューンについては以前かなり書いたと思うので、省略する


このブログの左側にカテゴリー分類があります、「マグネット・チューン」は1つのカテゴリーにしてまとめてありますのでよろしければご覧ください!

W124の強烈な白煙を吐いたことと、W210のまったく吐かないのはあまりに対照的

W124はKEジェトロ、ということで超強力なネオジウム・マグネットによる磁力の悪影響を考慮して、マグネット・チューンをしてないが、なんとかしてマグネット・チューンをやりたくなってきた!(笑)

KEジェトロとかなり初期の燃料噴射ノズル、通称 ファット・ボブ による噴射の組み合わせは、今となっては「無効噴射時間の長さ」や、「噴射孔が1つという効率の悪さ」、と相まって “かなり残念なシステム”

うまく、取り付けられるものがあれば、最新のノズルに交換して、燃焼効率のアップを図りたい、と考えているが・・・

これはかなり難易度が高いだろうなぁ・・・(苦笑)
メルセデス W210 エアコン停止・ガス補充 そして・・・ 4
2012年11月25日 (日) | 編集 |
いくつかリクエストをいただいたので、交換した部品を品番を明記してお伝えします!

エアコン関係の品番を探してる人にとって参考になると思う

加えて、修理業者さんが作業中の写真を数枚撮ってくれたのであわせてご紹介する

「ダッシュ全バラシ」の写真はスゴイ!


自分じゃ元に戻すことは絶対ムリだ・・・(苦笑)



AIMG_0641.JPG

AIMG_0640.JPG

AIMG_0642.JPG

AIMG_0639.JPG

さらに、これまでにお伝えした内容以外で追加して交換したのは、ファンベルト,アイドラプーリー

いちおう理屈がある(笑)

→ エアコン・コンプレッサーを交換するときには、ファンベルトをハズさなくてはならない

→ どうせ1度ハズして、元に戻す、それなら、交換しても交換費用は発生しない

→ それにOEM品(純正品と同じ Conti)は安い

→ アイドラプーリーをハズすとファンベルトはハズしやすいので、ついでに交換

→ アイドラプーリーは安いです

以下、交換した部品の一覧表(最初の数字は純正品番)

参考までに、私の車はW210後期ワゴン(ディーラー車,2002年型)である

価格はお下劣なので、伏せさせていただきます(笑)

000 230 70 11 コンプレッサー 数量:1 DENSO

210 830 04 83 リキッドタンク 数量:1 BEHR

210 830 05 70 コンデンサー 数量:1 BEHR

210 830 09 58 エバポレータ 数量:1 BEHR

901 830 00 84 エキスパンションバルブ 数量:1 純正(なぜか純正品の方が安かった)

6PK2390 ファンベルト 数量:1 CONTI

000 202 09 19 アイドラプーリー 数量:1 純正(なぜか純正品の方が安かった)

210 830 46 15 エアコンホース 数量:1 純正(純正品のみ)

210 830 05 15 パイプ 数量:1 純正(純正品のみ)

210 830 47 15 パイプ 数量:1 純正(純正品のみ)

112 230 32 56 ライン 数量:1 純正(純正品のみ)

210 830 06 61 ヒーターコア 数量:1 BEHR

210 830 07 72 エバポレーター温度センサー 数量:1 BEHR

140 830 00 72 ハイロースイッチ(リキッドタンク用) 数量:1 DENSO

210 830 00 72 温度センサー(リキッドタンク用) 数量:1 BOSCH


参考になると幸いです!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。