自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイフの形 シープフット,ドロップポイント ダマスカス
2011年10月29日 (土) | 編集 |
IMG_3289

なかなかステキなデザインのダマスカスのナイフがオークションに出てきた

リーズナブルなプライスでたまたま落札できた

IMG_3293

写真のように、刃が下を向いてるのを「シープフット」というが、一般的には「ドロップ・ポイントのキツイヤツ」といった感じか・・・

このブレード形状、一番好きな形!

IMG_3294

刃はギンギンに立ってないが、良く切れる

あ~、この形状が自分の使い方に合ってるんだ!

前に入手した、ダマスカスのナイフ


IMG_3292

気合いを入れて研ぎあげて、ギンギンに刃が立ってる

今回入手したものとは比較にならないくらいギンギンだ

でも、良く切れない、使いづらい

IMG_3290

私の場合、

IMG_3291


このようにポピュラーな刃の形状だと、切るときにどうも刃先が引っかからず、力が逃げてしまうせいかうまく切れない!


これに対し、シープフット系、ドロップポイント系だとしっかり刃先が引っかかって力を入れやすく、切りやすい!

人それぞれ使い方があると思うが、こっちの方がうまく使えるなぁ・・・


でも、シープフット系のブレード形状は人気がないっ!(笑)

“ぶっつりぶっ刺す”、といったおっかない使い方するなら、ポピュラーな形状は優れる(爆)

と思うけど、こんな使い方する機会はめったにないと思う!

私は、こっちの方が実戦的で使いやすいと思うんだけどなぁ・・・(笑)

特に魚をさばくなら、思いっきりこっちの方が速い!

でも入手したばかりのコイツは、魚をさばくなら、まだ刃先が甘いな! ギンギンに研いでみようっと!(笑)



スポンサーサイト
70's ビンテージ ノースフェイス(North Face) ダウンジャケット
2010年12月27日 (月) | 編集 |
IMG_2574

久しぶりにこんなモノをオクでゲット! ノースフェイスのダウンジャケット

今のパープル系とも違う、“ラズベリー・ピンク”? なかなかオシャレ!

この色、当時としてはアバンギャルド・・・ 売れたのかなぁ??(笑)

IMG_2573

またダウンジャケット買っちゃった(バカだ!)・・・ だって、ダウンジャケット好きなんだもん(苦笑)

これは、ノースフェイスのダウンジャケットでもかなり初期のモノだと思う

“茶タグ”といわれる“70年代モノ”(80年代入ってもしばらくは茶タグですが・・・)

ダウンジャケットは日本で紹介され始めた頃が、一番クオリティーが高いと思っている

たまたま、こんな色があったのでつい手を・・・(笑)

当時、こんな色見たことなかったなぁ・・・

トップサイダー デッキシューズ TOP-SIDER deck shoes
2009年07月14日 (火) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 248
「スペーリーソール」、といえば、トップサイダーのデッキシューズが「代名詞」

デッキシューズ、改めて見ると、通勤用のレザーシューズと比べると「ちょっとドレスダウンして見えて、ノーネクタイの“クールビズ”に合いそうだ!」 

「スペーリー・ソール」で思い出し、「オイルド・レザー」なので、雨にも強い!(これは、レザー・シューズとしてはうれしいね!)

う~ん、デッキ・シューズ・・・学生のとき以来だなぁ・・・

デッキシューズも履かなくなって久しいなぁ・・・

あっ、イイかも?

なんとなく、感慨深い(ちょっと、おセンチ 苦笑)

Lttle Lucy fully completed 249
「スペーリー・ソール」 こういう発音で日本に紹介されたが、正確な発音は"sperry sole"なので「スペリー」だろうな!(爆)

これは、たしか、こんな由来だったと思う

海水で濡れたヨットの甲板(デッキ)で、犬が滑らずに歩いてるのを見て、あらためて犬の足の裏をじっくり観察し、犬の足の裏をマネた構造のソールを考えに考えて作り出したモノ


だったと思う


ゴムに切れ込みをたくさん入れることで、犬の足の裏と同様の効果、を得られたのだった

これは、当時の画期的なソール形状だったらしい

生産性に優れ、いままでシューズとは比較にならないくらい滑らずヒットした、といった内容だったと思う

なんせ、最初期のスペーリー・ソールのデッキシューズは、ゴムを足形に切った平面のソールに切れ込みを入れただけだったハズ(記憶が正しければ・・・)

これはコストがかからない、生産性の高さがわかる、各サイズの足形にゴムを切り出し、金太郎飴のようにスライス、仕上げに“波打ったカッターで切れ込みを入れればOK”

各サイズ、型を起こして、ゴムを溶かし流して整形する必要がない
Lttle Lucy fully completed 250
でも、こういうシューズ懐かしくてなんとなくうれしい(笑)

ホントは、白いデッキシューズが気分だけど、ビジネス・ユースには危険だな!(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。