自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 5 最終編
2012年10月05日 (金) | 編集 |
さて、ここからがみなさんにとって最大の関心となろう!

このiriver H100(IHP-120,140)にしか無い機能!

それは、なんと携帯オーディオなのに、(光)デジタル・アウト&インを搭載してること

そして、携帯オーディオなので、最初から“めもりー・ばっふぁ”標準搭載

さらに、携帯オーディオは“バッテリー駆動”


QA550と比較するといかがですか?

そして、発売後かなり経ってるので、“ステキな改造”をしてる人が出てきた!

光デジタル・アウトを通常のデジタル・アウト(SPDIF)に改造

I2S出力をつける

クロック交換


NZ2520SF_p.jpg

クロック交換なら、Capriceでポピュラーになった NZ2520SD(日本電波工業)なんて、付きそうだ!

まだまだ、iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形はつづいてるぞっ!



スポンサーサイト
iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 4
2012年09月27日 (木) | 編集 |
では、交換作業

さすがに慣れてきた(苦笑)

AIMG_0355.JPG

AIMG_0355.JPG

AIMG_0359.JPG

AIMG_0360.JPG

ついでに、i Pod 第1,第2世代用の大容量バッテリーに交換する

→ i Pod用のバッテリーなのでiriver用にするには、プラス,マイナスをひっくり返して接続します、ご注意ください!!(重要)

AIMG_0363.JPG

さすがに“相性”をおそれて“お引っ越し”はこの状態で行う

Rockboxのファームで立ち上がらない可能性があるので、iriverのオリジナルファームで起動する

起動さえしてくれれば、“お引っ越し”は可能!

わかってますって、SSDはNTFSでフォーマットされてる、iriverはFAT32のフォーマットじゃないと読めない

起動しても、SSDを認識できないはず・・・

AIMG_0366.JPG

よっしゃ、起動した! 上の写真をご覧いただくと "CHECK HDD CONNECTION"と表示されてます!


やっぱり、NTFSは認識できない、うん、想定の範囲内!


USBとしての認識と、HDDのフォーマットは別物のハズ

AIMG_0371.JPG

PCにUSBで接続

PC側で認識した

さあ、PCでフォーマットするぞっ!


ここで、ボケをかました!(苦笑) インストールしてある 「SD FORMATTER」を起動して一瞬蒼白になるっ!


あたりまえかもしれないけど、SD FORMATTERってSD,Micro SDといったSDしか認識してくれないのねっ!

SSDをフォーマットできません!(苦笑)

そこで、Rockboxで推奨されてる “SwissKnife V3”をネットから拾ってきてインストール

→ SwissKnife V3 はフリーソフトです

AIMG_0362.JPG

何事もなく、FAT32でフォーマットできました!

このまま、PCから書き戻して、“お引っ越し”完了!


SSDからRockboxのファームでちゃんと起動します!

やったね! ここで、同じ過ちを2度繰り返さないっ!(苦笑)

AIMG_0456.JPG

速攻で、もう1個オーダーして、めでたく2台とも「128GBのSSD化」 完了!








iRIVER iHP-120,140(H120,140,H100シリーズ)の最終進化形は続く 3
2012年09月22日 (土) | 編集 |
このSSDは急いで入手した!

なぜって?

だって、1.8インチHDD用のSSDの需要は、今となっては少ない

→ すぐディスコンでしょう!(笑)

KingSpec 1.8インチ IDECF 50pin MLC SM2236 SSD 128GB.jpg

KingSpec 1.8インチ IDE/CF 50pin MLC SM2236 SSD 128GB


なんと対応機種に IRIVER:H340, H320, IHP-140

対応機種にIHP-140が明記されてるSSDなんて見たことありません!!(驚)

金額的にも安いと言える、つまり、32GBのコンパクトフラッシュの4倍より安い、というビックリ価格!!

ためらわず、速攻で購入!!(爆)

それでも、“相性”を恐れて “犠牲フライ” 1個だけオーダーしました!


うまくいくかなぁ・・・ドキドキ!!

動いて欲しいなぁ・・・


さあ、どっちだ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。