自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真空管(タマ)で新展開するぞ!
2010年02月16日 (火) | 編集 |
えらそうなことを言うつもりはないけど、DAC,トランジスタの“音創り”は、な~んとなく見えてきた

自分のアンプの完成度を高めるために、一連のDAC製作に力を注いできた

もう5年くらいは取り組んでいたかなぁ・・・

そろそろ“原点回帰”しないと“鈍って(なまって・にぶって)しまいそう”

みなさんのリクエストにお応えします!

タイムリーなネタを題材に、真空管(タマ)で新展開!


リハビリを兼ねて扱ってみる!(苦笑)

と~ぜん、出力管(パワー管)です! うふっ! 何を扱うと思いますか? 


マーラーの交響曲のようにロングで展開!

ちなみに、マーラーの交響曲は、「1番がお気に入り!」


何回聴いても、「最終楽章フィナーレの“なんとも輝かしく華々しい盛り上げ~エンディング”」を聴くたび、「ステキな未来が待ってる気がします」
スポンサーサイト
バチあたりすぎる!(ギターアンプを創るぞ!)
2007年10月08日 (月) | 編集 |
valve 1

今日はスーパー・クイズです!(爆)

10月6日(土)アキバで行われた「第13回 真空管オーディオ・フェア」へ行ってきた

そのときの“戦利品”(?)

「何で、この値段?」と出展者の人に訊いた

「棄却値ギリギリなんですよ! タマのプリントも消えちゃってますし、1本ですし・・・」

※「棄却値」とは、真空管のテスターで計ったときに「タマごとによって決められている“使用限度”の値」

 →わかりやすくいうと、「このタマはもう寿命が尽きかけてる」ことを意味してる

「なるほど、それでこの値段なのね!」

ということで通常の中古では考えられないほど非常に安かった!

ちなみに棄却値ギリギリでも2本そろってペアならば、こんな値段じゃ絶対ムリ!(爆)

“それなりによいお値段”ではあるが、お買い得はお買い得なのだ!

手に持って考えること しばし・・・

valve 2

残念だが、このタマは持ってない 使ってみたいと思うが、なかなか買えない!(く~)
valve 3

ぜひ、シングルで創りたいタマだ!
valve 4

アップになるとわかっちゃったかな?

銘球中の銘球だ!
valve 5

消えかかった「NAVY」の赤いペイントが意味するモノは?

「このタマ使ってギターアンプを創ってやるぜぃ!」


タマを知ってる人からは“張り倒されかねない”銘球

「棄却値ギリギリという最悪のコンディション」とこの値段という条件が重ならなければ、考えられない冒涜行為!(爆)

まともな中古なら、「ぜって~、もう1本捜す!」(爆)

ゲッターも多少残ってるから、ヒーターのみの点灯である程度は“復活する”

そして、「このメーカーのタマは棄却値を下回っても、かなり長い間充分使用可能なこと」を知ってる

2Wはねらえる! 家庭で使うには“ちょうどいいパワー”

よ~し、妄想するぞ!

さて、このタマは「何というメーカーの何て言うタマでしょうか?」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。