自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Beat it(今夜はビート・イット) & Eat it(今夜もEAT IT)
2008年09月09日 (火) | 編集 |
なつかしいでしょ!

この前のキム・カーンズを捜してたときに、つい見てしまったPV 2つ

たまには、パロディーソングのPVも観比べてみると愉しい!

ホントに良くできてる!

マイケル・ジャクソンの "Beat It"

当時、人気が絶頂・急上昇中のエドワード・ヴァン・ヘイレンがギターを弾いてることも話題になった

マイケル・ジャクソン Beat It ! PV(ここをクリックすると観れます!)

これに対し、アル・ヤンコビック(Al Yankovic)のパロディーソング

出来映えといい、内容といいすばらしい!

ほぼ完璧に、パクりながら、歌詞の内容は当時の世相をシニカルに扱ってるところがウマイ!


Beat It!(やっちまえっ!)→Eat it(喰えっ!) ちゃんと韻を踏んでるぞ!脚韻だ!

たしか、当時アメリカのダイエット・ブーム そして、アメリカで アフリカを救おう!というチャリティーソング "We are the world"に代表される“食糧危機・貧困を救え”といったムーブメントをシニカル・コミカルに歌詞化してい

ギターソロは、エドワード・ヴァン・ヘイレンに対抗し、リック・デリンジャーを起用

当時ギターサウンドでもっとも魅力的なサウンドとされた(今も?)ヴァン・ヘイレンの“ブラウン・サウンド”を全面に用い、そして、フロイド・ローズのロッキング・トレモロを駆使して、特殊奏法の“ライトハンド奏法”による“燃えるようなソロ”のBeat It !に対抗して、Eat It !では、「最後にギターが爆発する」こだわりぶり!

アル・ヤンコビック Eat It ! のPV(ここをクリックすると観れます!)

How come you're always such a fussy young mean?
Don't want no captain crunch
Don't want no raisin bran
Well don't you Know that other kids are
Starving in Japan (日本では餓死してる → おいおいそりゃないだろ・・・爆)
So eat it , Just eat it

Just eat it, eat it, eat it , eat it
Get yourself an egg and beat it
Have some more chicken, have some more pie
It dosen't matter if it's boiled or fried
Just eat it, eat it, eat it , eat it
Just eat it, eat it, eat it , eat it, ooh

後は省略(笑)

あと、秀逸なのは、マドンナの2nd シングル(だったと思う・・・苦笑)" Like a Virgin"のパロディーソングの"Like a Surgeon"(“外科医のように”  といった邦題になるかな?)

これまた、ちゃんと韻を踏んでる! 脚韻だ! ヴァージン→サージャン

ちょっと、歌詞を拾えなかったが、PVで充分に内容がおわかりいただけるハズ!

マドンナ Like a Virgin の PV(ここをクリックすると観れます!)

めちゃくちゃ笑える!

アル・ヤンコビック Like a SurgeonのPV(ここをクリックすると観れます!)

よろしければ、ご覧いただきたい!(爆)

愉しいですよ!
スポンサーサイト
キム・カーンズ(Kim Carnes) ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)
2008年09月05日 (金) | 編集 |
車に音楽を持って行こうとコンピュータを整理していて思い出した

キム・カーンズ(Kim Carnes) ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)

曲も大ヒットしたので、ご存じの人も多いと思う(懐かしい と感じたあなたはりっぱなオジサンです 笑)

以下のアルバムに入っている

The Mistaken Identity / Kim Carnes
キム・カーンズ アルバムジャケット 1

「なんで、わざわざ書いたか?」というと

この曲、「イイ曲!」というより プロモーション・ビデオ(PV)が強烈にインパクトがあった

印象的なシンドラ(シンセサイザー・ドラム)&ゲートリバーブ(お~、懐かしい!)のリズムで、出演してる全カップルが “びんたをくれる” のが あまりにステキすぎる!

同じ年(1981年)イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」が発売された

この曲の、「イントロの振り付け」が当時ウケたが、このキム・カーンズのPVをパクった、と信じて疑わないのは私だけだろうか・・・
いもきん 1

捜したらあった! キム・カーンズの懐かしいPV

よろしければご覧いただきたい(下の文字をクリックすると別窓でPVの you tube が見れます! このリンクいつまで見れるか?)

キム・カーンズ(Kim Carnes) ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)

ねっ、ステキでしょ!

思い出してしまった!(爆)

久々に見たら、Sequential Circuits の Prophet-5 が使われてるのね !
これは良い!
2007年09月16日 (日) | 編集 |
Anne Kei 1


久しぶりに音楽の話題

ちょっと時期を逃した気もするけど、試聴用・音決め用としてなかなか良いCDに巡り会えたので紹介する

ちょっと前までの右横のAMAZONでも出てくることがあったCD

ある日TOWER RECORDSに立ち寄ったときに「これジャケ買いOKです!」というキャッチコピーが貼られてた

思わず吹き出しそうになったが、試聴できるようにセットされてるので聴いてしまった(バカかも?)

そしたら、ビックリ!

アコースティックな楽器を多くフィーチャーして、録音もすばらしい!

「あらら! へぇ~」

曲のスピードもゆったりして、おだやかで聴いていて気持ちイイ!

これで音も良い!

音決めに使える!

で、買ってしまった(笑)

ジャンルで言えば、「NEW AGE」 とか「JAZZ VOCAL」にするしかないんだろうけど、お薦めできる!

レコード(CD)会社 ZAIN RECORDS

品番      ZACA-5002

アーティスト名    Anne Kei

アルバムタイトル   Tsuki

こんなことを書いても、私には一銭もCD会社からいただくことはございませんことを申し添えます(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。